Twitter 拾萬字鏡 JUMANJIKYO | 拾萬字鏡(JUMANJIKYO) /「yhkondo」の検索結果

Nbdjodpr reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@yhkondo 当てる漢字に迷う必要がなくなるので利点がありますよね。それに訓読みは読み方が人によって何通りでもでてきてしまう点が厄介ですよね。

Nbdjodpr reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@yhkondo ありがとうございます。育児語興味深いです。

Nbdjodpr reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@yhkondo 昔、飼っていたインコやハムスター、カメなど小動物に向かって幼児語をかけながらエサをやったり水槽を洗ったりした記憶があります。「おいちい?」といってエサを与えたり「またチッチなの」と言って排泄処理をしたりこれも育児語と関係していますか?親から受けた世話の模倣なのかもしれませんが。

関西では赤ちゃん相手の丁寧語はないという情報もいただきました。なるほどです。敬語は地方差がかなりあるので面白いですね。敬語の方言差については、小林隆・澤村美幸『ものの言いかた西東』(岩波新書)にいろいろと興味深い例があがってます。 twitter.com/nybct/status/1…

この仮説が正しいとすると、残された課題は、ではなぜ幼児は「です・ます」で話すのか、あるいはそういうことになっているのか、ですが、ニワトリが先か卵が先か問題もあって難しいです。関西弁の幼児語を知りたいですね。笑

ということで、結論は、幼児相手の「です・ます」は、つまり育児語で、その育児語は、幼児語のステレオタイプである「です」の模倣と考えます。子供が大きくなるとオトナが丁寧語で対応しなくなるのは、育児語を使わなくなるのと並行していると考えられます。

「幼児になぜ丁寧語で話すか?」という難問を出していただき、考えていましたが、ひとつの仮説を提出します。まず一般論として、親が幼児に対して使う特殊な言語を「育児語」と呼びます。育児語にはいろいろな特色があります。オノマトペ名詞(犬=ワンワン)、畳語(無い=ないない)など。

と考えていくと、この育児丁寧語も、実は幼児語起源なのではないかと考えられます。実際、幼児のステレオタイプである、サザエさんのタラちゃんは「……でしゅ」などと幼児丁寧語を使います。タラちゃんが「……だぞ」などと言うのは想像できません。笑 育児語も「でちゅね」語形があり得ます。

赤ちゃんにはなぜ丁寧語で対応するのか。面白いです。今までの研究では見たことないです。言えることは、子供の年齢が上がると、丁寧語がだんだん抜け落ちていくということです。乳児はペットと同様、言語をしゃべりませんし、「ヒト」ではない(ソト)、という感覚なのではないでしょうか。 twitter.com/sumida01/statu…

@zecunsishui これは別に説明を要するのですが、現代語の敬語は「相対敬語」で聞き手との関係を重視するのに対し、古典語の敬語は「絶対敬語」で、上下を重視するという違いがあると言われています。たぶん、それと関係あると思います。あと、物語であることのテキスト論的な性格もあると思います。

無知な質問ですが古文では物語の中で家族内で敬語を使っていますが、あれは何でしょう twitter.com/yhkondo/status…

宣伝です。2月25日に、国立国語研究所で、日本語・国語研究の研究・教育のICT化のワークショップを行います。初心者から中級者対象です。国語研の小木曽先生が、コーパス処理の話、小磯先生が、音声処理の話、私がテキスト処理の話です。できる限り、ネット中継(録画あり)も行う予定です。 twitter.com/i_mediator/sta…

2009年にTwitterを始めましたが、思い立って最近ツイートを増やしました。今後も継続してツイートしていきます。ちなみに、ネットを始めた最初は、自宅のPC8801(NECのパソコン)からモデムで大学共同利用の大型計算機センターにつないだ時からです。もう、約40年前のことになりますね。

『週刊読書人』の6月22日号8面全面が、新天理図書館善本叢書の「観智院本類聚名義抄」の特集になってます。京大の大槻信先生の有益な書物紹介と、私のミニコラムです。良かったら、ぜひご覧ください。dokushojin.com/article.html?i…

@JUMANJIKYO 理論的には微妙です。ただ、所蔵者や影印の出版社に相談しないでそれを行うと、後でトラブルになりかねません。まずは相談してみるのがいいと思います。例えば、この東大図書館の規定を見れば明らかです。lib.u-tokyo.ac.jp/ja/library/gen…

Nbdjodpr reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@yhkondo ありがとうございます。古典籍とはいえ所蔵者などに掲載の許可申請や通知を出しておかないと矢張り出版する方も不安になりますね。著作権が切れているとはいえなんだかややこしくて面倒くさい気もします。

観智院本類聚名義抄カラー版のカタログが送られてきた。素晴らしいできのようで楽しみ。135000円は高いが、これは買い!
正宗索引の本文番号も入っているのはまことにありがたい。旧版では全部鉛筆で書き込んだのだった。 twitter.com/yagisyoten/sta…

なお、この謄写本の底本となったのは、おそらく山田孝雄文庫のNo.4346の山田孝雄の転写本だと思われます(書写奥書が一致)。観智院本原本の影印が可能になったため、中止になったものでしょう。なお、山田孝雄文庫に注意すべきことは、岐阜大学の佐藤貴裕教授のご教示を得ました。感謝致します。

以前、日本書房さんから購入した謄写版の名義抄の素性がわかりました。風間書房版の索引付載の中田祝夫氏の解題付録年表に「昭和12年 …… 正宗敦夫、観智院本を謄写印行しようとし、未刊六冊を残す。(貴重図書複製会の)複製の挙のために中止する」とありました。富山の山田孝雄文庫にも所蔵。 twitter.com/tankaku161/sta…

Nbdjodpr reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@yhkondo この記述をみると中国ではカレイとヒラメを分けて呼んでいなかったような書き方をしているのでひょっとしたら日本由来の意味が鮃の字に加わったのかなとも…中国での用例があまりないのでまだ分からないですが

Nbdjodpr reasonably small
拾萬字鏡@JUMANJIKYO

@yhkondo 鮃の例が中国で少ないのもあっていろいろ不思議です。管見の限りだとヒラメとして扱われている例では『清稗類鈔(1917年初版)』が早いもので、しかも日本でヒラメとカレイを見分ける方法の紹介として書かれているみたいです。
ctext.org/wiki.pl?if=en&…

「晩から元旦の朝へかけて」(織田作之助・鬼)「夜も元旦朝も起され」(海野十三・敗戦日記)「元旦の朝となると」(寺田寅彦・自由画稿)「元旦朝東京城二首」(大江敬香・雑誌太陽から)。ついでに「而在元旦之朝,此慶三也」(隋書・列伝43巻)ということで、昔から普通にあるのでは? twitter.com/mainichi_kotob…