Twitter gurucchi gurucchi | gurucchi(gurucchi) /「スチューベン」の検索結果

       reasonably small

今日の朝昼ごはんは、豆腐とトマトの中華風卵炒め。味付けはごま油エビ塩中華顆粒スープ。エビ塩はピリ辛。大きな完熟トマト、八百屋的にはサービス品扱いでうきき。こういうのが美味の。トーストはジャムを乗せる台。IKEAのリンゴンベリージャムが大瓶なので早く食べないと。ぶどうはスチューベンpic.twitter.com/LpqKVU1Dfc

       reasonably small

今日の朝昼ごはんはトマトと卵の中華炒め。青ネギも入れる。オレンジパンのトーストが黒焦げ寸前でギャー!うす甘いパンなのですぐに色がついてしまうのでした。上にクリームチーズどん!残り物のトマトと野菜のスープは大根入り。デザートのぶどうはスチューベンpic.twitter.com/QL2aGEysP5

       reasonably small

舌の上 酸味愛らし 黒葡萄 #haiku #俳句

もうすぐ冬のぶどうスチューベンの季節。青森で多くつくられているそうで、昔ながらの少々小粒で酸味と甘みがとても濃い美味しいぶどう。 pic.twitter.com/GBfWFJecIr

       reasonably small

なんでもあるものを入れてしまったので、どうなることかと思ったケーキは案外美味しかったです。中に林檎みじん、上に林檎スライス。クリームチーズにヨーグルトにラムレーズン(2年漬けたもの)。林檎の水分でしっとり。生の葡萄は青森のスチューベンpic.twitter.com/jcveFxiGGq

       reasonably small

七草ならぬ五種位の中華粥。落とし卵はトロトロの半熟。煮しめラスト。苺とミニトマト、安売りしていたブドウはスチューベンで少しずつ食べている。 pic.twitter.com/ImMllsoOSz

       reasonably small

ちょっと小粒なスチューベンという黒ぶどうが美味しい。濃い甘みと後味に残る少しの甘みがいい感じ。ちゃんと種のあるぶどうを食べるのは久しぶりだ。東北地方の寒冷な地域で栽培されるぶどうで、今時分が出回るラスト時期。値段も手ごろ。 pic.twitter.com/3hjy4mqw4h