Twitter そらこ Sky77_rose | そらこ(Sky77_rose) / 2019年5月13日のツイート

Pg3hkzy5 reasonably small
そらこ@Sky77_rose

十分に助平ですが??????

夜のあれこれで叔父さん…っ、って喘ぎながら背中に爪立てて善がっていたら突然、腰を掴んで動きを止められて叔父さんじゃなくて、なんて言うんだ?って頬に手を当てられた。こんな時に名前で呼ぶのは頭が沸騰しそうで不味い、必死に叔父さんうごいて、って頼むけど駄目だ言うまで動かないぞって脅さr

Pg3hkzy5 reasonably small
そらこ@Sky77_rose

@masha_mickey_ めこちゃんおつつつ!!

Pg3hkzy5 reasonably small
そらこ@Sky77_rose

あたしにはいま狂気ベルの音が聞こえるよ…(幻聴

Pg3hkzy5 reasonably small
そらこ@Sky77_rose

死んだ目で暗い部屋のなか液晶の光だけに照らされてる推し、みんな好きでしょ

Pg3hkzy5 reasonably small
そらこ@Sky77_rose

手を出さないようにしている「俺を、お前の“叔父さん”でいさせてくれよ…」っていうのも好きだし普通に容赦なく手を出して処女膜ぶち破る叔父さんも好き

Pg3hkzy5 reasonably small
そらこ@Sky77_rose

おぎゃおぎゃおぎゃる

ここから叔父さんがしがみついて離れないほのぼのルートへ進んでもよし 跡がつくほど腕を強く掴まれ奥の部屋へ引きずり込まれるもよし

長谷部叔父さんは自分の下校が遅いととてつもなく機嫌が悪くなる 玄関に入った時 既に叔父さんの靴があった時は覚悟しなくちゃならない 襖を開ければ 目が霞むほどの煙と 灰皿に山と積まれたタバコの吸殻 真っ白な部屋の奥 虚ろな目がこちらを睨みつける あぁ 猫なんて構うんじゃなかった

Pg3hkzy5 reasonably small
そらこ@Sky77_rose

死ぬほど生える なぜなら在宅ワーカーなのであまり身だしなみ気にしない 雑 姪が来るときは流石に剃るけど突然行くと酒くさくて髭も剃ってないダメな大人の長谷部叔父さんが見られる

Pg3hkzy5 reasonably small
そらこ@Sky77_rose

カルピス酒で割る長谷部叔父さんエモエモのエモじゃん カルピス!?飲ませて!!っていうと酒入りだからダメだって怒られるやつだ

牛乳で割ると美味しいんだよって伝えて、後日また家に遊びに行ったら私しか飲まないのに何故か減っていてもしかして私が牛乳で割るやつが気になったのかな?ってウキウキしながら叔父さんに聞いたら少し間を開けて酒で割ったら美味かったって答えた。そこは牛乳で割ろうよ叔父さん~~~っ!

Pg3hkzy5 reasonably small
そらこ@Sky77_rose

場があったまってきた そろそろ小説とか絵が上がりますね

長谷部叔父さんは夏になるとカルピスを買い置きしてくれてるはず…

ものだと気づかない姪っ子さにわちゃんと幼少期からずっと子供相手にムラムラしてた長谷部叔父さん〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜(ここまで一息)

小さい頃に長谷部叔父さんのお布団で一緒に寝る時、長谷部叔父さんのお顔がとても近くて嬉しくていい匂いでドキドキして眠れない中お腹とんとん叩かれて寝かし付けられ安心して寝落ちちゃう幼少期と大きくなって未だにドキドキしちゃうし長谷部叔父さんのお布団に潜り込む上このドキドキが初恋によるm

Pg3hkzy5 reasonably small
そらこ@Sky77_rose

長谷部叔父さんの妄言こっちだったわ pic.twitter.com/7R0qPEsPKm

親に勉強しろ、宿題はまだ終わらせてないのか、また携帯ばっかり弄ってって散々イライラするようなこと言われてもう我慢出来ない!って家を飛び出して長谷部叔父さんの所に来たら突然の訪問にびっくりした顔をしながら何も聞かずに家の中に迎えて甘いココアを出してくれた叔父さん。

Pg3hkzy5 reasonably small
そらこ@Sky77_rose

私ココアの話ししたよね!???どこでした??????検索に引っかからん!!

Pg3hkzy5 reasonably small
そらこ@Sky77_rose

@miniryuu2 スゴなのよ……………更なりちゃんの銀さん待ってるわよ……………

Pg3hkzy5 reasonably small
そらこ@Sky77_rose

おちつけ(おちつかない)

いつもは素直になれなくて口悪くなってしまうけどその時は長谷部叔父さんが傍に居てくれたから素直に謝ることができた。

家で勉強するのが辛くなったらここに来て少し休んでもいい。それから元気が出たら俺も見てやるから一緒に勉強しよう。ってことも言われて頷くと、じゃあお父さんとお母さんに突然出ていってごめんなさいって謝るんだぞって私の手を引っ張って2人で自宅に戻った。

また視界が涙で緩んでティシュ箱を手繰り寄せた。
長谷部叔父さんは私の愚痴にそうか、とか相槌くらいしか挟まなかったけど、私の言葉を否定しなくてそれも嬉しくて叔父さんありがとう。って感謝したらお前が頑張っているのは知っているぞってちょっと早口になりながらも褒めてくれた。

その後、親がね勉強しろって言ってくるんだ。私だって頑張ってるのに。息抜きくらいさせてくれてもいいんじゃないかなって思って…。それにお父さんも家に帰ったら寛いで、私も勉強ばっかりの毎日で疲れる日だってあるのに、私ばっかりなんで…こんな……って長谷部叔父さんに愚痴ってたら

急に泣き出してごめんなさいって謝ったら、泣きたい時はいつでも泣いていいんだぞってティシュ箱を押し付ける叔父さん。

その優しさが身に染みてつい泣き出してしまったら慌てた叔父さんが腹が減ったのか?レトルトしかないが食べるか?お前は小さい頃はよくお腹が空いて泣いてたからな。俺も腹が空くと切なくなる気持ちは分かるぞ。って当てずっぽうなことばっかり言うせいでなんだか面白くなって笑顔が零れた。

Pg3hkzy5 reasonably small
そらこ@Sky77_rose

これ言うの5回目くらいですけど、普段コーヒーしか飲まない叔父さんは姪のためにココアを常備してくれるようになるんですよ…お湯で溶くタイプの…しかもふつうのココアでいいって言ってんのにたっかいヴァンホーテンのココア買ってくるの