Twitter 胡夜 Mito_56tea | 胡夜(Mito_56tea) /「masbobobo」の検索結果

言いたいこと、まとめ。

・生活必需品を対象外にしたら大した税収にならないし、景気に左右されない税収というメリットも無くなるし、それは仕方がない。

・男女差別とか、今回の件に、何の関係もない。ただのデマ。

・新聞が軽減対象なのは意味がわからんわからんわからんわからんわか……

一応。新聞は軽減対象なのは、
・ニュースや知識を得るための負担を減らすため
・活字文化の維持・普及のため

って建前があるらしいけど、

じゃあ、
テレビや、ネットニュースは?
新聞以外の書籍は?

ってなるし、やっぱり例外なんて作らない方が良いのよね。

「生活必需品は全て対象外」ってのも微妙だと思う。

生理用品は生活必需品?→じゃあ髭剃りは?→→服だって着ないと生きてけなくね?

なんて定義で揉めるの目に見えてるし、

実際、海外では、
「ポテチは嗜好品扱いだけど、ビスケットは軽減対象」
なんてわけ分かんない話になってるし…

ていうか、なんで
・余裕のある人員配置しておくこと

・育休の穴埋め要員を補充すること

が、みんなの中で二者択一の扱いなの?

どっちも実現した方がいいに決まってるし、
その先の話をしてるんだけど、俺は。

「はじめから周りがフォローできる余裕ある人員配置をしておけば?」って馬鹿な意見あるけど。

ホワイト企業こそ、その「余裕ある人員配置」を保つために、
育休者が出たら、ちゃんと穴埋めを異動させてくるか雇うんだよ。

離脱者の穴を他の社員のフォローに頼る方が、よほどブラック企業やぞ。

常に「仕事」はあるんだから、

誰かが休んでるなら、代わりに頑張ってる人がいるんですよ。

代わりに頑張ってくれた人のキャリアパスよりも、
自分のキャリアパスを何より優先しろなんて言う権利はないわけで。

復帰時点で、空いてるポジションに回されるのは仕方がないでしょう。

「育休復帰後の配置転換は、ハラスメントだ!」

ってやつ。

その人の育休中に穴を埋めた人の立場はどうなるわけ?

仕事は1人分なんだから、
育休復帰者を元の仕事に戻すには、
「その育休代替者をクビか異動させる」しかないのに、

それは、ハラスメントじゃねえのかよ?って思う。

「育休明けの社員1人を、転勤させた」ってだけで、
カネカは、極悪人のごとく叩かれたのに、

「4000人もの社員を、業務内容すら違う介護に島流しにした」
損保ジャパンは、「エグっw怖っw」程度で済んじゃう、Twitter世論…

まさに
「一人殺せば人殺し、数千人殺せば英雄だ」みたいな話だな……

「自殺」や「無敵の人」化への最大の自衛策は、
「趣味を持つこと」なんだよね。

「死にたい」「もうみんな巻き込んで終わりにしよう」とか、
破滅的な思考に陥った時に、

「でも、月曜になれば、少年ジャンプが出る。」ってことが、どれだけ心の支えになるか。

大事なことだから。補足書いとくけど、「犯人を肯定」は絶対しないっすよ。

「やっちゃった人」と「やりそうな人」の間には、
『絶対に超えられないし戻ってこれないとても分厚い壁』がある。

俺が考えてあげたいのは、
「やりそうな人」のことであって、
「やっちゃった人」ではないんや。

死んでしまったし、詳細も分からないのに、「無敵の人」って断言できるの?

ってのはもっともだけど、
無差別殺人して、自分も死のうって発想は、背景に多少の差異はあっても、
それは、もう「無敵の人」と呼んで良いと思う。

経済的な理由でも、孤独感からでも、逆恨みでも、そこは些事では……

結局、闇の中っすか……

最悪の結末。
せめて、社会への歪んだ恨み節を喋って欲しかった……

どれだけ身勝手な理論であっても、
その生の声は、絶対に、次の凶行を防ぐためのヒントになったはずなのに……

「やっちゃった奴」は、もう庇う必要なんてこれっぽっちもないけど、

いま必要なのは、
「やっちゃいそうな人」を助けてあげることだと思うよ……

唯一の対策は、凶行に陥る前に、

先行して、社会が彼らに「失うモノ」を与えて、

「無敵」特効を剥がしておくしか対策はないんすよ……

「子どもを狙うなんて卑怯者!」
「死刑にしろ!」
「死ぬより苦しい刑罰を与えろ!」

とか批判したところで、
「やれるもんなら、やってみろ!!その前に自殺してやるぜ!!」

って勢いだから「無敵の人」なんて呼ばれてるわけで……

まだ詳細不明だけど。

川﨑の事件みたいな
「何も失うモノがない、無敵の人」
っぽい凶行を見る度に

「助けてあげたいと感じる正しい人」でなく、

「誰も関わりたいと思えない歪んだ人」こそ、

社会福祉が、何よりも一番にコミットしなきゃいけない存在なんだよなぁ……

と改めて思う。