Twitter 音楽という名の食物が大好物 凛 綺羅 Rinkira | 音楽という名の食物が大好物 凛 綺羅(Rinkira) /「#鬼滅の刃」の検索結果

Default reasonably small
音楽という名の食物が大好物 凛 綺羅@Rinkira

#鬼滅の刃 68話の書物は「何も書かれていなかった(白紙)」というパターン、このパターン+特別な方法で字が浮かび上がってきて読める、というパターン、確かにいろいろ書いてあって重要な内容であるパターンの3通りがあるか。ページが一部破りとられていて全貌がわからないパターンもありえる。

Default reasonably small
音楽という名の食物が大好物 凛 綺羅@Rinkira

#鬼滅の刃 まだ階級は最下級の癸なのかな。昇級したという描写はない。けどただの癸(最下級)にしては相当強いような。癸以上の剣士が柱しか出ていないというのもあるけど。

Default reasonably small
音楽という名の食物が大好物 凛 綺羅@Rinkira

こういう、勢いのあってきっと今の話が中盤最初あたりだと実感できてまだまだ先は長いと感じさせてくれる(当分は絶対打ち切られない思えて安心して読める)の漫画はこうやって仮説、考察ができるのが楽しい。#鬼滅の刃 お話が進みきったクライマックスの作品だと考察できる箇所は残り少ないものな。

Default reasonably small
音楽という名の食物が大好物 凛 綺羅@Rinkira

無惨は昔一度くらい単独で鬼殺隊を壊滅に近い状態にしたけどあと少しの所で日柱に阻止され殺されかけて敗走、その後何百年でまた鬼殺隊が増えたので今度こそ根絶やしにしたがってる。一度殺されかけたから今の時代までの間に上弦の部下作ったり姿変えたりなど用心深くなってるとか。仮説。 #鬼滅の刃

Default reasonably small
音楽という名の食物が大好物 凛 綺羅@Rinkira

無惨が鬼殺隊を一人残らず消したいのは「日の呼吸」が自分を殺せる方法であり、個人の身体能力による固有技能ではなく口伝、書物などで継承可能な「情報があれば伝承できる技能」で鬼殺隊全部滅ぼさないと一人でも残せばその一人からいずれ伝承者が生まれてしまうからだろう、という仮説。#鬼滅の刃

Default reasonably small
音楽という名の食物が大好物 凛 綺羅@Rinkira

#鬼滅の刃 実は先代の日の呼吸の剣士がお館さまで、先代の日の柱だったが日の呼吸を使いすぎてあのような体になり死にかけてるのでは?という私の仮説。強力だけど使いすぎると長生きできない最初の呼吸法で諸刃の刃という位置づけ。仮説が正しいかはこの後の連載を相当長期間何十話以上見ないと。

Default reasonably small
音楽という名の食物が大好物 凛 綺羅@Rinkira

煉獄との会話を終えたころあたりで炭次郎の投げた刀をアカザが炭次郎めがけて投げ返して煉獄が炭次郎に刀が当たる瞬間飛び出て大の字で炭次郎をかばう形で刀を体で受け止めて・・となったら格好いいだろうな。アカザにぶっ刺さった刀はそうして炭次郎の手に返ってくれば見せ場になる。 #鬼滅の刃

Default reasonably small
音楽という名の食物が大好物 凛 綺羅@Rinkira

人の肉体の耐久性と鬼の肉体の耐久性の違いが問題で更に技量が伯仲しているので勝ち目がない。次号開始時点で片腕なしとか片目なしとかでも驚かない。煉獄には夜明けの日光に望みを賭けるしかないだろうが、まだ65話という話の進み具合から考えるとアカザの退場は早いので失敗となりそう。#鬼滅の刃