Twitter 九郎政宗 🕊️【∃】🌈🚩🖖 claw2003 | 九郎政宗 🕊️【∃】🌈🚩🖖(claw2003) /「RASENJIN」の検索結果

あら、『戦争は女の顔をしていない』のコミック版が国際報道2020でご紹介いただいているではないですか。

コミックバンチ出ております。ちと間が空きまして申し訳ありません。理想の乙女を求めて銀河を右往左往するスペースバラッド『男爵にふさわしい銀河旅行』、元気に再開です。シーズンオフだったりなんだでガラガラの宿に一人泊まる恍惚と不安。嫌いじゃないんですが宿は大変ですね。面白いよよろしく! pic.twitter.com/nWgAR00Wwm

Ki6ujncc reasonably small
九郎政宗 🕊️【∃】🌈🚩🖖@claw2003

@RASENJIN ▼浅草みどりさんみたいだ(@∀@) pic.twitter.com/Q77KJo1Qta

この舞台設定から入るタイプはそこそこいて、やりたい企画の話をしているとなんとなくわかるようになりました。舞台だての話は盛り上がるけど、キャラやドラマになるとなんだかモヤモヤして焦点が定まらない! あるある!
結局、いい設定とはドラマやキャラがすぐに連想妄想できるものなのです。

漫画家にはキャラから入るタイプに構成から入るタイプ、これに加えて舞台設定から入るタイプがいて、ウチはこれです(イコール設定マニアではありません)。これが厄介で、なにかネタを思いついても大半はただの設定でドラマにもキャラにもなってないから役に立ちません。

今まで観たなかでいちばんしんどかった映画はなんじゃろうと考えたら『神々のたそがれ』かしらね……泥まみれのモツを口にどんどん突っ込まれるような体験で、しっかり体調を整えてまたスクリーンで観たい。『フルスタリョフ、車を!』もなかなかで……どっちもアレクセイ・ゲルマンだ。おそるべし。

古墳が後世に城郭として再利用されるの、それで話ひとつ描けるなーと前から思ってるのですよね。

白石区議の素朴なガバガバさ適当さ、『はりぼて』に登場する富山市議たちに通じるものを感じました。地に足のついた思考停止というか……ああいうのと相対するには時間が要りそうです。

@kusahara_m 会見ではあんなに推していたのにさっぱり聞かなくなったあたりに政治家としての嗅覚を感じます。

病院まわりをリムジンで周遊した大統領について

BBCアナウンサー「大統領専用車に同乗していた人に感染することはないのですか」
識者「シークレットサービスはそういう仕事なんですリスクがあります」

京阪はギミックが多くてかっこいい。阪急はどうも端正にすぎるきらいがあります。梅田駅と河原町駅のかっこよさで挽回できているのだけど。

「現実ではありえない」は、作品をつまらないと感じた(もしくはノットフォーミーだった)読者が後付の説明として語っている場合が多いので。どこが合わなかったかを言語化するのは難しいですよ。

いろんな趣味嗜好に価値観の人がいるからこれは一般論だけど、ファンタジー作品で「現実ではありえない」とツッコまれた場合作者の負けです。面白ければそんなん気にしないので。

ナゴルノ・カラバフで戦闘車両が破壊されている動画、つい半日ほど前にその映像のさなかで人が死んでいるかと思うとRTはためらうな。時間が経つと平気で見れるようになるから手前勝手なものですが。

『さもなくば喪服を』はフランコ時代、貧窮から身を起こした闘牛士エル・コルドベスを扱ったノンフィクションで、タイトルは彼が試合の前に姉に語った言葉「泣かないでおくれ、アンヘリータ、今夜は家を買ってあげるよ、さもなければ喪服をね」から。こんな台詞がサラッと出てくるスペイン人よ。

『日本のいちばん長い日』で、偽の師団長命令を用意する際に師団長印を力を込めて押す所作がエロいんですよ。

農地開拓! 発展する国土! みたいなテンションの高さで八郎潟干拓を習ったのはウチぐらいが最後の世代かしらねえ。

「過払金」がロシア人名ぽいというのは素晴らしい発見で、なにが素晴らしいって応用性が広いのです。テギレキンやホショーキンもいる。あとシキンゲンはドイツ人。

兵科胸章を代紋にもらっていたヤーさんがいたとは。日清日露では人夫がたくさん動員されているので、人集めや管理にヤクザ大活躍だった筈。

辻元清美『国対委員長』読了。立憲民主党旗揚げから2年間、与党と国会運営について直接交渉する国対委員長として働いた回想を軸に、野党と立法府について述べた一冊。面白かったです。惜しむらくは安倍首相退陣寸前に書かれた内容で、タイミングを若干逸した感があることかな。shinsho.shueisha.co.jp/kikan/1036-a/

1970年の新日本紀行、漁港時代の浦安。うわあー和船だらけ。

『はりぼて』観てきました。保守王国富山市議会における政務活動費不正受給事件をあばくローカルTV局の取材と、40名中14人が辞任に追い込まれるに至った議員たちの迷走を扱ったドキュメンタリー。とてつもなく面白かったです、お勧め! youtube.com/watch?v=B-eElx…

難しいですね。何度か描けばこなれそうだけど。 pic.twitter.com/RZa74Z7QVs