Twitter 浦上(1.07) Ura_sige_OBHN | 浦上(1.07) (@Ura_sige_OBHN) のツイート

@onocchi_TBF この回メチャメチャ面白くてお気に入りです。ビクトリーが戦いバトルが終わり飛び去る一部始終を隊員パートの背景に合成して同時進行してたり、巨大特撮的にも見所十分でした

狙われた街の後継エピソード、マックスの「狙われない街」よりはギンガSの「君に会うために」の方が好き。例の結晶体で地球征服しようとしてたメトロン星人がドルオタになり、歌を通じ地球人やウルトラマンと解り合う筋が今風かつポジティブで気持ちよく、隊長が赤い光で正気を失うネタにも大笑いした pic.twitter.com/cfxWzFXK91

嘘松さんから嘘柱・誇張しのぶに名称が変わりつつある所に平成から令和への移り変わりを感じます

退職願を書くのに最適なペンを探してるやつがいるな pic.twitter.com/mwqh7I9d5Q

Fug8xpvz reasonably small
浦上(1.07)@Ura_sige_OBHN

@AidHiro まあBTO店でできるやつねー(万しますね...
PC自体新調するんですか?

Fug8xpvz reasonably small
浦上(1.07)@Ura_sige_OBHN

@AidHiro century.co.jp/products/pc/ra…

こういう...

他にもあるみたいね(サービス料より機材のほうが安いから自分は機材にするかな...

Fug8xpvz reasonably small
浦上(1.07)@Ura_sige_OBHN

@AidHiro HDDとかのまるっとコピーは裸族シリーズ買えばすぐ終わるんちゃうか(?
入れ替えはノートもデスクもやったことあるわ、プラモ組むより楽

あれ開幕の生い立ちとやらねばならぬ過酷さでしっかり道造ってるから、タンジェロのヤバさが判明するのが割と後半になってからというのが鬼滅の刃の構成の巧さなんだと思っている

Fug8xpvz reasonably small
浦上(1.07)@Ura_sige_OBHN

別に絶対悪でもキャラとしての好悪とはまた別になるからそれでいいハズなんだが...

Fug8xpvz reasonably small
浦上(1.07)@Ura_sige_OBHN

絶対悪がいるからヘイトコントロールがしやすいんだなとかは思っていた(昔一気読みしてた)
人間の頃からカスなやつも結構いるんだよなぁ...そこもバランスだよね

Fug8xpvz reasonably small
浦上(1.07)@Ura_sige_OBHN

ジョジョなんだよなぁ...(弱さが攻撃に転化されたときヤバいみたいな

巨悪が被害者感情を持ってるというのは現代的なものすごく透徹した視点だと思うよ

鬼滅のプロットの要点は「被害者感情が悪となる」「悪の首魁は被害者感情の塊」という突き抜けたものなので、従前のぬるいイデオロギーで論評するとバグるか嘘をつくことになる

「悪を殺すのは悪」の方が価値観の転倒ぐあいが強調されていいですね
この三十年くらいずっとこれなので、そんな戯言に関わらない漫画業界がずっと客を集めて伸びてきたと

本邦のメディアは「敵を殺すのは悪」という転倒したイデオロギーでガチガチに固まっているからそうなる>NHK

この間ついったランドでは「昨今の作品と違い悪は悪と割り切ってるのがいい」とか見たんだけど、鬼滅

おい、NHKで鬼滅やってるけど「絶対的な悪を描いてない」とか言うてたぞ?

これ読むと鉄道技術だってバリバリ軍事だよねっていう気になる(CRH…)

中国サイトの「たいげい」レポート読みました。
user.guancha.cn/main/content?i…

「そうりゅう型は15-20ノットで特定のノイズが出る」というレポートの内容について軍板に予測が上がっていたんで貼る。 pic.twitter.com/n2sRLRW8mk

@aoi_kujaku 専制国家の軍隊が自国領海を闊歩し、あまつさえ上陸までして女子中学生を拉致していくような事実がもし揉み消されずに周知されていれば「抜かずの剣こそ誇り」などとは口が裂けてもいわせなかったでしょうから

「抜かずの剣こそ誇り」とか言いながら、鞘に接着剤流し込もうとする言動、行動等は、重篤な精神疾患としか思えない

鬼滅の刃、この手の「自分自身を鼓舞する為の言葉」を「絶対的な真理『ではないんだよ』」までちゃんと描いてくれるので誠実だと思う

「俺は長男だから我慢出来た」も
「強き者は弱き者を守る義務がある」も
それを強要するとときに地獄が生まれるとはいえ自らを奮起させる言葉としては力強い

ライバル企業の経営者を本社社屋に呼び寄せ丸ごと自爆して抹殺することで従業員にあきんど魂を見せつける経営者の鑑

社長が自分の家族を巻き添えにしてでも事業を拡大したいと思ってる会社、シンプルに嫌

作品全体で提示してきてる美学が「人間は一人一人が無力でも膨大な頭数と繁殖力にものを言わせて長大な時間をかけて悲願を成し遂げることができる」というやつなので、いま目の前に利益を生むことを要求される商業主義からはかなり遠いところにあるねんよな。

鬼滅、「どいつもこいつも命を擲つ覚悟で戦うけどそういう戦い方をした本人がそれによって現世利益を得ることはほとんど無い(死後の幸福はちょいちょいある)」というのが経営者マインド的に美味しくないんやろな。

鬼滅、命懸けで戦った結果本当に仲間が容赦なく惨死しまくるのであれを参考にして社会をやってくわよという気持ちになるのはなかなか困難な気がする。