Twitter gurucchi gurucchi | gurucchi(gurucchi) /「#haiku」の検索結果

       reasonably small

秋景色様々歌う小鳥おり #haiku #俳句 

昼間、まるで複雑な曲を歌っているようなミソサザイが近所にいたようで、思わずうまいなあと感心。
youtu.be/7MFNuLiqmgw

       reasonably small

陽があれば影も色濃く藤袴 #haiku #俳句 

フジバカマは秋の七草のひとつで奈良時代は「蘭」とも呼ばれた。 pic.twitter.com/LEfHD8WGd8

       reasonably small

南西の明星覚めない夢の跡 #haiku #俳句 

明星とは金星の事。月と並び南西の低空で明るく輝いています。写真は去年12月のもの。 pic.twitter.com/XOJOZPtZvY

       reasonably small

秋雨で日長通奏鳴りやまず #haiku #俳句 

今日は一日雨でした。風が雲を次々と流して、雨の調子も数分で変化していました。 pic.twitter.com/A5usqlPa4S

       reasonably small

秋夜長以心伝心三毛の顔 #haiku #俳句 

風邪っぽくてだらだらと眠っていたのですが、ふと予感がして窓を開けたらサコちゃんの顔。おいでおいで パウチとミルクも出すよ。写真はサコに模様の似た子。 pic.twitter.com/Yndw8O4OIh

       reasonably small

朝寒に地の星ましろき日々草 #haiku #俳句 

交差点の接骨院裏では、ラベンダーやサルビア、紫陽花をプランターで育てている人がいます。今は真っ白なニチニチソウが光るようです。 pic.twitter.com/jjNcVkGIdW

       reasonably small

十月の辻占金の眼烏猫 #haiku #俳句 

昨日の昼前、裏通りの駐車場へゆっくりと歩いていく黒猫を見ました。カギ尻尾のまだ若い子。舌を鳴らすと1度だけ振り向き、またゆっくりと向こうの方へ。 pic.twitter.com/RrRZFHFi78

       reasonably small

玉川の千鳥探して若草橋 #haiku #俳句 

井之頭公園から緑道が続く玉川上水。運が良ければゴイサギやチドリ、ヤマガラが見られるのでした。最寄り駅が三鷹台だった頃は休日の散歩コース。 pic.twitter.com/pUKauuHT9n

       reasonably small

日影濃く夏の尾踏んで神無月 #haiku #俳句 

今日は夏に戻ったような暑さでした。髪を切ってもあまり涼しくならないので、アイスジャスミン茶ばかり飲んでやり過ごし、日の落ちるのを待ちました。 pic.twitter.com/fIb2pYlbvz

       reasonably small

裏道で薫る昭和や落ち葉炊き #haiku #俳句 

東京の田舎には、大きな門と前庭のある古い家がまだあちこちに残っています。裏通りで近道しようと急いだら、追いかけるように焚火の香が漂ってきました。 pic.twitter.com/ltVTzd3L64

       reasonably small

小一時間乗れば憂き晴れローカル線 #haiku #俳句 

昨日からストレス性の眩暈でちょっとくらくらしていたのですが、江ノ電で小旅行する妄想でなんとか。日和の良いうちにまた乗りたい。車内が木製だった頃は小津の映画に迷い込んだ気分でした。 pic.twitter.com/s6jUM9hilZ

       reasonably small

日は強く風は冷たく秋の薔薇 #haiku #俳句

近所の病院生垣に、天使の落とした羽の1枚にも似た白い薔薇。ここ数日の日和で満開になりました。 pic.twitter.com/0bnpadvKql

       reasonably small

幻の鹿群れ駆けて神無月 #haiku #俳句 

秋の奈良に行ってみたいな 飛び跳ねる小鹿を見たいなとふと。写真は竹内栖鳳の屏風「夏鹿」。六曲一双の大作。 pic.twitter.com/fMTia4gT1r

       reasonably small

疫長く街頭時計の針止まり #haiku #俳句 

救急病院屋上近くの壁にある飾り大時計は、
ずっと12時のまま。新聞代理店の柱時計、バス停のスタンド時計と街中のあちこちで時計が止まって久しい。コロナも下火になったそうで、これから少しずつ皆元気が出てまた時が動くかな。 pic.twitter.com/SlmYCoHmOV

       reasonably small

薄墨の一筆長く秋の雲 #haiku #俳句
 
6時前、夕方の雲は風に伸びて空に長々と浮かび、ゆっくり動いていました。木版画にしたらきれいだろうなあと病院中庭でしばし鑑賞。 pic.twitter.com/3zxeOmzWvg

       reasonably small

小嵐に猫座布団で餅となり #haiku #俳句 

一度何処かへ行ったと思ったらえいたろさん、ちゃっかり昼寝用長座布団で毛布にもたれてグルーミング。白く丸い背中が鏡餅のようです。写真はえいたろさんがスリムになったよなイケメンを拝借。模様がとても似ています。 pic.twitter.com/SV4wyvSx7g

       reasonably small

嵐前猫薔薇頭痛の無事願う #haiku #俳句 

外猫達はちゃんと普段から避難場所があると思うのですが、ゴハン食べに来れないなとか、病院生垣の秋薔薇がんばれとか自分の頭痛とか。少しでも進路がそれて欲しい。 pic.twitter.com/gpVweIv2GH

       reasonably small

手のひらにぽとりと夕日や熟柿食む #haiku #俳句 

熟れてゼリーのように透き通った熟柿(じゅくし)をスプーンですくって食べるのが好きです。今日の夕日のような、どこまでも照らす赤い色をしています。 pic.twitter.com/wzX63Zcb7a

       reasonably small

上階のカナリア夜長に歌い出す #haiku #俳句 

上階のどこかの部屋で小鳥を飼っている人がいるようです。夜ふけに台所仕事をしていると、その人が帰宅したらしく楽しげな鳴き声が聞こえてきます。 pic.twitter.com/GFqFtyF0EV

       reasonably small

外猫が秋の夜ぬくしと庭におり #haiku #俳句 

えいたろさん、晩ごはん食べてそのままジョイントマットでウトウト。入っておいでと名を呼べば伸びとアクビでお返事。只なんとなくここにいたいようですよ。 pic.twitter.com/wPdegQ7qV3

       reasonably small

荒庭に犬蓼点々落とし紅 #haiku #俳句 

イヌタデの実、そういえば赤マンマっていう別名でしたっけ。離れて眺めれば何だか使った後の水彩筆を払ったような赤い点々。地味ながら可愛いのでした。 pic.twitter.com/dn5uLGCfQm

       reasonably small

さくさくと夢でも料理や芋の皮 #haiku #俳句 

ウトウトしていたら料理する夢を見ました。芋の皮を剥いたりレタスを重ねて四角に切ったり。夢なんだからもう少し非日常に出会いたい。 pic.twitter.com/5poa39rQfc

       reasonably small

夕前に老猫律儀の日参顔 #haiku #俳句 

えいたろさん昼間は毎日どこにいるんだろうな。過ごしやすい時間になってからは、ウチの庭前に6時間程滞在しています。写真はまだまだ寒い時期の昼間。ウチで小一時間まったりしていきました。 pic.twitter.com/A7xg8gakk0

       reasonably small

薔薇の実の色づき始めにそっと触れ #haiku #俳句 

すぐ側の救急病院生垣に、まだオレンジ色になりたてのような薔薇の実が成っていました。人差し指で持ち上げるようにそっと触ってみる。意外と重かったですよ。 pic.twitter.com/xVjypbgtYa