Twitter 仁藤 雄三 増刷請負人 YuzoNito | 仁藤 雄三 増刷請負人(YuzoNito) /「るり子」の検索結果

Thz5gnon reasonably small
仁藤 雄三 増刷請負人@YuzoNito

1つのコツを習得できると、達成感につながり、やる気が出てきます。そして、同じテーマでまた1つのコツを身に付けて欲しい   書籍『期待以上に人を動かす伝え方』沖本 るり子 著、かんき出版より作成

Thz5gnon reasonably small
仁藤 雄三 増刷請負人@YuzoNito

【自分の意見を否定されたとき】 うまく反論する方法2つ。●自分の意見にさらに磨きをかける場として利用する。●「教えてください」という下から目線で、相手の気持ちをプラスに持っていく。 書籍『期待以上に人を動かす伝え方』沖本 るり子 著、かんき出版より作成

Thz5gnon reasonably small
仁藤 雄三 増刷請負人@YuzoNito

【代替案はないが反対の意思表示をしたいときのコツ2つ】 ●代替案がないことを先に伝えておく ●「反対」ではなく、「賛成できない」気持ちを伝える    書籍『期待以上に人を動かす伝え方』沖本 るり子 著、かんき出版より作成

Thz5gnon reasonably small
仁藤 雄三 増刷請負人@YuzoNito

【長話を打ち切りたいときは、これ!】 いつも話が長引く相手であれば、先に制限時間を宣言する。 相手「ちょっといい?」 あなた「5分なら大丈夫です。30分以内に請求書を送らないといけないので」  書籍『期待以上に人を動かす伝え方』沖本 るり子 著、かんき出版より作成

Thz5gnon reasonably small
仁藤 雄三 増刷請負人@YuzoNito

【相手に“ほめられた”と感じてもらうには?】 「質問」が役立つ。例:「そのメガネ、どこで買われたんですか?」「お洋服、どこで買われているんですか?」「このお料理、どうやってつくられたのですか?」   書籍『期待以上に人を動かす伝え方』沖本 るり子 著、かんき出版より作成

Thz5gnon reasonably small
仁藤 雄三 増刷請負人@YuzoNito

【他人と意思の疎通をはかるには?】 「行動」「思考」を認めてあげることが共感につながる。真の共感は、相手の「感情」を認めてあげること。なかでも多くの女性は自分の「感情」の部分を認めてほしいので、女性にはとくに効果的。 書籍『期待以上に人を動かす伝え方』沖本 るり子 著より作成

Thz5gnon reasonably small
仁藤 雄三 増刷請負人@YuzoNito

【相手に動いてもらうためには?】 依頼事には「いつまでに」という期限も併せて伝えること。 書籍『期待以上に人を動かす伝え方』沖本 るり子 著、かんき出版より作成

Thz5gnon reasonably small
仁藤 雄三 増刷請負人@YuzoNito

【意思の疎通をはかるには?】 相手の「思考」の部分を繰り返す。すると、「自分の思考を認められた、受けとめてもらえた」と感じてもらえる。とくに「思考」を認めて共感する技術は、男性相手に有効。うれしくなる人が多い。書籍『期待以上に人を動かす伝え方』沖本 るり子 著、かんき出版より作成

Thz5gnon reasonably small
仁藤 雄三 増刷請負人@YuzoNito

【相手と同じ気持ちにはなれない?】 それは「共感」ではなく「同感」。相手と同じ気持ちにならなくていい。相手の気持ちを汲んであげることができれば、それは「共感」です。 書籍『期待以上に人を動かす伝え方』沖本 るり子 著、かんき出版より作成

Thz5gnon reasonably small
仁藤 雄三 増刷請負人@YuzoNito

【相手を「説得」しようとすると?】 説き伏せるような伝え方になってしまいます。説得するのではなく納得してもらうことが伝え方のポイント。 書籍『期待以上に人を動かす伝え方』沖本 るり子 著、かんき出版より作成

Thz5gnon reasonably small
仁藤 雄三 増刷請負人@YuzoNito

【相手に動いてもらうためには?】 人によって「多め・少なめ」「大きく・小さく」といった量の解釈は変わるため、“数字”で語ることが大事。 書籍『期待以上に人を動かす伝え方』沖本 るり子 著、かんき出版より作成

Thz5gnon reasonably small
仁藤 雄三 増刷請負人@YuzoNito

【「伝えたつもり」から抜け出す方法6つ】 4 句読点を意識する。 5 相手に期待させる「間」を入れる。 6 カタカナ語と専門用語は使わない。 書籍『期待以上に人を動かす伝え方』沖本 るり子 著、かんき出版より作成

Thz5gnon reasonably small
仁藤 雄三 増刷請負人@YuzoNito

【カタカナ語が誤解を生む】 たとえば、「保留」という意味であなたが「ペンディング」と言っても、相手は「中止」と解釈するかもしれない……    書籍『期待以上に人を動かす伝え方』沖本 るり子 著、かんき出版より作成

Thz5gnon reasonably small
仁藤 雄三 増刷請負人@YuzoNito

「思います」は自信のなさから出る言葉。聞き手に不信感を与えてしまう。言い切っているのは、自信があるからこそ出てくる言葉。利き手に納得感を与える。人に動いてもらいたいのであれば、自信を持って言い切ること。 書籍『期待以上に人を動かす伝え方』沖本 るり子 著、かんき出版より作成

Thz5gnon reasonably small
仁藤 雄三 増刷請負人@YuzoNito

【相手にこちらの期待通りに動いてもらうには?】 次の3つのことを意識する。①言いたいことは濁さない。②言葉の使い方を工夫する。③相手の感情をマイナスにしない。 書籍『期待以上に人を動かす伝え方』沖本 るり子 著、かんき出版より作成

Thz5gnon reasonably small
仁藤 雄三 増刷請負人@YuzoNito

【「伝えたつもり」から抜け出す方法6つ】 1 初めに何を伝えるかを宣言する。 2 一つの文で伝えることは一つだけ。 3 話の構成に「枠」を活用して論理的に伝える。  書籍『期待以上に人を動かす伝え方』沖本 るり子 著、かんき出版より作成

Thz5gnon reasonably small
仁藤 雄三 増刷請負人@YuzoNito

【日本語で言ったほうがいいカタカナ語TOP10】 1位 コミットメント(約束、集中する)。 2位 ユーザー(利用者、消費者)。 3位 エビデンス(証拠、確証)。 4位 スペック(能力、性能)。 5位 アジェンダ(議題、課題)。 本『期待以上に人を動かす伝え方』沖本るり子 著、かんき出版より作成

Thz5gnon reasonably small
仁藤 雄三 増刷請負人@YuzoNito

【日本語で言ったほうがいいカタカナ語TOP10】 5位 アジェンダ(議題、課題)。6位 コンセンサス(合意)。7位 フィックス(決定)。8位 ジャストアイディア(思いつき)。9位 シェア (共有)。10位 ペンディング(保留、中止)。 書籍『期待以上に人を動かす伝え方』沖本 るり子 著より作成

Thz5gnon reasonably small
仁藤 雄三 増刷請負人@YuzoNito

【話の流れをつくるには?】 どの順番で何を伝えるか。効果的な話し方の一つが、「なぜなら法」。プレゼンテーション手法で有名なプレップ(PREP)法。結論を述べたあとに、「なぜなら…」と理由を続け、具体例も伝える。 書籍『期待以上に人を動かす伝え方』沖本 るり子 著、かんき出版より作成

Thz5gnon reasonably small
仁藤 雄三 増刷請負人@YuzoNito

【話の流れをつくるには?】 「どの順番で何を伝えるか」が大事。効果的な話し方の一つが「2、3個法」。全体→部分→全体の流れで伝える。初めにこれから伝える内容の数を伝えるのが特徴。「2、3個の理由を伝える」方法だと覚える。 書籍『期待以上に人を動かす伝え方』沖本 るり子 著より作成

Thz5gnon reasonably small
仁藤 雄三 増刷請負人@YuzoNito

【話しを聞いてくれない人には、これ!】 初めに何を伝えるかを宣言する。こうすることで、相手は話を聞く準備ができる。例えば「お願いごとは…」と話しかけらると、聞き手は「次に出てくる内容はお願いごとについてだな」と予測できる。書籍『期待以上に人を動かす伝え方』沖本 るり子 著より作成

Thz5gnon reasonably small
仁藤 雄三 増刷請負人@YuzoNito

【話の流れをつくるには?】 「どの順番で何を伝えるか」が重要。効果的な話し方の一つが、「両面法」。結論の「良い点」、「良くない点」、つまり物事の両面を伝える方法です。 書籍『期待以上に人を動かす伝え方』沖本 るり子 著、かんき出版より作成

Thz5gnon reasonably small
仁藤 雄三 増刷請負人@YuzoNito

【話の流れをつくる】どの順番で何を伝えるかが大事。効果的な話し方の一つが、結果法。①結論:相手に動いてほしいこと。②現状:客観的な事実。③理由:主観的な内容。④結果:動いてもらえたらどうなるのか。⑤結論:相手に動いてほしいこと。書籍『期待以上に人を動かす伝え方』沖本 るり子 著より作成

Thz5gnon reasonably small
仁藤 雄三 増刷請負人@YuzoNito

【話の流れをつくるには?】 「どの順番で何を伝えるか」が重要です。本書では、それを話の構成の「枠」としてお伝えします。枠には、「結果法」「両面法」「2、3個法」「なぜなら法」の4つがあります。 書籍『期待以上に人を動かす伝え方』沖本 るり子 著、かんき出版より作成

Thz5gnon reasonably small
仁藤 雄三 増刷請負人@YuzoNito

【相手をイライラさせる話し手の特徴】 何が言いたいのかわからない。聞き手を「何が言いたいの?」「何の話なの?」とイライラさせないためにも、初めに何を伝えるかを宣言しましょう。 書籍『期待以上に人を動かす伝え方』沖本 るり子 著、かんき出版より作成