Twitter day'seyelily _daisylily | day'seyelily (@_daisylily) のツイート

女の人の「女だものちゃんとしなきゃ!」の自縄自縛と、下世代の同性に向ける圧力もかなりのものだと個人的には感じるので、構造の問題が絡んでると思うな。だいたい、自分はなんも作れん男の人に言われてそんなダメージ食らう?役割に縛りつけようとする同性の方が私はめんどくさい

Jb8j6s0x reasonably small
day'seyelily@_daisylily

ある助教授(最終は教授)、フィールドワークで年間かなり大学内におらず。

続)出身大学はもちろん何ならフルネームすらちゃんと憶えていないけど、「専門分野がウニだった」「授業がウニのターンにさしかかると明らかに目の色が変わった」「遠くまでウニ採りに行くからと代講の日があった」「シイタケが嫌いだった」だけはよく憶えている。最後のはウニとの連関はわからない。

(承前)ウニの研究が進んだニュースを読むたびに、中高時代に教わった生物教師の専門分野がウニだったのを思い出す。美術教師は陶芸だった。そういうこと全然話さない(たぶん教育畑で教師になってからは研究を続けていない)先生もいたが、やっぱり、生徒に話しておくのがいいと思う。忘れないので。

こんな酷暑の中、子どもが五輪の応援に動員されずに済んでよかった。ほっとしてます。

Jb8j6s0x reasonably small
day'seyelily@_daisylily

刺身は愛情が薄い料理!? 夫が感じる妻の“手抜き料理”に賛否の声 - レタスクラブ lettuceclub.net/news/article/1…

"家事を手抜きに見せないための時短テクニック"

@l_kettle 腕によりをかけて、お金もかけて作った料理が美味しくなかったら
「コスパ悪い」とか言って怒るエンジニア男を私は知っている…💀

@l_kettle うちの夫はエンジニアですが、手抜きでゴメンというと「まったくだ!もっと凝ったのつくれよ、みんなもっとやってる!」と言います。
みんなって誰?
エンジニアも質によるんでしょうね……
笑うヤカンさんの奥様が羨ましい。

@l_kettle 逆に芸術家と言われる人は時間をかけただけ価値があるように思えますから面白いですよね。
私は建築の方なのでエンジニアとアーティストの間をウロウロしてる感じなのでご主人と奥様の気持ちは分かります。
料理は芸術ですからね。

@l_kettle エンジニアの旦那がめんつゆ推しの謎が解けました

@l_kettle @Light0702 納品の基準さえ超えていれば…超えていれば…なんですけどね…

うちの嫁なんかもよく、御飯作ってくれた時に「手抜きでごめん」みたいな事を言うんだけど、私はエンジニアなので、同じ美味しさなら手が抜いてあればあるほど工数が少なく低コストな素晴らしい仕事としか思わないのである。

手抜き料理賛成。「毎日手抜き(時短)料理だよ」と言うと怒るうちの小学生。母のご飯を楽しみにしてくれるのは嬉しいけど、この考えのまま大人にしてはいけないと母は心に誓いました。目標は料理男子の育成かな。 twitter.com/l_kettle/statu…

@ramenhanako だから少しでも手間ヒマを削るとマイナスだと認識する、と。

相手の手抜きが許せないという人間は、ただ「こんなにも犠牲を払ってもらえる自分」の姿を確認したいがためにわざわざ労力をかけさせようとしてくるから気をつけろ

スーパーの冷食コーナー、一面冷凍餃子にしてあるところがあって、見知らぬ奥さんと「これってアレですよね」「アレですよね」って笑いながらお互い味の素の冷凍餃子をかごに入れました

「冷凍食品が嫌いな人」というよりは
「母親や妻が冷凍食品を使うことが許せない人」の問題かなと。

少なくとも、夫婦間が子供の前だけでも仲良しでいられない、パートナーを尊敬出来てないのを子供の前で隠そうともしない方々は、自分の子供が将来結婚しない可能性が著しく高いと覚悟してください⊂((・x・))⊃

「離婚したら子供が可哀想」という人の「離婚しないせいで子供が可哀想な目に遭う」というシチュエーションが考えられない想像力のなさ⊂((・x・))⊃

「戦争末期の負け戦の果てに自分たちが受けた悲惨な体験を語っても、これから突入していくかもしれない戦争を防止することにはならないだろうと思う」と語ってます。
岩波ブックレット「君が戦争を欲しないならば」より

エビデンス

こちらこそありがとう!めろんとの対談で印象的だったのは「男性が子育てにコミットすると社会的地位が下がる」つまり男性が男性に舐められる。家事育児をちゃんとしてる男性の知人友人にも、同僚や上司の前ではわざと家庭を顧みないキャラを演じてる人は多い。尻に敷かれたと笑われ排除されるから。 twitter.com/uminekozawa/st…

すげぇ記事だ…富野監督、かなり抉ってきてる。

富野監督が『戦争は女の顔をしていない』の帯に寄せた“お世辞”の真意とは?【鼎談】小梅けいと×速水螺旋人×富野由悠季 ddnavi.com/interview/6433…

虐待発生の時、そこに登場する人たちは、総じて傷ついてきてるんですよね。登場人物の中に1人でも、心身ともに健全に育ってきた人がいるだけで、だいぶ予後が違う気がする。

知的に高くかつ衝動性が高くて、注意ばかり受けて自尊心傷ついてる子(例えば男の子)への支援は、犯罪やモラハラ野郎撲滅に繋がるし、どうせ私なんか価値がないと思ってる子(例えば女の子)へは、自分を求めてくれる男に大切な体を差し出すリスクを減らし、思いがけない妊娠を防ぐ。

こちらが意図したことが伝わらず、意見を言われると攻撃されてると思い込む。生育歴に困り続けてきた過去があり、人間をそもそも信用していない。磨きがかかった衝動性をコントロール出来ず、他者を容易に攻撃する。

虐待発生(ネグレクト含む)家庭の8割くらいがこんなんな気がする。

オンライン企画は「高齢者に冷たい」というのは違うのではと思う。使い方さえ伝達できたならば、場所的移動が負担(さらにコロナ感染リスク)の高齢者には、オンライン企画の方が優しい。
新しいことにチャレンジする意欲の問題だろうと思っています。

Zoom利用のオンライン企画を提案すると、「IT弱者切り捨てである」という問題提起をいただく。これは大事で、使い方指導等して最大限配慮すべきです。
とはいえ、従来「都内・18時開始企画」等で、子育世代・遠隔地居住者等の参加機会を顧みず組織運営されていた点も、省みる必要があろうと思う。

思ったより伸びてるので、初任の方宛てに慌てて補足を💦
相手をやり込めようとするとか、責任無いからって見に行かないとかするとアウトです。最終的には、見に行くんです。こういう方は、だいたい「来るかな?」ってどこかから見てますから。最終的には負ける。プロレスみたいな意識を持つのが大切。

家事って、誰かがきっちりやってくれている環境ってとても心地よいものだけど。対子どもとの関係で考える時。いつまでもやっちゃい過ぎると、それが将来、心理的に足枷になったり、パートナーへの要求水準の高さに気づかなくなったりすることもあるだろうし。難しいよね。。