Twitter ズンドコ侍 hajike_dq | ズンドコ侍(hajike_dq) /「hajike_dq」の検索結果

本日2019年9月9日をエレンイェーガーくん世界を抱いた記念日とする

A1ezadrx reasonably small
ズンドコ侍@hajike_dq

これは別垢であげたかむくん pic.twitter.com/CFOnwzkULt

A1ezadrx reasonably small
ズンドコ侍@hajike_dq

🙈🙈🙈🙈🙈🙈🙈🙈 pic.twitter.com/iY856eMbvk

A1ezadrx reasonably small
ズンドコ侍@hajike_dq

だれじゃRTしたの~~~~~~草
踊ろうぜ! twitter.com/hajike_dq/stat…

A1ezadrx reasonably small
ズンドコ侍@hajike_dq

お前一人で座標使えるんか~~~~~~~い!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!ワロス
ほんとに自分を愛してくれる肉親としての弟を求めていただけだったんだな twitter.com/hajike_dq/stat…

A1ezadrx reasonably small
ズンドコ侍@hajike_dq

あっごめんこれも好き
「ただそれだけだったんだオレ達は」めちゃ良くない??その日を境に二人の関係は明らかに変わってしまったのだと twitter.com/hajike_dq/stat…

A1ezadrx reasonably small
ズンドコ侍@hajike_dq

ほんほんほんそれそれそれ
顔だけなら優しく誠実そうなのに、ちょっと常人には理解できない信念だとか夢だとかを抱えてる攻めが好きなんだよ あるみんくんとえるびんくんね twitter.com/hajike_dq/stat…

アルエレに限らず、少し自分本位な攻めに呆れながらも「しょうがねぇ」とかなんとか言って付き合ってくれる受けが好き。受けが攻めを見捨てないという点で成り立つカプが好き。エレンが奪還作戦前夜に「しょうがねぇ そりゃ実際見るしかねぇな」と返すのとか…(約束だからね!?絶対だよ!!)

いじめっ子から逃げて助けを求めたっていいのにアルミンはそれをしない、エレンはそこを尊敬してるから対等な友達でいるし毎回助けにくるんだけど、アルミンとしては「助けられる」こと自体が劣等感の原因であり「僕とエレンは対等じゃない」と思い込んでしまっていたのがよしお…………

アルエレ、自分が死ぬ時(初陣と勇者)にお互いのことしか考えてないのヤバいですね~~~~~

あるえれ、他ジャンルの方は「あ〜カワイイ系幼なじみね!」ってなると思うけど実際は地獄の相互激重感情なんですわ。エはアを庇って死ぬし、アはエに全てを託して死ぬ。しかも寿命が決まってる。最近殴り合いの喧嘩もしたけどお互いのことよく分かってない。相棒ちゃん💓では全くないのがいいね

A1ezadrx reasonably small
ズンドコ侍@hajike_dq

乗り遅れるなよ!!!!!!!!!!!! twitter.com/hajike_dq/stat…

ジークお兄ちゃんは「エレンにとってのクサヴァーさん」であろうとしていたが、本当に欲しかったのは「クサヴァーさんの代わり(=父親)」であった。グリシャの愛を受けた時点で後者が満たされエレンは必要なくなった。よって座標の力を発動させたということ……

やっぱうりけにはおかしいんだよ 脳直で殺してくる

A1ezadrx reasonably small
ズンドコ侍@hajike_dq

ずっと同じこと言ってるな twitter.com/hajike_dq/stat…

アルミンが引っ込み思案で気が弱くてエレンに振り回されてる男だと思ってたら大きな勘違いだかんな。あいつもそれなり頑固でめんどくさい男だからな、だからエレンと仲いいんだぞ

感じなのが激烈に萌だし、だから私はアルエレを推してるんですよね、、、、、、、可愛い顔して頑固な攻めと意外にもそれを尊重して譲歩してくれる受け、、、、誰に対しても、ではなくてアルエレは互いに対して特にそんな態度をとるから「仲が良すぎて噂になる」てわけね。萌。萌and DEAD。

エレンもアルミンも負けん気がクソクソクソ強くてそれが街のはみ出し物同士で仲良くなった所以だと思うんですけども、2人が話す時はアルミンの方が「そんなこと言ってる場合じゃないんだ!」「見てろよ!絶対だよ!」押しが強いというか、やはりエレンが「しょーがねぇ」と折れることで上手くいってる

A1ezadrx reasonably small
ズンドコ侍@hajike_dq

こちらがワイの人生狂わせ人(くるわせびと)の方々で~す ギュム pic.twitter.com/J58rLmNxJO

そう気づいた時「尊敬し焦がれた彼も自分と同じ低俗な存在だったのか」と嘆くのではなく、触れたくて手を伸ばしてきたそれが意外に"ちっぽけ"であるのが呆気なくてそれでも嫌だとは感じなくて、つい笑ってしまう心の動きがさ~~~ハァ~~~

普通の人間に神の力は手に入らない。人生をかけた夢があっけなく終わる。死にゆく時、走馬灯のように彼や家族の記憶が蘇りふと気づいたことがある。そうか、彼も自分も最初から同じであったんだと。何かを求めもがき苦しむ人間らしさという点において自分たちは等しい存在であったのだと