Twitter 音楽という名の食物が大好物 凛 綺羅 Rinkira | 音楽という名の食物が大好物 凛 綺羅(Rinkira) / 2019年3月のツイート

Default reasonably small
音楽という名の食物が大好物 凛 綺羅@Rinkira

KENSOは初期なら陰影の笛 、 海 。この辺は何度聴いてもいいね。

Default reasonably small
音楽という名の食物が大好物 凛 綺羅@Rinkira

いうて、まともに音楽を聴くようになったのが25歳からだからなあ。
それまで(24までの)自分を作ったものって音楽じゃなく日本の家庭用ゲームとアニメだからな、間違いなく。

Default reasonably small
音楽という名の食物が大好物 凛 綺羅@Rinkira

ゆずやコブクロ、GREEENとかが流行ってたころも聴く意欲が起きなかったっけ。 RYTHEMって二人組の女性ユニットは好きだったけど。今、当時聴かなかったものの中ではCocco、Superflyは中々よさげ。

Default reasonably small
音楽という名の食物が大好物 凛 綺羅@Rinkira

カルメンマキ & OZは、「日本のロック」であればこの水準のものが聴きたいとする基準になった。(格好良さ、楽曲のよさ、歌唱と演奏の水準、個性とか)
自分が27歳~37歳の頃の10年内に人気の日本バンドと比較してしまうようになって若者向け方面から遠ざかった原因でもある。もったいない話だけどw

Default reasonably small
音楽という名の食物が大好物 凛 綺羅@Rinkira

アストゥーリアスはここからマイク・オールドフィールドに繋がる「重要な音楽の窓」としてのバンドだし1~2作目は特によく聴いた。新月もジェネシスをより聴き込む理由になった上、日本的な魅力のある旋律に触れる助けに。アインソフを聴かなかったらカンタベリーロックとの遭遇はもっと遅かったはず。

Default reasonably small
音楽という名の食物が大好物 凛 綺羅@Rinkira

ミスターシリウス、ページェントは言うに及ばす、KENSOを聴いていなかったらおそらく清水先生のブログも見ていないし、層なら清水先生が寄稿したロック関係の本やブログで紹介されていらっしゃる音楽、著書を聴く事も読むことも無かったわけで、間違いなく多大に影響を受けてるわね。

Default reasonably small
音楽という名の食物が大好物 凛 綺羅@Rinkira

シリウス(ミスターシリウスの前身)とミスターシリウスは
別扱いとして分けてるのでこれで2バンドだでw

Default reasonably small
音楽という名の食物が大好物 凛 綺羅@Rinkira

#自分自身を創り上げた日本のバンド10選

mr.sirius
シリウス
KENSO
ページェント
新月
アストゥーリアス
アインソフ
カルメンマキ & OZ
ヴァーミリオン・サンズ
美狂乱

ほぼ全部プログレ
なのでポップスバンド、今の若手向けのバンドを多く取り上げる方は
余り存じないかも