Twitter 山猫だぶ fluor_doublet | 山猫だぶ (@fluor_doublet) のツイート

これは一度きたことがある。パンケーキを食べた子供が激しいアナフィラキシーで入院。どうやらこの粉が怪しい、と持ってこられた粉を実体顕微鏡で確認。視野いっぱいに蠢く粉!こ、粉に脚が・・いや、これは粉じゃない・・ ▂▅▇█▓▒░(’ω’)░▒▓█▇▅▂ うわあああああぁぁぁぁぁぁぁ

もし、いじめられてる子がいたら大人はどうするのかを検証した動画。

見て見ぬ振りするのではなくしっかり守ってあげる優しい人達。 pic.twitter.com/zfoEtXLRrH

スレッドにします。
四国山地の奥深くには、地図に載っていない集落がある。集落どころか、家屋すら載っていない。そこにはお婆さんが一人で住んでいる。ただし、これらは全て10年前のことだ。10年経った今、集落はどうなっているのだろうか。地図に記載のない『謎の集落』に行ってみた。 pic.twitter.com/Zn87BUaKTl

T6bv4uzi reasonably small
山猫だぶ@fluor_doublet

ぽじこは、うっちーを師匠と崇めた。ちなみに先週末は家に泊まりに来たトンペーの准教授にひどく懐いていたのだ。なつっこいことこの上ない。

T6bv4uzi reasonably small
山猫だぶ@fluor_doublet

飲み会なのに包丁研ぎとピンセット講習。謎な飲み会であった。

昨日MWSの中の人に何本か触らせてもらって超気に入った一本。これは買わねば。 pic.twitter.com/sbM13X4Cxq

さて、今日習った包丁研ぎをじぶんでやってみました。
恥ずかしながら、包丁研ぎは夫がやってくれていたため、ちゃんとした研ぎはこれが初挑戦。
メインの3本のうち、小さいペティと菜切りを研いでみました。

ペティの方はすごく切れるようになった。びっくり。
菜切りは、まだ甘さがある。 pic.twitter.com/zYrMG6Zgj7

T6bv4uzi reasonably small
山猫だぶ@fluor_doublet

ヒジキ。砒酸(AsO4)---が多い。 pic.twitter.com/UFi4tzGM1M

T6bv4uzi reasonably small
山猫だぶ@fluor_doublet

帰ってきました。今日は風が強かったので、磯で同行者の帽子が海に飛ばされ、ぽじこが帽子の行く末を案じて泣くシーンがありました。諦めなさい。アレはおとうさんにも取れません。「おとうさん、あの帽子どこに行ったんでしょうね」と言われても困ります。

T6bv4uzi reasonably small
山猫だぶ@fluor_doublet

うっちーとmwsの中のひとがピンセット談義を始めた。だぶさんは楽しく見ている。

T6bv4uzi reasonably small
山猫だぶ@fluor_doublet

楽しすぎる。

T6bv4uzi reasonably small
山猫だぶ@fluor_doublet

フル改造マシンなんだわ。これ。

T6bv4uzi reasonably small
山猫だぶ@fluor_doublet

飲み会の友達。H。 pic.twitter.com/mM7fxpqNXj

T6bv4uzi reasonably small
山猫だぶ@fluor_doublet

今日は mws の中の人の出版記念飲み会。

T6bv4uzi reasonably small
山猫だぶ@fluor_doublet

Twitter ってのは一次情報がけっこうあるので、第三者が本を書くぶんにはすごく参考になるのはわかるんですが、それで骨子をパクっても、やっぱ140文字なんでペラいんですよ。しかも参考文献が載ってない。わかる人が見ればすぐにバレるなぁ、と思ったのはここだけの話。厚みが違う。

アカニシ、ひとつ写真があった。こんなふうに、貝殻に穴を開けるように買いを割るのは、貝紫の採取しか考えつかない。地中海の貝塚のムレックスの貝殻は、みんなここが割られている。 pic.twitter.com/CF4QB1gDDA

抽出条件が違うのでなんとも言えないんだけれども、地中海で貝紫を採っていたボリヌス・ブランダリスと、日本のアカニシだと、貝紫の量はアカニシの方がはるかに多いらしい。佐々木幸彌氏の実験では、地中海貝紫のそれに比べ、重量基準で50倍近くジブロモインジゴ(貝紫)が得られたらしい。

貝紫染め作業だん。
イボニシ、エゾチヂミボラ、オウウヨウラクなどの、いろいろな貝の貝紫染めにトライしてわかったのは

アカニシ最強

であった。あの純粋に近い色素成分。めちゃくちゃ多い色素前駆体量。最高。
たぶん、地中海のボリヌス・ブランダリスなんかよりはるかに入ってる。

T6bv4uzi reasonably small
山猫だぶ@fluor_doublet

Twitter で紹介したアカニシの貝紫染めによるセーマンドーマン(紀州の海女さんの魔除けのマーク)の話と写真が、小学館学習図鑑NEO「(新版)水の生物」にちょこっと載っけてもらいました。子供向けですが大人にも十分勉強になる図鑑でした。よろしくどうぞ。 pic.twitter.com/Q7mTA8V5Y2

「二択しかない」という思い込みは危険である。アイデアが入り込む余地がない

昨日の特任助教さんの発表の印象的だったスライド。ラボメンバーに秘密で、日曜日にこっそり撮って、ドヤ顔でこのスライドを披露してたww これはうちの発表のイントロにはとても良いなぁ pic.twitter.com/VhjUq9cgTI

ツイッターの使い過ぎ、結婚や恋愛に悪影響 研究 afpbb.com/articles/-/301…

タイトルの情報量が多すぎる上に続きのオチが酷すぎた

"ビールを18本盗んで全部飲み干した豚、泥酔して牛と大喧嘩に - エキサイトニュース" excite.co.jp/news/article/B…

ヤヌスの鏡:「大映ドラマ」不朽の名作が34年ぶりドラマ化 主人公は桜井日奈子 mantan-web.jp/article/201906…

シカゴ美術館で見たペルー(ナスカ)の壺。紀元前180年から紀元後500年。年代が... pic.twitter.com/szbzNnoQGK

#ミネラルマーケット
化け物みたいな藤屋の紫水晶。紫水晶の古典三大産地のもの。

とにかくでかい結晶。どうも最近出たものらしい。

いわゆる清水案件wパイセンに背中を押され購入した。 pic.twitter.com/VhibcZVfXD

北海道)石炭博物館が再開、模擬坑道の復旧は未定 夕張:朝日新聞デジタル asahi.com/articles/ASM68…