Twitter ニューズウィーク日本版 Newsweek_JAPAN | ニューズウィーク日本版 (@Newsweek_JAPAN) のツイート

Ojkinoeh reasonably small
ニューズウィーク日本版@Newsweek_JAPAN

大学1年生のとき、ガーナを訪れた。そこで手作りチョコを振る舞って......。
田口愛(23)を突き動かす衝撃の体験

newsweekjapan.jp/stories/cultur…

Ojkinoeh reasonably small
ニューズウィーク日本版@Newsweek_JAPAN

【好評発売中】特集:世界に貢献する日本人30

よりよい世界のために活動する日本人にコロナ禍の今だからこそ、誰もが勇気づけられる

デジタル通貨開発でカンボジアに革命──宮沢和正(ソラミツ社長)
ガーナの農家にチョコの誇りを──田… twitter.com/i/web/status/1…

Ojkinoeh reasonably small
ニューズウィーク日本版@Newsweek_JAPAN

元妻の家でブラ着用中の強盗を発見した男性、自らの着衣まで奪われる……<米ジョージア州で発生した強盗事件の犯人は現場から逃走したものの、SNSでの情報提供によって逮捕されるに至った>
newsweekjapan.jp/stories/world/…
#犯罪 #SNS #警察

Ojkinoeh reasonably small
ニューズウィーク日本版@Newsweek_JAPAN

何よりもカネを信じ、すぐ買い占めに走る「中国人」の心理

<台湾で「買い占めが起きている」と中国メディアが報じると、中国で買い占めが起きた。その心理の根本にあるものとは?>
newsweekjapan.jp/satire_china/2…

Ojkinoeh reasonably small
ニューズウィーク日本版@Newsweek_JAPAN

19歳パレスチナ女性の未来を奪ったのは、イスラエルでなくハマスだった

<パレスチナのあらゆる悲劇をイスラエルのせいと主張するメディアは多いが、実際に住民たちが感じていることとは大きな隔たりがある>
newsweekjapan.jp/iiyama/2021/11…

Ojkinoeh reasonably small
ニューズウィーク日本版@Newsweek_JAPAN

世界が「緑茶」を知ったのは、辻村みちよのおかげ【世界に貢献する日本人】

<緑茶の成分カテキンを世界で初めて発見。日本初の女性農学博士である辻村の功績を機に、緑茶の北米向け輸出量は大きく増加した>   
newsweekjapan.jp/stories/world/…

Ojkinoeh reasonably small
ニューズウィーク日本版@Newsweek_JAPAN

反ワクチン本の驚くべき「テキトー」さ

<日本でコロナワクチン接種は順調に進んだが、反ワクチン本ビジネスもそれなりに盛り上がった。その代表作の1つ『コロナワクチンの恐ろしさ』の驚くべきいい加減さが今、白日の下に>
newsweekjapan.jp/ishido/2021/11…

Ojkinoeh reasonably small
ニューズウィーク日本版@Newsweek_JAPAN

元妻の家でブラ着用中の強盗を発見した男性、自らの着衣まで奪われる
<米ジョージア州で発生した強盗事件の犯人は現場から逃走したが、SNSでの情報提供によって逮捕されるに至った>
newsweekjapan.jp/stories/world/…
#犯罪 #SNS #警察

Ojkinoeh reasonably small
ニューズウィーク日本版@Newsweek_JAPAN

【写真特集】出口なきエルサルバドルの闇

<暴力と恐怖が支配するギャングの世界に一度足を踏み入れれば、もう出口はない>
newsweekjapan.jp/picture_power/…

Ojkinoeh reasonably small
ニューズウィーク日本版@Newsweek_JAPAN

【今週読まれた記事・第6位】
「人魚の財布」からトラフザメが出てくる瞬間

個体数が減少傾向にあるトラフザメだが、飼育下での繁殖に手応えも
newsweekjapan.jp/stories/world/…

Ojkinoeh reasonably small
ニューズウィーク日本版@Newsweek_JAPAN

カリフォルニアで急増する野生動物と車の衝突事故...最多の「犠牲者」動物は?

<野生動物の生息地が縮小するに伴い、ハイウエーに出てきてしまって車にはねられる動物が急増し、深刻な事態となっている>  
newsweekjapan.jp/stories/world/…

Ojkinoeh reasonably small
ニューズウィーク日本版@Newsweek_JAPAN

風刺小説の形でパンデミックの時代を記録する初めての新型コロナ小説

<今だから描ける、パンデミック初期の「得体が知れないものへの不安」と「根拠のない楽観」>
newsweekjapan.jp/watanabe/2021/…

Ojkinoeh reasonably small
ニューズウィーク日本版@Newsweek_JAPAN

【今週読まれた記事・第7位】
ハチに襲われ飛び込んだ湖にピラニア... 男性が食われる

<溺死だったのか、ピラニアによる攻撃のためか──死因は定かではない>
newsweekjapan.jp/stories/world/…

Ojkinoeh reasonably small
ニューズウィーク日本版@Newsweek_JAPAN

三期目狙う習近平 紅いDNAを引く最後の男
newsweekjapan.jp/stories/world/…

Ojkinoeh reasonably small
ニューズウィーク日本版@Newsweek_JAPAN

元妻の家でブラ着用中の強盗を発見した男性、自らの着衣まで奪われる……<米ジョージア州で発生した強盗事件の犯人は現場から逃走したが、SNSでの情報提供によって逮捕されるに至った>
newsweekjapan.jp/stories/world/…
#犯罪 #SNS #警察

Ojkinoeh reasonably small
ニューズウィーク日本版@Newsweek_JAPAN

アメリカはいつまで(愚かな)債務上限論争を続けるのか

<党派を超えて経済の知識が不足している米政治家は財政破綻より怖い>
newsweekjapan.jp/sam/2021/11/po…

Ojkinoeh reasonably small
ニューズウィーク日本版@Newsweek_JAPAN

【今週読まれた記事・第8位】
1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

重い病気にかかって毛が抜けたようにしか見えない子猫が、実は自然の突然変異で誕生した希少な品種の猫であることがわかった
newsweekjapan.jp/stories/world/…

Ojkinoeh reasonably small
ニューズウィーク日本版@Newsweek_JAPAN

「人魚の財布」からトラフザメが出てくる瞬間

<個体数が減少傾向にあるトラフザメだが、飼育下での繁殖に手応えも>
newsweekjapan.jp/stories/world/…

Ojkinoeh reasonably small
ニューズウィーク日本版@Newsweek_JAPAN

背中を売ってタトゥーを刻む『皮膚を売った男』の現実性

<タトゥーに興味はあっても、一生身体に残ってしまうことには抵抗を感じる──では、1年で消えるタトゥーがあったとしたら?>
newsweekjapan.jp/akane/2021/11/…

Ojkinoeh reasonably small
ニューズウィーク日本版@Newsweek_JAPAN

【今週読まれた記事・第9位】
すやすや眠るアヒルの子がSNSに「いまだかつてない平和」をもたらした

「なぜか涙が出てきた」「この子のためだったら何でもしてあげたい」──ふかふかのベッドで昼寝するアヒルの子
newsweekjapan.jp/stories/world/…