Twitter 九郎政宗 🕊️【∃】🌈🚩🖖 claw2003 | 九郎政宗 🕊️【∃】🌈🚩🖖(claw2003) /「黒木」の検索結果

全裸監督視聴終了。村西とおる監督と黒木香さんについてを元々知っていた前提はあるにしても、「これが女性の性の解放や!どうや!最先端!」という押し付けがましい男性目線での“女性の性”しか描かれていなくて…悪い意味でネトフリはやっちまった気がする。役者陣の演技はすごい。すごいんだけどね…

全裸監督の件、やはりNetflixに抗議のアクションをすべきだな
黒木さんの件は絶対容認できない
さらにはこの作品が世界190か国にも配信されてるだなんて、取り返しがつかない問題なのでは
それに役者側も知ってなお出演し続けるとなると全く擁護できない #全裸監督 #Netflix解約デモ #ネトフリやめた

「東京地裁は、徳間書店に220万円の支払いを命じ」「判決によれば「黒木さんは引退して一般人として生活しており、過去の性生活を明かす記事の掲載を承諾していたとはいえない」」joshi-spa.jp/946821
黒木さん、「全裸監督」だって聞かれたら承諾しなかったのでは。制作者の見識問われると思うが

要は黒木香氏の同意なしってことか。私は観ない。 twitter.com/kondofumie/sta…

黒木香さんは「忘れられたい人」だった。

山田孝之演じる村西監督に、怪しさ、嘘くささが抜け落ち、時代を築いた男としての真剣しか感じず、これは怖いことと思った。

母娘の葛藤も男の物語に搾取される過程も含めて、作品自体が搾取的で論争的。

まだ様々思考中。とてもモヤモヤする。

私は黒木さんを「浅はか」とは決して思いません。セックスを表現手段とすることもムダ毛を処理せずありのままの女性の姿を見せることにも哲学のある人だったと思います。彼女のパートナーや社会が豊かな心を持った女性に対しあまりに冷淡だったのです。本来なら充分彼女は幸せになる資格のある人でした twitter.com/miuprostituee/…

「過去のヘイトツイートの謝罪」|黒木初 @zaregotonandayo|note(ノート) note.mu/zaregotonanday…

Ki6ujncc reasonably small
九郎政宗 🕊️【∃】🌈🚩🖖@claw2003

@97shYt ▼その手の話でうんざりしたのが黒木ひかりのセーラームーンミュージカル降板騒動。過去の経歴について難癖つけたセーラームーンファンがいたことは事実らしい。女性を消費するだけしておいて後からスティグマを押すクソ男の群れ。本当に隅から隅まで胸糞悪い話です。
matome.naver.jp/odai/214667410…

【豪雨@津山市加茂川】

黒木ダムからと加茂川の合流地点。道路がえぐれていました。どれだけの勢いで水が流れてきたか分かります。近所の方に話を聞くと、大きな岩がゴロゴロと音をたてながら流れていて恐ろしかったと言われていました。想像を絶する思いです。
ダムも含めた治水の在り方が問われます pic.twitter.com/tCFqpcGecS

また青髭が黒木初氏に行ったなと同じことをしたようです。
しかも今度の相手は高校生って、それが自称でも老人のすることかよ。 twitter.com/mashikemashike…

「何かを守るために戦争をするんじゃなくて
戦争をするっていうのは何かを守れなくなることであって
何かを守るということは
戦争をしないということだと思いました」

“宇宙の島” (5/12初披露) 黒木ちひろ
ライブ映像 歌詞付き
YouTubeフル⇒youtu.be/bS4SkXoWy6s

#拡散希望 pic.twitter.com/SrXxCIYBOk

「この判決を出した多見谷寿郎裁判長は、"行政訴訟では体制寄りの判決を下す"ともっぱら評判」「それをいち早く指摘したのが、作家の黒木亮氏。昨年12月25日付のプレジデントオンラインに〈辺野古代執行訴訟「国が勝つことが決まっている」と題する寄稿をしている。」

なるほど。

『狂気山脈の彼方へ』(北野勇作、黒木あるじ、フーゴ・ハル) オマージュ・アンソロジー第10弾は「狂気の山脈にて」に捧げます!北野先生の作品は「かわいいペンギン」、黒木先生の作品は恐山が、フーゴ先生の作品は新感覚謎解き風読み物です!soudosha.jp/Cthulhu/kyokis…

twitter.com/kaku74/status/…
twitter.com/pririn_/status…

★稲葉振一郎→社会学
★山形浩生→都市工学
★黒木玄→数学
★田中秀臣→経済『史』
★上念司→法学部

…他たくさん。(´-ω-`)

#リフレ派 の正体

「Nシステム」に関しては、元警視庁巡査部長でジャーナリストだった黒木昭雄さんの遺作『神様でも間違う』を読んで、全国民がよく知ったほうがいいと思うのですが、現在、アマゾンでは売り切れています。Yahoo!ショッピングの版元の直販ページ store.shopping.yahoo.co.jp/incidents/nmck…

黒木和雄監督の『TOMMOROW 明日』(井上光晴原作)は、原爆を描いた映画のなかでも最も強く心に残る作品。1945年8月8日の長崎を舞台に、閉ざされた運命を前に未来を生きようとする家族の日常を淡々と綴る。現在、戦争をテーマにした他の黒木作品とともに岩波ホールで上映されている。

本当に救国の英雄だったのか? 東電・吉田昌郎元所長を「総括」する-黒木亮bit.ly/1IcTV5Q pic.twitter.com/DD5ZNzfWZ0

『週刊金曜日』6月12日号 amazon.co.jp/%E9%80%B1%E5%8… の「『警察が怖くなる』本と映画12選」で境分万純さんが元警視庁巡査部長でジャーナリストだった黒木昭雄さんの遺作『神様でも間違う』を選んでくれました。 pic.twitter.com/HEuy2tlsNw