Twitter 集英社新書編集部 Shueishashinsho | 集英社新書編集部 (@Shueishashinsho) のツイート

Icon02 reasonably small
集英社新書編集部@Shueishashinsho

その神聖でありながら官能的な世界は本章でも詳述されています。動画では色彩豊かなタミル寺院の様子も少し分かるかと思います。これはシヴァサイラム・シャンカラ・スブラマニヤ・オドゥヴァールによる詠唱。ウィリアム・ダルリンプル著パロミタ友… twitter.com/i/web/status/1…

Icon02 reasonably small
集英社新書編集部@Shueishashinsho

パロミタ友美選「【9つの人生】の世界を聴く」第五夜「第七章神像の作り手」で 言及のあるテーワーラム。ブロンズ神像を神の依代とする世界観を構成する一要素である神聖歌謡で、歌われるのはアッパルやサンバンダルなどのタミル聖者による信仰詩。youtu.be/flKA_KaeIrk

Icon02 reasonably small
集英社新書編集部@Shueishashinsho

【45万部突破! 新書大賞受賞!
    斎藤幸平★『人新世の「資本論」』】

今年のお正月番組の中でも「ベスト!」と評価の高い「#100分deパンデミック論」。再放送が決まりました!

「人新世」の危機の中で、覚醒していくために… twitter.com/i/web/status/1…

【2/10までアーカイブ販売中!】
宮台真司×おおたとしまさ
「『日本の劣化』を食い止めるカギは『森のようちえん』にある!?」
『ルポ森のようちえん SDGs時代の子育てスタイル』(集英社)刊行記念… twitter.com/i/web/status/1…

Icon02 reasonably small
集英社新書編集部@Shueishashinsho

三砂慶明さんの新刊『千年の読書』で『人新世の「資本論」』(斎藤幸平)をご紹介いただきました! 

あす土曜の刊行記念イベントには『「利他」とは何か』の中島岳志さんが登壇します。利他のお話もなさるご様子ですので、ぜひ。
yaesu-book.co.jp/events/talk/21…

【2/10までアーカイブ販売中!】
宮台真司×おおたとしまさ
「『日本の劣化』を食い止めるカギは『森のようちえん』にある!?」
『ルポ森のようちえん SDGs時代の子育てスタイル』(集英社)刊行記念… twitter.com/i/web/status/1…

第19回開高健ノンフィクション賞受賞作の平井美帆さん『ソ連兵へ差し出された娘たち』は来週、集英社さんから発売!敗戦直後、暴徒化した現地民による襲撃が日ごと激しさを増す中で、崩壊した「満州国」に取り残された黒川開拓団がソ連兵から皆を守るために下した「究極の決断」の驚くべき内容とは?

【動画配信中!】
宮台真司氏×おおたとしまさ氏対談
「『日本の劣化』を食い止めるカギは『森のようちえん』にある!?」
昨年10月発売の『ルポ 森のようちえん』(集英社新書)の刊行を記念した対談イベントの動画を販売中です。2時間半に… twitter.com/i/web/status/1…

西井さん

男性が疎外されるのは他の要因(男性内の周縁化)でだからあって男性だから(男性差別)ではないし、女性のせいでもない。男性内の権力関係や競争性に目そむけるのだ。

西井開.「非モテ」からはじめる男性学(集英社新書) pic.twitter.com/hKAB2XvcjX

パロミタ友美さんとの対談①です。

写真は三好妙心さんです。

現代日本でなぜ「聖性」を考えることが大事なのか① – 集英社新書プラス shinsho-plus.shueisha.co.jp/interview/9ind… @Shueishashinshoより

【配信のみ(会場は無観客)】2/22 (火)19:00 - 21:30 谷頭和希+大山顕「ドンキ論がショッピングモール論を超える?――『ドンキにはなぜペンギンがいるのか』(集英社新書)が拓く新しい都市論の可能性」五反田ゲンロンカフ… twitter.com/i/web/status/1…

集英社のPR誌『青春と読書』2月号に、磯野真穂さんの新著『他者と生きる――リスク・病い・死をめぐる人類学』(集英社新書)の書評を寄稿しました。ウィトゲンシュタインの「像」の概念と重ね合わせつつ、本書の核の部分に触れたつもりです。ウ… twitter.com/i/web/status/1…

パロミタ友美さんと釈徹宗先生の対談を撮影しました。

理屈で捉えては掴めない生と死の営みに見える宗教の本質。
聖と俗の境界線に生じる芸能。
人間の行き着く先の救いとは何か。是非ご覧ください。

現代日本でなぜ「聖性」を考えることが… twitter.com/i/web/status/1…

今日の収穫。
『ナグ・ハマディ文書抄』岩波文庫
菊池暁『民俗学入門』岩波新書
ウィリアム・ダルリンプル『9つの人生 古代インドの聖なるものを求めて』集英社新書 pic.twitter.com/RYZrYyieZz

Icon02 reasonably small
集英社新書編集部@Shueishashinsho

「生命大好きニスト」長井優希乃が生活のなかに漂う「空気感」=「バイブス」を言語化し、人々が共生していくための方法を考えていく連載「バイブス人類学」
第6回はインドの婚礼とメヘンディによって変容する女性の身体について

ぐちゃぐちゃ… twitter.com/i/web/status/1…

斎藤幸平『人新世の「資本論」』2022年受験で多く出題されそうな、注目の一冊です。新自由主義の広まりにより経済は成長しましたが、貧富の差が拡大しました。そこで資本主義に警鐘を鳴らし、平等を訴えたマルクスに注目する本です。親世代は読… twitter.com/i/web/status/1…

1月受験の問題をぱらぱら見ていますが…市川では斎藤幸平さんの『人新世の「資本論」』が出題されましたね。「SDGsはアリバイ作りのようなものだ」という部分が取りあげられており、受験生にも衝撃だったのではないでしょうか。さすがは市川、刺激的な作問です。

Icon02 reasonably small
集英社新書編集部@Shueishashinsho

現代日本でなぜ「聖性」を考えることが大事なのか①
──インドに息づく信仰の圧倒的パトスを考える

ウィリアム・ダルリンプル著【9つの人生】
刊行記念対談
釈徹宗+パロミタ友美(翻訳者・バウル行者)

歎異抄に通じるチベット僧の懊… twitter.com/i/web/status/1…

Icon02 reasonably small
集英社新書編集部@Shueishashinsho

「インドなのにチベット?」と思う人もいるかもしれませんが、このように亡命チベット人社会が確立しており、歴史的にも行者間の様々な交流がありました。W・ダルリンプル著パロミタ友美訳【9つの人生】釈徹宗氏の書評も第六章に言及されています… twitter.com/i/web/status/1…