Twitter dehorn _dehorn | dehorn(_dehorn) / 2021年8月のツイート

Ctonu wo reasonably small

自尊心は、自分が理不尽な扱いを受けた時に怒りを覚えられる力だ。この国ではそれを身に着けないようよく教育される。
例えば両性が対等である名目の婚姻制度で、実際は一方の性別が96%姓を独占しているが、もう一方の性別が幼い頃から触れる物語には「彼の名字になった自分」を夢想する描写がある。

Ctonu wo reasonably small

日本企業の、必要でもないのに定期的に社員を動かして遊ぶ転勤制度。直前に命じられ引っ越しさせられて「いきなり来週から○○に行けって言われて来ました!」と面白おかしく、武勇伝の様に語る。あれも心底理解出来ない。

Ctonu wo reasonably small

自分は有休を必ず毎月使って自分で連休や平日休みを作っていたので、国から有休消化させるよう言われたらと盆正月など今までの休日を出勤日にして有休を強制消化させる会社に激しい怒りが湧くが、他の人間は誰も文句を言わない。

Ctonu wo reasonably small

祝日等で連休があれば心待ちにする癖に、自分で有休使って連休作る人間には「なんで用事もないのに有休?」と無駄扱い。特にパンデミック前の「休日に外出しない人間は無駄に過ごしてる」あの風潮。
仕事か用事しかない。まず自分の自由に出来る時間があるべきだという自尊心が無い。

Ctonu wo reasonably small

「何者かになりたい」は自分1人が「特別になりたい」のではなく「特別な集団の1人になりたい」という事だ。属する事が前提。ヒーロー集結映画で数分の活躍シーンがあるのが最適解。
自分は集結系に興味無いが、何者かになりたい人達はあれを見て「誰1人欠けても勝てなかった!」と癒やされている様だ。

Ctonu wo reasonably small

人が大好きなのは「他の事は全然出来ないけど○○なら右に出る者はない、○○に人生を賭けている専門家」と、それらが集まって作り上げるでかいプロジェクトというドラマ。
自分で色々それなりに出来る事は本人の人生にとって多大なメリットだが、他人にとっては何も面白くないので望まれない。

Ctonu wo reasonably small

デザインをカスタム出来るのはいいが、反映が遅くて毎回ちらつく。StylusでユーザCSSを適用した方がいい