Twitter 桜蘭🍙 MONSTA_X618 | 桜蘭🍙(MONSTA_X618) / 2018年5月28日のツイート

Josavrdx reasonably small
桜蘭🍙@MONSTA_X618

twitter.com/monsta_x618/st…

結末が見えない😭😭

Josavrdx reasonably small
桜蘭🍙@MONSTA_X618

ホソクの顔を見れない。声を聞こえない…。

バンッ((

ドアが蹴破られホソクが現れる。

「 … 大丈夫か ?」
「ホソクっ …」

止まらない涙を見たホソクは本意に抱き締めてくれた。けど、安心は出来なかった。不安で、怖くて…

何より、 嫌だった …。

Josavrdx reasonably small
桜蘭🍙@MONSTA_X618

私も察してしまった。もしかしたら、と…。

「 確認してみる …? 」
「 … いやだ、そんなの…違うよ」
「違うなら確認してみるべきだ」

そう言われおもむろに立ちがある。

「…行こう?」

彼に手を引かれ私たちはドラックストアに行く。もちろん、アレを買うため。

Josavrdx reasonably small
桜蘭🍙@MONSTA_X618

「きっと …大丈夫。」

そう言い聞かせるようにホソクは私の手を握り締める。家に帰り、早速取扱説明書を読み、取り掛かる。こんなの初めてで頭がパクしそうだった。

結果はすぐ出た …

結果は

Josavrdx reasonably small
桜蘭🍙@MONSTA_X618

「 まだ、傷痛い? 」

首筋近くにある噛み跡をなぞられる。消えることのない傷。

「んん …平気」

あの日は一生忘れない。けど、ホソクがいたら

「 … ちょっと お腹膨らんだ?」
「え …?」

するとお腹を摩られる。

「さっき、痩せたって言ったのに?」
「違う 」

不安そうな声が聞こえる

Josavrdx reasonably small
桜蘭🍙@MONSTA_X618

チャンギュンと違い第1に私を考えてくれる。。

「ね …最近痩せた?」
「私?…そうかな」
「ちゃんと食べなきゃダメだよ?」

ホソクは、優しく後から抱き締められた。肩に顎が乗る。それがくすぐったくて下を向く

「アイツのこと 忘れた?」

そう聞かれると何も答えられない。

Josavrdx reasonably small
桜蘭🍙@MONSTA_X618

別れた後私を救ったのは、同級生のホソクだ。前から相談に乗ってもらっていた。ホソクは学校の先生をしていて聞くのがとっても上手でなんでも話してしまった。もちろんあの日あったことも。彼と付き合うことになったのは別れて1ヶ月半が経った時。彼からの告白だった。嬉しかった、