Twitter 胡夜 Mito_56tea | 胡夜(Mito_56tea) /「フェミニズム」の検索結果

フェミニズムはリバタリアニズムの親戚みたいなものだし、別に資本主義に従属的な思想となってもおかしなことではないわけですが。

「優れている女性が報われる社会」という記述の外側にあるのが「優れている女性が仕事と家庭を両立するために動員される低賃金労働者としての優れていない女性」であり、それこそがフェミニズムの実現してきたことですね。 twitter.com/tkmpkm1_mkkr/s…

そして「男並みに稼ぎは欲しい、だが男のように他人を養うようなことは絶対にしたくない」というのが現代のリベラル社会、あるいはリベラル・フェミニズムであるということはわかっていますが。

本文に「フェミニズムFラン化」という言葉があり、その手前に「『賢人も ジェンダー絡めば 馬鹿になる』という句を考えたことがあるの」という文言があるので、「Fラン」という学歴差別語を「頭が悪いこと」として用いていますね。それをおそらく編集部が文中の小見出しに取っている。 pic.twitter.com/cbQ0qWposW

「Fラン」という言葉が

「誰かを傷つけていることを、知ってほしい」

──まるで戯画だ。

なぜ、フェミニズムが絡むと頭が悪くなる男性が多いのか? - エキサイトニュース excite.co.jp/news/article/E… @suma_danさんから

「公共の場でお下品な本を読むなんていけません!」を追求すると、「フェミニズムやクィア関係の本は図書館に置くことにふさわしくない」まで拡張される気がするんですよ。堺市図書館BL撤去文脈に利用されそうというか。

批判の元ツイートのフェミニストの方は以前からフォローさせて頂いていますし、興味深いツイートも多く、またフェミニズムの中でも表現の自由を重んじる立場の方なので、僕自身あまり批判したくない。もっと低いレベルの論者は山ほどいるわけですし。でもだからこそ明らかに違うことは言わざるを得ない

繰り返しになりますが、社会にはフェミニズムが必要ですし、SNSの普及によって多くの人が多様な意見を述べ、今まで出て来なかった女性の意見が多く上がるようになったのは素晴らしいことだと思います。前述した医学部入試の女子差別の問題も多くの批判が集まるようになった。そのことは正しいと思う。

「主婦であることは『居心地のよい収容所』にいるようなものではないか」というベティ・フリーダンの言葉を引きながら「自由選択だけではダメで制度としての禁止が必要だ」と説くのは「フェミニズムは専業主婦を否定しない」というツイッターのコンセンサスを覆すものだと思いますが、それはまた別の話

であるなら、「PTAおばさん(性的保守主義)」との理論的な異同を述べるべきでは……最近の論調を普通に読んでいると、保守主義とフェミニズムの違い、本当にわからなくなりますよ。 twitter.com/YuhkaUno/statu…

海外のフェミニストは、女性が自身の女性器について語ったり、それをアートとして表現するのを、フェミニズム的なアクションとして評価する。なのに、それを知らない日本の自称フェミが、ろくでなし子さんのまんこアートを男性向けの娯楽であるかのように解釈し、批判する。彼女ら、無教養なんですよ。

こんなふうに、男尊女卑社会に理解を示し、女性差別反対を訴える同性の足をわざわざ引っ張るような女性を、フェミニズムでは「父の娘」と呼びます。支配的なお父さんに従順な娘、というニュアンスね。私はなかなかうまい表現だと思ってるよ。

ここ5年くらいで日本人の労働や結婚、ジェンダー、フェミニズムへの意識が信じられない速さでアップデートされてきてその中で20歳〜25歳を過ごしたわたしからすると親世代の言ってることはもうぜんぜん分からないし、たぶんわたしたちがこの価値観の中で生まれる最初の30代だから覚悟しとけよって感じ

「Aという差別の抗議者がBという差別に抗議する道義的義務は必ずしもない」はそうですが、「Aの差別に用いられるロジックをAの差別の抗議者が別の場面では平然と使用すること」はダブスタですね。フェミニズムのみなさんがやりがちな勘違いです… twitter.com/i/web/status/9…

残念ながらフェミニズムは無謬の存在ではないのだ。だからこそ、内部の相互批判は必要だし、外部からの声に耳を傾ける必要がある。外部からやってくる批判の声はアンチフェミやミソジニストなどと決めつけては、カルトと変わらないよ。

自分の都合のいいように差別や弱者を決めて来たのはフェミニズムではないのか?と問われているんだよ〜。差別の定義や弱者の定義に一貫性がないことを問われているのだ。

これは何もエマ・ワトソン氏の演説に限ったことではありません。もし、エマ・ワトソン氏の演説が限られた字数の中、単に言葉足らずで女性の責任に言及できなかったにすぎないというのであれば、フェミニズム一般がそれを補完すれば良いだけなのですから。しかし、本当にそれができるのか。

私がフェミニズムという思想に対して今要求したいのは、ストレステストです。それが単に運動主体たる女性の権利拡張の訴えである間には、少なくとも思想の担い手の側には何のジレンマも生じないでしょう。しかし、そこには公正さもない。

男女同権の名の下に、女性の権利を拡大してきたフェミニズムは歴史のある時点において必要なものでした。しかし、それを究極まで推し進めたとき、その理念が運動の主たる担い手たる女性一般に義務や望まざる意識変容を要求した時、その思想を貫徹することができるのか。

私が今回、フェミニズムに対してした疑義申立を非常に上手に要約していただいていると思います。今回の論争における最良のまとめではないでしょうか。お値段300円。おすすめです。

ワトソンの回帰定理|白饅頭|note(ノート) note.mu/terrakei07/n/n…

男女平等を私的領域に浸透させる際の、男性側のエンパワメントをフェミニズムの視点からどう説明するのかというのは、私も以前から疑問であったので、今回は良い機会となりました。まさか、個人的領域はフェミニズムの扱うべき領域ではない、という話になるとは思いませんでしたが。

男女が同権であるということは究極的に、どちらも自分で立つということです。一方の価値観が一方の価値観の従属物であるかのような主張は、僕はフェミニズム的な観点からは「間違い」だと思います。

絶対に日本で書く奴いると思う。「『ワンダーウーマン』にフェミニズムを持ち込むな」原作は婦人参政権運動に影響されて書かれ、モデルは避妊の権利運動家の娘なんだが。 pic.twitter.com/PjNdfWHp6p

私は年寄りだからかもしれないけど、リベラリズムやフェミニズムは科学を尊重する立場だと思ってきた。これを抜きにしたら、リベラリズムもフェミニズムも価値がないものになるとさえ思っている。

自分たちが性暴力と思うものは性暴力。と言うのは、壮大なトートロジーなんですが、それを学問レベルで全肯定するのが、日本のフェミニズム界隈なんですよね。その腐敗性は度々指摘してきたので、まぁ、腐敗した人々を乗り越..「ネオリブの産声」togetter.com/li/1105685#c37…