Twitter 愛書家日誌 aishokyo | 愛書家日誌 (@aishokyo) のツイート

Bknupsxi reasonably small
愛書家日誌@aishokyo

星野智幸の「呪文」。さびれた商店街を若者が活性化するといっても想像するようなさわやかな話ではなく、人々が不気味に狂信的になっていくお話です。
amzn.to/1s6fzJ0 pic.twitter.com/IMm4BoXdL8

Bknupsxi reasonably small
愛書家日誌@aishokyo

タイプライトミニバッグはタイプライターをモチーフにしたかわいいバッグです。 #本の小物
ow.ly/26nO3014pPT pic.twitter.com/zNeqGKihGd

Bknupsxi reasonably small
愛書家日誌@aishokyo

#名所江戸百景 より「日暮里寺院の林泉」です。日暮里諏訪の台の西側、下から台地を望んだ絵です。「林泉」は山水をかたどった庭園のことです。隣接した三つの寺が競うように花樹を植え作庭したので、多くの人々が訪れる名所となりました。 pic.twitter.com/OYNcVP7Ntj

Bknupsxi reasonably small
愛書家日誌@aishokyo

1965年の今日は日本の小説家、星野智幸が生まれた日です。新聞記者、メキシコ留学、字幕翻訳などを経て「最後の吐息」で文藝賞を受賞、俺俺、夜は終わらない、呪文などの作品があります。
hoshinot.jp pic.twitter.com/xuzYO0S2Sl

Bknupsxi reasonably small
愛書家日誌@aishokyo

HENRY DAVID THOREAU CARDはソローの形のカードです。デコレーション用のカラーシールもついてきます。 #本の小物
ow.ly/x4y53012b1a pic.twitter.com/WGye1RWuvL

Bknupsxi reasonably small
愛書家日誌@aishokyo

ヘンリー・D. ソローの「ウォールデン 森の生活 」は様々な出版社から出ていますが、こちらは少し大きめの本ですが訳が読みやすく、注も丁寧でおすすめです。
amzn.to/1OTs30w pic.twitter.com/I3KButYRTG

Bknupsxi reasonably small
愛書家日誌@aishokyo

ソローが1845年から1847年に使用したパイン材の机です。この上でウォールデンか書かれました。
ow.ly/pxva30128JP pic.twitter.com/bFycye7lll

Bknupsxi reasonably small
愛書家日誌@aishokyo

本は世界の大切な富であり、国や世代を超えて受け継いでいくべきものだ。 ヘンリー・デイヴィッド・ソロー #本の名言 pic.twitter.com/2xgkHuexIO

Bknupsxi reasonably small
愛書家日誌@aishokyo

Looking for anonymous questions

Recently answered questions
● 夏のだらっとした暑さの中で読む…
● 先日読んでいたエッセイのなかに…
● G・K・チェスタトンの著作に関…
● 夏といえばこの一冊
愛書家日…
#Questionbox

peing.net/en/aishokyo?p=…

Bknupsxi reasonably small
愛書家日誌@aishokyo

ソロー「ウォルデン、または森の生活」の1854 年に出版された初版本です。
ow.ly/Vhq130128Od pic.twitter.com/uXJlWoYZ2n

Bknupsxi reasonably small
愛書家日誌@aishokyo

1904年の今日はチリの詩人、パブロ・ネルーダが生まれた日です。ガブリエル・ガルシア=マルケスはどの言語の中でも20世紀の最高の詩人と称えました。イタリア亡命時代を元に映画イル・ポスティーノが作られました。 pic.twitter.com/TDA9M9lzqj

Bknupsxi reasonably small
愛書家日誌@aishokyo

1817年の今日はアメリカの作家、ヘンリー・デイヴィッド・ソローが生まれた日です。ウォールデン池畔の森の中に丸太小屋を建て、自給自足の生活を2年2ヶ月間送り「ウォールデン-森の生活」を発表しました。 pic.twitter.com/dWe6OnyKCd

Bknupsxi reasonably small
愛書家日誌@aishokyo

柴田元幸のエッセイ集「生半可な学者」。英語学習者、柴田元幸ファン、おもしろいエッセイを読みたい人、どなたにもぴったりの本です。
amzn.to/20tpN0T pic.twitter.com/9Xmkj89FSc

Bknupsxi reasonably small
愛書家日誌@aishokyo

カーター・サフォークのタイプライターティーポットです。細部に使われている金やプラチナは本物でUKでペイントされているそうです。 #本の小物
ow.ly/xZyV3011OKP pic.twitter.com/hBF4wTbmIN

Bknupsxi reasonably small
愛書家日誌@aishokyo

「村上柴田翻訳堂」は村上春樹と柴田元幸がもう一度読みたい10の作品を新訳・復刊するシリーズです。
ow.ly/G7Oh3011OuL pic.twitter.com/glcfnrHN9k

Bknupsxi reasonably small
愛書家日誌@aishokyo

1954年の今日は日本のアメリカ文学研究者・翻訳家、柴田元幸が生まれた日です。ポール・オースター、チャールズ・ブコウスキー、リチャード・パワーズなど現代アメリカ文学の翻訳を多数行っています。村上春樹と翻訳に関する共著があります。 pic.twitter.com/1Wo6pwiSXY

Bknupsxi reasonably small
愛書家日誌@aishokyo

今和次郎の「考現学入門」。街行く人のスタイルの分類や女性の髪型、同時代のすべてを記録しようとしたような考現学のエッセンスが詰まった本です。
amzn.to/20toBKS pic.twitter.com/MNXKaG1cUH

Bknupsxi reasonably small
愛書家日誌@aishokyo

すべての読者は読むことで実際には自分自身を読んでいる。作家の仕事はせいぜい読者にとってある種の光学機器を与えることで読者がその本なしでは気づかなかった何かを読者に認識させることである。 マルセル・プルースト #本の名言 pic.twitter.com/XyUrRTZ5nV

Bknupsxi reasonably small
愛書家日誌@aishokyo

Looking for anonymous questions

Recently answered questions
● 夏のだらっとした暑さの中で読む…
● 先日読んでいたエッセイのなかに…
● G・K・チェスタトンの著作に関…
● 夏といえばこの一冊
愛書家日…
#Questionbox

peing.net/en/aishokyo?p=…

Bknupsxi reasonably small
愛書家日誌@aishokyo

モンブラン・作家シリーズ「マルセル・プルースト」万年筆です。8つの面からなるボディーには細やかな刻印が施されており、ボディーには、プルーストのサイン、ペン先には砂時計が刻まれています。 #本の小物 pic.twitter.com/EEMdIYQ65Y

Bknupsxi reasonably small
愛書家日誌@aishokyo

1888年の今日は日本の民俗学研究者、今和次郎(こんわじろう)が生まれた日です。考古学をもじった造語、考現学を提唱しました。赤瀬川原平、藤森照信らの路上観察学会の先駆者で考現学採集、モデルノロヂオなどを著しました。 pic.twitter.com/rpaOidCVO6

Bknupsxi reasonably small
愛書家日誌@aishokyo

1871年の今日はフランスの小説家、マルセル・プルーストが生まれた日です。コルク張りの防音された部屋で昼夜逆転した生活をしながら、30代から死の直前まで大作「失われた時を求めて」を書き続けました。 pic.twitter.com/2blb9lhftf

Bknupsxi reasonably small
愛書家日誌@aishokyo

「道程:オリヴァー・サックス自伝」はサックス生前最後の著作となった初めての本格的自叙伝です。81歳の時に出版されました。
amzn.to/1qEAkdn pic.twitter.com/914pnpLE89

Bknupsxi reasonably small
愛書家日誌@aishokyo

オリバー・サックスは18歳のときに中古バイクを買いました。その後、バイクでアメリカ一周の旅までしています。 pic.twitter.com/oEBq45vQzm

Bknupsxi reasonably small
愛書家日誌@aishokyo

「レナードの朝」はオリバー・サックスの医療ノンフィクションをロビン・ウィリアムズ、ロバート・デ・ニーロの主演で映画化した作品です。
amzn.to/1UCpgbb pic.twitter.com/xiM0QYV7PT

Bknupsxi reasonably small
愛書家日誌@aishokyo

1933年の今日はイギリスの神経学者、オリヴァー・サックスが生まれた日です。自身の扱った患者について記した一般啓蒙書を多く著しています。映画化されたレナードの朝、妻を帽子とまちがえた男、音楽嗜好症などの作品が有名です。 pic.twitter.com/T4AhctJKYn

Bknupsxi reasonably small
愛書家日誌@aishokyo

ラ・フォンテーヌは、皇帝ルイ14世の王太子に、「人生の教訓を学んでもらいたい」との思いで、動物たちを主人公にした「ラ・フォンテーヌ寓話」を著しました。イラスト入りの楽しい本です。
amzn.to/1WKn1Wv pic.twitter.com/59OnRWLfb2

Bknupsxi reasonably small
愛書家日誌@aishokyo

マルク・シャガールの描くラ・フォンテーヌの「狐と葡萄」です。
ow.ly/2XQS300TqoV pic.twitter.com/t30tvgbzro

Bknupsxi reasonably small
愛書家日誌@aishokyo

Looking for anonymous questions

Recently answered questions
● 夏のだらっとした暑さの中で読む…
● 先日読んでいたエッセイのなかに…
● G・K・チェスタトンの著作に関…
● 夏といえばこの一冊
愛書家日…
#Questionbox

peing.net/en/aishokyo?p=…

Bknupsxi reasonably small
愛書家日誌@aishokyo

日本の版画家・長谷川潔の1963年の銅版画、ラ・フォンテーヌ「狐と葡萄」です。マニエール・ノワールという手法で制作されています。 pic.twitter.com/UAJr2Qvzfp