Twitter 和泉 assh0000 | 和泉 (@assh0000) のツイート

そうそう、本日発売のgood!アフタヌーン9月号で、空挺ドラゴンズ連載50回を迎えました🎊
ここまで来れたのも、この旅に付き合ってくれたみなさんのおかげです。
どうもありがとう^_^
これからも空挺ドラゴンズをよろしくお願いいたし… twitter.com/i/web/status/1…

ていうか2020年って何なの?コロナウイルス感染症?オリンピック順延?米中貿易戦争?ベイルート大爆発?どれもこれも損害保険会社を殺す気か?というレベルの大事件が起きすぎです。

今回のベイルート大爆発はハリファクス大爆発ばりに世界の損害保険会社の歴史に血文字で書かれることになる気がします。あんな海沿いの倉庫はたいてい保険かかってるんだ。工事保険受けちゃってたのどこだろう、その再保険は??と考えていくと多分本邦にも実害がでる。

\残り25日!/
デルの #Twitter夏祭り 実施中!
#XPS#ALIENWARE といった人気のPCやモニター等、豪華賞品が300名様に当たるチャンス🎆

@DellConsumer_JP をフォロー
②この投稿をRT… twitter.com/i/web/status/1…

これ!!アニメーターにめちゃくちゃ需要あると思う!!!

高級鉛筆「ハイユニ」の質感&硬度を忠実に再現したデジタルペン「Hi-uni DIGITAL for Wacom」を実際に使ってみたレビュー - GIGAZINE gigazine.net/news/20200806-…

13歳で亡くなった叔母の話。学徒動員中に被爆し虫の息で運び込まれた小学校で居合わせた人に「私の名前は◯◯です。◯◯に住んでるお母さんにお骨を届けて」と言って亡くなった。その人が山を二つ越えて知らせてくれたので叔母のお骨は祖母の元に帰ってこれた。

「あのまま偉い奴等の言葉を信じてあそこにいたら…」

そこに残っていた人達もいる。
でも、私はその家族が大好きだったので今ここに皆元気でいて良かったなと思った。

普段喋らないおじいちゃんが暑い日にアイスくれながらポツポツと話してくれた思い出話でした。

…正に逃げ恥じ!

おじいちゃんは「後から必ず追い付く!」といって家に一旦帰り、全身ぐるぐる包帯巻きにしてまた駅に戻って怪我人として無事通してもらい、おばあちゃんと合流して二人で線路をずっと歩いて逃げ延びたんだと。
そのおかげでその後おばさんも生まれ… twitter.com/i/web/status/1…

(続き)逃げようとした。
駅には人が殺到していたけど警察(特高?)等に封鎖されてた。
しかし、電車は止まっているため線路の上は歩くことができて怪我人とか妊婦はそれが許された。
おばあちゃんのお腹にはおばさんがいたので、おばあちゃんだけ先に逃げることになった。

原爆の日の包帯男の話。

昔近所に住んでた大家族の家によく遊びに行ってたんだけど、そこのおじいちゃんおばあちゃんが原爆の日に広島にいたそうで。
その日、建物の中にいたけどすごい光と爆風があって「大丈夫だからその場にいてください」と放送があったけど、二人はどうにか落ち合って(続く→

【毒舌過ぎる事務職 藤原さん(31歳女性)の話】
オフィスでの会話

藤原「お前仕事してないだろ!って昨日●●さんに言われて私、マジでキレそうでした…」

僕「●●さん、ひどいなぁ(笑)」

藤原「ほんと、見せてやりたいです」… twitter.com/i/web/status/1…

ギャルとぼっち一巻
全国の書店さんで発売中です☺️❤️

おかげさまで二巻も出ます!☺️
よろしくおねがいします😚🥰 pic.twitter.com/TZTk6Yctsv

霊能者の多くが口を揃えて「私たちが見ている幽霊に一番似ている」と証言したのが、黒沢清の『降霊』という作品。大袈裟な演出はなく、ただ静かに「いる」だけの心霊表現は、他のJホラー作品とは明らかに異質である。
#幽霊の日 pic.twitter.com/rPJ4ZWJjAP