Twitter 浦上(1.07) Ura_sige_OBHN | 浦上(1.07) (@Ura_sige_OBHN) のツイート

Fug8xpvz reasonably small
浦上(1.07)@Ura_sige_OBHN

@Moruhinedebu (前線に出てきてくれれば)弱小勢力でもワンチャンあるからうれしい(VICでサンクトペテルブルグを占領したイオニア並み感

なんか政治家が前線へ行ったらどうのみたいな話で銀英伝(ジェシカの話とか)が使われてるらしいですけど、RT先の人が言ってるように銀英伝世界では軍人でその後に独裁者になったルドルフがいるからその手の話で銀英伝を使うのは止めろ(n回目)

前線に政治家が行け論。トリューニヒト相手にジェシカがくさすぐらいならいいけど、行きつく先は

「閉塞した時代の状況に窒息するような思いを味わっていた銀河連邦の市民たちは、この、若い、鋭気に富んだ新しい英雄を歓呼をもって迎えたのだった」

しかないわけであり

重心設計甘くて超壕出来ない(要求性能達成できず)とか恥ずかしくて死ぞ

10式はたんなるヒューマンエラーであって向こうは重心設計の不備だからまっっっっったく違うのに舐めてらっしゃるようで twitter.com/kyuumarutk/sta…

まあ同じケースではねぇな。舐めてんのか。

まさに当日修正の切り忘れやな。

当前の話だがFCSは絶対空間安定をしておけば命中する訳ではない。
この例だと風向修正を砲が自動で実行したために急激な砲の駆動が発生しとるな。

クルーは『自分の戦車が何を考えているか』を全て承知している必要があるので、間違いなく乗員の落ち度ではある。

おん?10で落とした例とかあるんか。

@obiekt219 あのう、すみません。ちょっと話します。
以前にk1電車が垂直障害物を通過しなかった時の動画をおっしゃるんだと知っていますが以前に10式戦車がワイングラスを上げて主砲安定になる姿を人前で見せてくれだ落としたのと
同じケースだと見てくださればいいです。

過剰機動力で機動入力に履帯が耐え切れない10とそもそも車体の過重変換点がズレてる戦車いっしょにされてもな。

戦車乗りに聞いたら「ああいうのは履帯が掛かりにくいから滑るね」という返答 twitter.com/obiekt219/stat…

Fug8xpvz reasonably small
浦上(1.07)@Ura_sige_OBHN

Dメール送信の結果、秋葉原が旧来の電器街になったので中野、の間違いだった

Fug8xpvz reasonably small
浦上(1.07)@Ura_sige_OBHN

フェイリスのとこか(混ざってるな...

世界線の改編の結果秋葉原がいわゆるオタクの町じゃなくなって椎名まゆりが代わりに中野に行ってたのが混ざってるかと twitter.com/Ura_sige_OBHN/…

Fug8xpvz reasonably small
浦上(1.07)@Ura_sige_OBHN

シュタゲ、秋葉原に拠点があるけど中野にも行ったりするラボメンがいるという解像度が良かったうろ覚えがある(?

共産党、無所属と称した事実上のアカの手先を擁立してくるって有名だと思ってたが

京都府知事選を共産党推薦で出馬し、共産党主体の選挙活動を展開している福山和人を『共産党』と名指しする事の何が問題なのだろう。かつて安倍政権をディスる意見広告を出した面々の中には福山和人の応援者が含まれているがそんなファシズム的ヘイターの応援を受ける福山和人もそれと同類なのだろうか twitter.com/arai_hiroyuki/…

@JFIFUDHDVHDJZUH あとは戦闘システムでも、軍種を超えた「おはなし」ができるようになる必要が出てくる。
例えば海自護衛艦の戦闘システムが、空自防空システムからデータを貰い、陸自特科/高射システムに協同攻撃をリクエスト、とかができるようにならなきゃならん。
この点、あれこれと国産化した本邦はやりやすい。

@JFIFUDHDVHDJZUH DDにどこまでもとめられるかは分からんけど、
DDG以上ともなれば、軍種の枠を超えた指揮管制ができるスペックが必要になりそよな。
しかも個々の戦闘レベルで調整が必要。
そうなると、CICとFICが上下に合体したようなズムたんスタイルが正解になるやも。 pic.twitter.com/Z6EwN6cKLk

引用終わり。
実際、南西諸島で戦闘ということになれば、
島からは陸自SAM&SSMが飛びたち、
近海では護衛艦が探信音を打ちつつSAMやらSSMやらVLAを撃ち、
上空ではP-1が魚雷落としたり空自戦闘機が暴れたりAWACSが管制したりだからなぁ。

射程が伸びたから、戦場が重なる。

>空自AEW・AWACS統制下の対空戦・対艦戦で
>空自機・艦載機の防空戦展開に並行し、敵味方の混淆する空域で
>戦闘機が撃ち漏らした敵対地・対艦巡航ミサイル対処のため
>敵機敵艦に飛んでく陸自SAM・SSMの目標調整・中間行程目標振り分けを
>海自DDが行うカオスなシーンが普通に(ry

>>146
>次期DDでのシャレにならねぇってのは
>30年台までの>>136の棲み分けのそのもう一段先でさ
>DDクラスの機動運用艦艇まで統合された全般防空に組み込まれると
>異軍種間でのJEZ交戦が前提となってしまうんよ

そういや、某スレ避難所で昨晩話題になってたけど、
次期DDには他軍種間での管制任務が必要かもという話。

各SAMやSSMの射程が伸び、重なり合うような自体になれば……
以下引用。

要するに探知距離がショボくても、
CEC対応の哨戒ヘリがいるかどうかだけでもA-SAMは存在価値が発生するわけで。
旧来のSARHミサイルではイルミネータで照射できんと攻撃できんかんな。 pic.twitter.com/8ezP15XOWu

これまでの防空艦の長距離SAMは、水平線の上を飛んでくる航空機の接近を抑止することが大きな務めと言えたけんども、
CECコンセプトに基づいたARH長距離SAMを装備した艦にとっては、それは水平線下を攻撃する手段でもあるわけで、必要なのは探知距離よりも「水平線下が見えるか」になる。

んー、
FFMwithA-SAMは、艦隊の周りをエアボーンセンサが飛び交うようになってから輝くものだと思われ。
かつてのように、長距離レーダと長距離SAMで広域防空、って概念とは異なる存在とみるべき。
A-SAMとJ-CECによる水平線下攻撃がその筆頭。
twitter.com/soumennotuyu/s…

なんやかんやで建物に突入するとき砲身を保護してたり装備への細かい気遣いがあって狂ってる人間性との二面性があってよい。