Twitter 胡夜 Mito_56tea | 胡夜(Mito_56tea) /「satetu4401」の検索結果

日本は職人に頼るせいで量産できない、量産できない質にはなんの意味も無い。少量生産の高級商品なんて国家を支える産業にはならないからな

いつの時代でも、国を支えるのは大量生産された「そこそこの製品」の質であって、最上品なんてのは何の価値も無い

公の場で「中国人は出て行け!」と言うのは言論の自由だ、それに対して「そんな事を言うなクソ野郎!」と反論するのもまた言論の自由である

しかし「そんな事を言う奴はここから出て行け!」と、どちらかが相手の腕を掴んで、引きずり出そうとした瞬間に、そいつは憲法に反する最低の人間になる

逆のパターンだと、夫が「美女に命令されるのが好き」なのに家庭的な妻と結婚した場合、夫は「妻が怠惰なせいで結婚生活に満足できない」と見当違いの怒りを溜めるようになる

この男は女が幾ら家事を頑張ろうと満足はしない

具体的に言うと、脳が個人に与える報酬と、作業コストによる苦痛を比較し、苦痛の方が大きくなると人間はトレーニングを止めてしまう

人間は「その行為から感じる苦痛」と「その成功から得られる喜び」のバランスが取れる場所までしか成長できない。それ以上は鬱になって死ぬ

俺が知ってるマナーと言えば「目上の人をビール瓶で殴る時はラベルを上にする」くらいだな...

俺が知ってるマナーと言えば「目上の人をビール瓶で殴る時はラベルを上にする」くらいだな...

キリスト教だって、イスラム教だって、あるいは仏教や神道に至るまで「神など存在しない」という議論に対しては全て「どれも神を否定するには根拠が薄い」と反論済みだ

温暖化の科学者がやってる事はそれと大して変わらん「懐疑論に反論できれば真実である」というのは宗教であって科学ではない

貧乏を止めたければ、自分の事だけ考えるのではなく、自分以外のクリエイターや新人達がちゃんと食える価格を付け、お互いに潰し合ってる界隈から離脱することが重要だ

世の中には安値に飛びつかない人、クリエイターを支援してくれる人は大勢居る。彼らの信頼に品質で応える世界に生きる方がいい

人と動物の決定的な違いは「物語」だ。人だけが作り話をする。そして作り話を信じ、憧れ、作り話を実現するためだけに巨大な建造物を建て、途方もない技術を研究する

ただの猿が人間になった日を定義するなら、石を投げた日でも、火を覚えた日でもなく「最初の物語が生まれた日」だろう

人類が平等であるほど「顔が良い人間」あるいは「才能のある人間」が有利になる。差別が無くなれば不細工と無能は死ぬしかない。

例えばだ、豚を「殺して肉にしてはいけない」と法律で決められたら、今生きてる豚は全員死ぬまで法治されて絶滅するだろう。生かしておく理由がないからな

花屋に行って「花しかねえ!」ってキレるくらいの狂人っぷり

結局のところ、目的を達成すればその過程が暴力であろうが洗脳であろうが大した違いは無く、それで一般市民の平和が守られ、クズも構成して真っ当な人生を取り戻せるのだからオールオッケーでしかない

目的の為なら手段は正当化される。手段を問いたいのなら同じコストでそれ以上の成果を出すしかない

なんで日本の犯罪率が低いかっつーと、体育会系がボコボコに殴ったあとに、人情派の人間が優しくするという伝統パターンで矯正するから、これは典型的な洗脳のパターンだが、洗脳で真人間になれるのならそれで全く問題ない。欧米のアホはこれを放棄したので大惨事になっている

俺は何をやろうが自由だと思ってて「タトゥーを入れる自由」は尊重するが「嫌いな人間を自分のテリトリーから排除する自由」も肯定するんですよ、だからタトゥー入れるのを止めないけど、タトゥー入れた人間を排除したい人間も止めない、好きにすればいい

「全ての人は等しく医療を受けるべきだ」という宗教観の国では医療は無料になります

「難しい仕事には相応の報酬が支払われるべきだ」という宗教観の国では医療費は暴騰します

「高い能力のある人は優遇される代わりに社会的責任を果たすべきだ」という宗教観の国では医療は過酷な職場になります

現実的な打開策を示すと、バカ共が補助金を打ち切ったり嫌がらせをしてくるので、嘘を吐いてバカの御機嫌を取りつつ、現実的な解決をしていくという事になる

上がバカなのを現場がなんとかするという日本定番の現象が起こっているというだけで、現場を叩くより上のバカを吊るした方がいい案件

そんなことはない、法律には力があるだろって思ってる奴は、労働基準法がこれだけ守られない現状と、自発的にサービス残業してる連中を思い出して下さい。人は何を言われようが、罰則があろうが、感情で納得しないと動かないんですよ。感情を動かせない言葉は無力なんです

オタクってのは議論にはめっぽう強いですよ、強いけどそもそも「キモいから近寄るな」で終了でしょ。言葉の力なんてその程度のもんです。

言葉で人を動かせるのは歴史に残る偉人だけで、大多数の人間の言葉には力が無いんです。法律の条文であってもですよ。法律でさえ力など存在しないんです

いま、普通の人間に向かって不用意に「天使」とか「素晴らしい」とか言ったら場合によってはキレられるわけですよ

クソ共のせいで天使には「知的障碍者」素晴らしいには「足りねえバカにしては良くできました」という意味が付与されてしまったからだ

ところが「科学」だとか「創作」だとか「スポーツ」とかは要求する技術レベルが300とか行くわけですよ。人間の平均を100、努力で得られる能力を100としたら、神様から能力値を100点オマケして貰った人間以外は全員低能無能になるしかないんです。それが高技能職というものです

世界中を回って聖遺物をあつめ、情報を収集し、歴史書を読み漁り「おそらく神は存在した」「そうでなければ辻褄が合わない」と言い始めるのはオカルトだろう

データを集めて「そうでなければ辻褄が合わない」はオカルトなのだ。それは科学ではない

「人間は平等である」という言葉が人を幸せにするのではなく「食料生産や工業力に余剰があり災害地に回すことができる」という物理的な生産力や輸送力が人を幸せにするのである

そういう仕組みがあって、そこに適切な賃金を割り振る事ができれば、別に平等と言う言葉は無くとも人は救われる

人間は「長所があるから成功する」のではなく「成功した人間が持っている特徴を長所だと判断する」だけである

あるいは「短所があるから失敗する」のではなく「不都合な人間が持っている特徴を短所だと判断する」のである

日本で中指立てたらポプデピピックのパロディだろ、外人は日本の文化に合わせろカス、っていうのが正しい文化多様性だから、日本でキレてる外人居たらどんどん豚箱にブチ込んでどうぞ。

外国でやるなって話であって、日本では自由に中指立てりゃいいんだよ。怒って来たら金属バットでボコれ

専業主婦に向かって「社会に出ないと常識が無くなる」というのは間違ってると思うんだよな。社会に出ててもブラック企業の人間は常識が無いし気が狂ってるだろ。

俺はこれ「人間は定期的に休日を取って文化的な活動をしないと気が狂う」だと思ってる。オンオフの境が無くなるとおかしくなる