Twitter 古川 賢太郎 Kenta6 | 古川 賢太郎(Kenta6) /「satoshin257」の検索結果

7ywy5tuj reasonably small
古川 賢太郎@Kenta6

広告費でも貰っとるんかな? twitter.com/satoshin257/st…

7ywy5tuj reasonably small
古川 賢太郎@Kenta6

@satoshin257 それは中絶とかの話ですか?

7ywy5tuj reasonably small
古川 賢太郎@Kenta6

それは道徳ではなく、保健の副読本ではないだろうか? twitter.com/satoshin257/st…

7ywy5tuj reasonably small
古川 賢太郎@Kenta6

@marxindo @satoshin257 その昔、「日本はない」という韓国人の著書がありましたね

7ywy5tuj reasonably small
古川 賢太郎@Kenta6

@satoshin257 根拠がなければ負けるリスクが高いということです。

7ywy5tuj reasonably small
古川 賢太郎@Kenta6

@satoshin257 目安で取引してると、(精度の程度によりますが)訴訟リスクがないでしょうかね?

7ywy5tuj reasonably small
古川 賢太郎@Kenta6

@satoshin257 著者も大物だからじゃないですか?

7ywy5tuj reasonably small
古川 賢太郎@Kenta6

@satoshin257 即時性は印税計算には不要でしょう。重版は書店から取次に注文が入るので、その時点でどれだけ売れてるのか分かる。少なくとも月に一度は棚卸するし、POSシステムなくても売上票が取次に戻れば売れたかどうか分かる。

7ywy5tuj reasonably small
古川 賢太郎@Kenta6

@satoshin257 日本も取次システムがあるので実売は把握してると思いますけどね。市場でどれだけ売れたのか分からんなどという商売が長続きするとも思えません。

7ywy5tuj reasonably small
古川 賢太郎@Kenta6

@satoshin257 アメリカとかは実売ベースだったかと。再販価格維持制度はないので、作家も出版社も書店も、とにかく協力して売る構造になってると思います。Amazonは返品条件なしで仕入値を下げると聞いたことがあります。

7ywy5tuj reasonably small
古川 賢太郎@Kenta6

@satoshin257 再販制度がなければ崩壊してるのかもな。

7ywy5tuj reasonably small
古川 賢太郎@Kenta6

@satoshin257 でも、返本されるんですよね?なのに印税だけ発行部数でやってたら経営成り立たなくないですか?

@Kenta6 @tadashi_ohta @satoshin257 聞けば月ごとに教えてくれる出版社もありますよ。電子書籍なんかは実売数毎の支払いなのでかなり詳細に数字が出ます。

7ywy5tuj reasonably small
古川 賢太郎@Kenta6

@satoshin257 @tadashi_ohta 通常は売れ残りを返品返金できる買い戻し条項付きで流通しているので一定期間あればほぼ実売が分かるかと思いますが。

7ywy5tuj reasonably small
古川 賢太郎@Kenta6

@hideo_ishii @tadashi_ohta @satoshin257 発行印税から売上印税に移りつつあると聞いていますが。

7ywy5tuj reasonably small
古川 賢太郎@Kenta6

@tadashi_ohta @satoshin257 著者が実売を知らないと言うことは、支払われた印税(ロイヤリティー)が正しいかどうか、どうやって判断するんでしょうか?

7ywy5tuj reasonably small
古川 賢太郎@Kenta6

@satoshin257 フランスからの独立戦争と絡んでるので、なかなか対比は難しいですね。そもそも、度重なるフランスをはじめとする諸大国の侵略と支配に対するナショナリズムが基底にあるので、未だにナショナリズムの発展してない日本とは状況が違いすぎるのかもしれませんね。

7ywy5tuj reasonably small
古川 賢太郎@Kenta6

@satoshin257 国際環境は近いと思いますが、国内環境は室町期→徳川幕府成立が近いと思います。

7ywy5tuj reasonably small
古川 賢太郎@Kenta6

@satoshin257 多分比較する時代が違うんだと思います。サヴォイア家がイタリアを“統一”したのは徳川幕府の成立と対比出来る。ただし、取り巻く国際政治環境が違いすぎるので、平和を維持することが出来なかった。サヴォイア家はフランスの貴族なので、徳川家が中国に領土を持つ貴族というイメージ。

7ywy5tuj reasonably small
古川 賢太郎@Kenta6

イタリアは教皇を廃したわけではない。天皇はサヴォイア家よりも教皇に近い。サヴォイア家は日本でいえば徳川家。 twitter.com/satoshin257/st…

7ywy5tuj reasonably small
古川 賢太郎@Kenta6

@kawaviva @satoshin257 大河ドラマの主役になった戦国武将でもその後直系男子で相続が続いた家はほとんどない。ただし、男子が生まれなかった、あるいは早世したという理由以外に、直系男子に跡を襲うだけの器量や能力がなかったという理由もある。さらに、将軍家から世継ぎを押し付けられた例も多数。

7ywy5tuj reasonably small
古川 賢太郎@Kenta6

@satoshin257 それは当たり前ですね。

7ywy5tuj reasonably small
古川 賢太郎@Kenta6

@satoshin257 それなら陛下で良いのでは

7ywy5tuj reasonably small
古川 賢太郎@Kenta6

@satoshin257 今上天皇で良いかと。もしくは天皇。

7ywy5tuj reasonably small
古川 賢太郎@Kenta6

@satoshin257 それは諱ではなく諡もしくは諡号。そして、明治以降の天皇の「号」は諡ではないのではなかろうか。追号ではあるが諡号ではない。でも、まだ追われてないからな。いまのところ、上皇と呼称するのがいいのでは?