Twitter 胡夜 Mito_56tea | 胡夜(Mito_56tea) /「山姥切国広」の検索結果

Vhghwztr reasonably small

オワタPのパラジとアンチ、なんとなく山姥切国広と山姥切長義で人力やってんの見かけてソロあったよなって思ったらコミュ限になってたのショックだった。
違う曲同時再生苦手なんだよな……頭ぱーんなるので。

蜂須賀は他の方なのような立派な逸話がなく
歌仙の名前の由来については細川家の記載になく
清光は後世の創作により沖田の愛刀は菊一文字と知られ
山姥切国広は本歌とどっちかが山姥を切ったか定めがなく
むっちゃんは焼けて去年まで本当に龍馬の刀か正式に認定されなかった

Vhghwztr reasonably small

あと山姥切国広は初期刀の個体はボケ度低めな気がする。

Vhghwztr reasonably small

いまいち山姥切国広が作刀されなかった世界線ってのが分かんないんだよなあ。
あと陸奥守吉行が表舞台に出なかった世界線も。
あとは、加州清光、蜂須賀虎徹、歌仙兼定あたりどうするのか。
歌仙は戦国だしいくらでもネタはありそうだし、加州はどんな流れになるかはともかく菊一文字則宗だろうし。

Vhghwztr reasonably small

やっぱ聚楽第は山姥切国広が居なくて且つ長義が山姥切ってる世界線なのかな。
なら、肥前とむっちゃんの関係は? あと南海先生。

Vhghwztr reasonably small

あと放棄された世界線の聚楽第も何かなあとは思う。あれ、山姥切国広が打たれなかったかも知れない世界線説あんじゃん。写しが出来なかったとて、長義が山姥切る事になるかはわっかんないよねって。

Vhghwztr reasonably small

山姥切国広作刀当時に本作長義(以下58字略)が、山姥切と呼ばれている事実があったなら、“山姥切国広か本作長義のどちらかあるいは両方に山姥切と銘入れ”をしてそうなもんだけどね。
ましてや本作長義に打った銘は62字という長文だよ。Twitterみたいに文字制限があったわけじゃあるまいし。

山姥切≠本作長義は、とうらぶに山姥切長義が実装された時点で、山姥切国広の修行からして、「山姥切≠本作長義」込みでわざとこういうキャラにしているんだろうな、これ、修行でだいぶ変わるパターン?と踏んだんだけど、さて、どうなるかな。

というか刀剣男士山姥切長義が『本作長義』をベースにしているのは南泉一文字との回想から明らかなんですよね。あの回想ははっきりとかつて知己であったことが窺えるので。だからまあ刀剣男士としての長義と徳美組の二次創作も、刀剣男士山姥切国広との本歌と写しの関係も、別になんらおかしくはない

だから『山姥切長義』もそういったキャラクター造形なんじゃないのかなと考えてます。『本作長義』という刀を骨とし、伝説・伝承を血肉とする刀剣男士。少なくとも『本作長義』も『山姥切国広』も長尾顕長が所持していたし刀匠堀川国広が関わっていることは間違いありませんしね。そこは揺らぎませんよ

本来の予定ならイベント実施時期が特命調査聚楽第→山姥切国広の極実装の順だったことや、山姥切長義の中傷イラストとかで見える刀の刃文が本作長義の刃文に似てることととか、長義自身が「長義が打った本歌、山姥切」といってることから、その辺を落としどころにするんじゃないかなって想像ですね

私個人の認識は、刀剣男士山姥切長義というキャラクターは「北条氏から長尾顕長を経て徳美に保存されている『本作長義』という刀」をベースに「長尾顕長が所持した山姥切国広の本歌」「本歌と写しに付随する山姥切伝説を巡る刀」を肉付けして、実在する刀をベースに伝説や伝承を血肉としたのかなと

そもそも刀帳番号が158だからニトロは当初「山姥切国広の本歌」を実装する予定はなかったはず。徳美さんが山姥切伝説と本作長義に対する見解を出したのが2015年の6月。キャラメイクに掛かる時間を差し引いてもニトロ側も把握する時間があったでしょうし、山姥切国広の修行内容も徳美見解を含んでる

Vhghwztr reasonably small

山姥切国広「行政手続きは思いっきり真名だと思うが。」
審神者「だよね〜。」

Vhghwztr reasonably small

審神者「戸籍?住民票?」
山姥切国広「それは……というか何でそんな事を?」
審神者「免許証のコピーで代理人が出来る範囲の行政手続きを頼もうか迷ってて。ほら私兼業だからお役所空いてるうちに行政手続き出来る機会がほぼほぼ無いんだよね。そしてそんな事に有給は使いたく無いし。」

Vhghwztr reasonably small

審神者「あのさ、真名を知られると神隠しに遭うって話があるじゃない?」
山姥切国広「確かにあるな。」
審神者「何を以って真名とそれを定義するの?」
山姥切国広「そうきたか」

『刀剣乱舞-ONLINE-』の艶彩リップグロス第2弾が登場♪
「大倶利伽羅/山姥切長義」「加州清光/薬研藤四郎」「日本号/山姥切国広」の3セットをご用意☆
キャップには、各刀剣男士の装いをイメージしたデザインを金箔押しであしらいました! #刀剣乱舞 #とうらぶ
bit.ly/2EFHaJO pic.twitter.com/ZsAMesiWj0

【刀剣乱舞】山姥切長義が今のところ歴史改変された世界でしかドロップしないの、的確だよな……あれは長義こそが山姥切であり、山姥切国広はその写しとして成立した歴史の世界線なんだ……

【5/3組】本作長義の山姥切伝説については「山姥切国広の本歌ならこちらが山姥切なのでは、て話になった時に『紅葉狩』とかから山姥なら戸隠だろうってだけで言われ始めた話では」みたいに言われたの正に私も思ってたところで「でーすーよーねー!」て心の中で膝を打ちまくった #長義感想

【5/3組】山姥切国広の作刀を依頼した長尾顕長が所有してた長義が本作長義なら、そして山姥切国広が本当に長義を写したものなら、本作長義を写したと考えるのが妥当かなぁとは。
ただここからは私見ですがあの時代は南北朝期の大磨上の姿を理想としたようなので、姿が似るのは当然では #長義感想

【5/3組】そもそも山姥切国広に関する最初の記述では「長義の写し“か”」だったのは知ってましたが、本作長義が外部の人間に知られたのはその本の発行以降だって話には椅子からひっくり返りそうになりました。「長義の写しか(※本作長義の写しの可能性があるとは言ってない)」ですよ #長義感想

【5/3組】以前に徳美で本作長義を拝見した時もキャプションで「御腰物帳に山姥切という記載はない」ってあったし、昭和期から始まる山姥切国広と本作長義にまつわる記述の変遷はソース未確認ながら聞き及んでたけど、そこ全部明確に示してくれた上に史料まで見せてくれて平伏したかった #長義感想

【5/3組】本作長義が所蔵されてる博物館の方による「本作長義は山姥切じゃありません。今日はぶった切ります」から始まった講演、端的に最高だったし「以上により、山姥切の号は山姥切国広固有のものであると断定できる」で締めくくられた時はガッツポーズをしました。ありがとう徳美 #長義感想

山姥切伝説の最も古い資料。大正9年。
山姥切国広の当時の所有者が、山姥切伝説を語った記録。一方、江戸時代の長義の記録には山姥切の記載は一切ありません。山姥切伝説は長義ではなく、国広の刀のものです。
詳細はpixivで。徳美の5/3長義講演レポもあり。 #長義感想
pixiv.net/novel/show.php… pic.twitter.com/oUUTEFJ8P5