Twitter dehorn _dehorn | dehorn(_dehorn) / 2020年10月6日のツイート

Ctonu wo reasonably small

小学生の頃、読んでいた漫画雑誌が講談社から集英社に変わって「なんか心の中の台詞の丸い文字が違う…?」と気になっていた。後年写植書体を知って、やっぱりナールよりじゅんが好きだと確信した。
図書室でも面白さよりも本蘭明朝目当てに怪談本を読んでいた

Ctonu wo reasonably small

女の園の星、台詞がリュウミン混植で絶望的に合ってない
文体に全く情緒がない実用書かパルプノワール向けの、流れるように読む書体だと思っている
祥伝社の漫画は全部そうなのか 読んでいて気にならないのか…?

Ctonu wo reasonably small

A Short Hike、Epic版も日本語化済。好きなだけ寄り道して2h程度。
フォントが兜町。グラフィックのピクセルサイズを選べる。SEがパキパキしていていい。
会話の選択肢でBを押しても決定になるのが気になる。 pic.twitter.com/P20kC1miiG