Twitter 紅夜 aosasa | 紅夜 (@aosasa) のツイート

In3s1pvl reasonably small

文学史ってなんか「目に見えないルール」を描くことに懸命になっている気がしてたんだけどあれだ、ピカソのキュビズムを「狂気の発露」だと解説しちゃう人たちだ…、キュビズムってのは「こういうカラクリですよー」と教えてしまう人と激しく対立するのも無理はないか…

In3s1pvl reasonably small

@akari_c ぽふぽふ(´・∀・`)ノ

In3s1pvl reasonably small

あー、『日本』出してた系譜のとこか、『日本及日本人』になってたとこだ>政教社

蘇峰さんとこは民友社

In3s1pvl reasonably small

柳田泉さん読めばいいんだろうなこの辺…なっがい資料本ばっかりで手を付けるのに躊躇いが…筑摩の明治文学全集もいいよね、政治結社の巻まで2冊もあるのすごいなぁとしみじみ…あれ、蘇峰さんとことあとどこだっけ、こないだ思い返した時はどこかすぐにわかったのに…

In3s1pvl reasonably small

そういや『太陽』を総合誌、『国民之友』を結社誌って呼んでたの面白いなー、中央公論が目指したのは国民之友って聞いてるけど、この2誌、触れてる人が少ないんだよなぁ…てっきりあんまり文学関係載ってないのかと思い込んでたら自然主義文壇の本拠地だし…(小説はほとんど載らないぽい

In3s1pvl reasonably small

(出版社側から見てわかる範囲のことは資料があると一回で見なすよ、雑誌増えたー、を否定するつもりはない(貞美さんは個人の動向でソースないことは本当に一回もないので人の言動単位では完全に信頼しているんだよどこ系の人なんだろう、人間の情報なんかは掛け値なしにジャンル広いんだよな…

In3s1pvl reasonably small

エログロやら犯罪実録なんかの頭空っぽにして読む系のはまあ確かにブームってたし、そこからの流入が期待出来た的に捕捉されてたら歓迎だったんだけどなぁ…根っこが大正中期くらいにあるように見えることなのでまあ判断保留かなぁ…(加速したと言われりゃあそうかもと言えるんだけど

In3s1pvl reasonably small

個人的には新知識層って言われる層の誕生と「娯楽性高めの婦人雑誌を読んでいた小学校卒」の多数層が十分な数に達したほうがそのイメージなんだよなー、ミステリはどの階層でも読むからなって断言してた人のほうの見解のほうがしっくり来るのよね(あと講談)。要するに大正8年からの正当進化

In3s1pvl reasonably small

正直…ブームってエログロみたいな雑誌がぼこぼこ出来ることを指すイメージなんだよな…(荒稼ぎしてたよ

In3s1pvl reasonably small

あ、へー、貞美さんの見解なのか関東大震災によって探偵小説ブームが来たっての、正直資料があることや個人の反応は単純にありがたいんだけど、時代の流れの話をされると独特でわからないんだよな彼の見解…(この手の見解って同じこと調べてると一致してくもんなんだけどどうもそれがなくてなんとも…

In3s1pvl reasonably small

@akari_c 一番やられて怖いのは「待つ」でござる、圧倒的

In3s1pvl reasonably small

@akari_c サイコパスの資格があるのが「正解」なんじゃないかと、他の人たちは行動がばらけるから

In3s1pvl reasonably small

@akari_c ほら、サイコパスって殺人鬼って意味じゃないじゃない

In3s1pvl reasonably small

@akari_c うんでもサイコパスだと待つって書いてあったし、「どうせ出てくるから」「待とう」が異常なんだと思う。
「秘密があるから」「積極的に働き掛ける」はどの行動でも普通じゃないかなぁ…

In3s1pvl reasonably small

@akari_c 積極的に働き掛けたらサイコパスではないって診断じゃない?

In3s1pvl reasonably small

@mikemekimi 王者ジャンルだからじゃないですか、映画が出てきたら言われなくなりますよ

In3s1pvl reasonably small

@akari_c 僕が壊すよ(*´∀`*)まかせて

In3s1pvl reasonably small

@akari_c 扉壊せばいんでない…?

In3s1pvl reasonably small

鈴木貞美さんの本です、面白いんだけど所々読み方がわからない>日本の文化ナショナリズム

まあ言語の変化なんかはいいんだろう資料ありそうだし、道徳意識がなー、どうなのこれ…
『源氏物語』が日本で非難されてる間に近代小説の嚆矢として世界的に有名になった辺りもまあ他でも聞いてるし

In3s1pvl reasonably small

誰がいつ言ったんだかわからないので「どこーだーよー」とよく呟いてるので非難する権利とかはないんだけど(明治5年のものなのそうでもないの)、洋学と漢学と並んでた国文学が日本の文芸作品の系譜を指す前提だとううん…(だんだんそうなっていったならいいんだけど多分今語られてる時代はまだ)