Twitter 望(ながめ) byebyengm | 望(ながめ) (@byebyengm) のツイート

 yxngtze reasonably small
望(ながめ)@byebyengm

性別のないし恋もしたことのないボクと、女でバイで惚れっぽくてどうしようもない私で更新しています。ボクたち私たちは双子です。

 yxngtze reasonably small
望(ながめ)@byebyengm

@TOS byebyengm.tumblr.com/post/625257304…
#話かける
正しいタグがわからなかった。

 yxngtze reasonably small
望(ながめ)@byebyengm

ずっと助けを求めてるのに

 yxngtze reasonably small
望(ながめ)@byebyengm

眠ってるだけの貴方が目覚めるのを待たないで燃やしてしまってごめんなさい。花を棺桶に入れながら、起きて、起きて、って念じたのに起きないんだもの。娘である母が何も言わないのに私がやめてだなんて叫べるはずがないでしょう。ずるいわ。

 yxngtze reasonably small
望(ながめ)@byebyengm

嫌い嫌い嫌い。自分のこともあなたのことも世界のこともみんな嫌い。

 yxngtze reasonably small
望(ながめ)@byebyengm

正しいことしか言わないあなたよりも、間違いを犯したきみのほうが愛しいなんてどうかしていると思う?

 yxngtze reasonably small
望(ながめ)@byebyengm

脚なんていらない。醜くて、重たくて。同じ下半身なら、魚のような鱗につつまれた鰭がいい。人魚になりたい。

 yxngtze reasonably small
望(ながめ)@byebyengm

最期に、もう死ぬね。耐えられないから。と、電話で伝えられる相手はいたのだろうか。それだけが、それだけが気になる。一人さみしく死んだのではありませんように。誰かに行っておいでと、送り出されたのでありますように。

 yxngtze reasonably small
望(ながめ)@byebyengm

自殺といわれると、何故とか何がとか何もかもを暴いて安心したくなるけれど、暴かれたくないから黙って死んだのだから暴かなくていい。

 yxngtze reasonably small
望(ながめ)@byebyengm

人の死は日常的にあらわれるイベントなのだな。身内だとあんなに涙を流したのに、それが赤の他人というだけで、情報の一部になる

 yxngtze reasonably small
望(ながめ)@byebyengm

あなたが死んだらきっと綺麗な星になるだろうって思っているのに、ここのところ雨続きで、星なんか見えなくて、じゃああなたはまだ地上にいるのかしら、なんて思った。

 yxngtze reasonably small
望(ながめ)@byebyengm

空っぽだ。私は空っぽだ。

カラカラと乾いた音が鳴るような、小石の入った心ですから

#tanka

 yxngtze reasonably small
望(ながめ)@byebyengm

誰かに何でもない会話をしてほしい、と思って、こちらから「→」を投げても、誰も「←」を返してくることはない。私の投げたやじるしは、虚空に向かって飛び、どこにも当たらず闇に消える。私は幽霊なのだ。生者には認識できないのだろう。

 yxngtze reasonably small
望(ながめ)@byebyengm

死んでほしい人は死なないのに、死んでほしくない人は死んでいく

 yxngtze reasonably small
望(ながめ)@byebyengm

もう数日前の自分が答えを出してる。記憶は液体だから、濃い記憶を消したいときは、日常のような色味の薄い記憶でひたすらに薄めていくしかない。それでもなかったことにはできない。

 yxngtze reasonably small
望(ながめ)@byebyengm

大嫌いよあなたたちなんて。

 yxngtze reasonably small
望(ながめ)@byebyengm

私が一生懸命助けを求めているときって、みんな私のことを透明人間扱いするのね。人徳がなせる業かしら。

 yxngtze reasonably small
望(ながめ)@byebyengm

涙を拭くのに、眼鏡は邪魔よね。だから眼鏡をはずして、ポロポロ泣いていたのだけど、これじゃあいつまでも仕事ができないわ。

 yxngtze reasonably small
望(ながめ)@byebyengm

だって起きそうだったもの。待ってれば起きそうだったもの。よく寝たなぁ、って言って大欠伸しながらいつもみたいに起きそうだったもの。もう少し待てなかったか、起きるまで待てなかっただろうか。誰がなんの権利を持って祖父を死者と断定したのだろうか。娘の母を差し置いて私が止めればよかったのか

 yxngtze reasonably small
望(ながめ)@byebyengm

棺に花を入れる段になって何故か涙が止まらなくなりボロボロ泣いた。みんな、「起きてって言ったら起きそうなのに」って言いながら花を入れた。私は起こせば起きそうな人を燃やして殺してしまった。たった30分で骨だけになってしまった。祖父はもういない。

 yxngtze reasonably small
望(ながめ)@byebyengm

眠ってるだけだった。なのに、私たちは、私たちの手で祖父を火にかけ、殺してしまったのだ。

 yxngtze reasonably small
望(ながめ)@byebyengm

眠ってるだけに見えるよ

 yxngtze reasonably small
望(ながめ)@byebyengm

もし祖父の命日に生まれた人がいたら、その人は黙っていてください。祖父をたくさん愛せなかった分、あなたを愛してしまいそう。

 yxngtze reasonably small
望(ながめ)@byebyengm

最後に抱きしめたのはいつだっけ。話を聞いてあげたのは。最後に会いに行ったのは。いつだっけ。いつだったっけ。ねえなんで急に死んでしまうの。死んでしまうとわかっていたらもっと。…いや、なんでもない。

 yxngtze reasonably small
望(ながめ)@byebyengm

緞帳は上がり、長い夜は明け、あのキラめきは朝日で更新されていく。もう止まらない。

 yxngtze reasonably small
望(ながめ)@byebyengm

何度も何度でも
少女は少女を諦めない

 yxngtze reasonably small
望(ながめ)@byebyengm

悪を巣食う