Twitter 桜蘭🍙 MONSTA_X618 | 桜蘭🍙(MONSTA_X618) / 2018年6月9日のツイート

Josavrdx reasonably small
桜蘭🍙@MONSTA_X618

【彼シャツ privatter.net/p/3500952】

物凄い萌えたので…咄嗟に pic.twitter.com/2T3vWK8dc3

Josavrdx reasonably small
桜蘭🍙@MONSTA_X618

だがその前にやらなければいけないことがある。1度中に戻り部屋着から私服に着替える。その際にキヒョナだけに伝えた、明日の朝帰ると。戸惑っている顔だが承知した。リビングいるであろうミニョガとジュホナには後で説教をすることにし、宿舎を後にした。

Josavrdx reasonably small
桜蘭🍙@MONSTA_X618

「ミンギュ落ち着いてきてくれ」
「嫌です、ヒョン…、もう俺の事は忘れてください」
「何言ってるんだ、み」

通話が途切れ、トーク画面になる。そこにはもうミンギュが居なく。返事も連絡もできない。同時に怒りが湧き上がった。こうなったのも全部あいつらのせいだ、怒りをぶつけたい。

Josavrdx reasonably small
桜蘭🍙@MONSTA_X618

無言が続く。何か言わなければ始まらない。まずは、誤解を解くんだ。

「ミンギュ聞いてくれ」
「そうでしたか、、はい。わかりました」

震えていた、きっと泣くのを我慢している声だ。

「違う、ミンギュ。聞いてくれ」
「嘘、なんですよね。」

確かに嘘だ。その嘘の誤解も解かなければ

Josavrdx reasonably small
桜蘭🍙@MONSTA_X618

「ヒョン、はや、、、あれ?」

キヒョンの声よりもリビングでクスクス笑うジュホナとミニョガの声が大きかった。。それよりも、どうにかしないといけない。ミンギュ‥、
玄関に出てすぐ電話をした。2コールでミンギュは取った。

「あの、ヒョン。「ミンギュ、すまん」

今度は俺が遮ってしまった

Josavrdx reasonably small
桜蘭🍙@MONSTA_X618

シャワーから流れる水の音とミンギュの声だけが包む。お風呂に入ってることをいい忘れていて、一旦切ると伝えると寂しそうな返事で切ってしまった。悪ふざけで送った告白というやつを本気にしてしまって、早く誤解を解かなければいけない。焦りがあり、お風呂をどう入ったか忘れた。

Josavrdx reasonably small
桜蘭🍙@MONSTA_X618

「あの‥あれは、こ、告白ですか?」

震えているのが伝わる。あの言葉を本気にしているとすぐ分かった。だが、訂正しなければ‥

「み、「俺も、正直な事言っていいですか?」

声が遮られ、焦る。

「ミンギュ、ちが、聞いてくれ」
「俺も好きです、俺じゃ駄目ですか?」

遅かった

Josavrdx reasonably small
桜蘭🍙@MONSTA_X618

既読してしまったのは仕方ない、返そう。そう思った時、電話がなる。ミンギュからだ

「もしもし、すまんな、ミンギュ」

直接謝ろう、そう思った。が

「 … 」

返事が無く問いかける。

「ミンギュ?」
「 ヒョン、」

いつもの声じゃないのにはすぐ分かった。少し黙り様子を窺う

Josavrdx reasonably small
桜蘭🍙@MONSTA_X618

返事をしていなかった筈なのに

" 好きだ "

その一言が送られていた。驚きと恥ずかしさが入り交じりその場で固まってしまった。一言を取り消そうと文章を打つ、だが手遅れだった

カカオトーク((

「急にどうしました?」

返信の一言で安心した、ミンギュは至って冷静だった。俺の考えすぎ