Twitter ハラダサヤカ haradahayanari | ハラダサヤカ (@haradahayanari) のツイート

        reasonably small
ハラダサヤカ@haradahayanari

@sumiyowingcat もう4年も老けたのか……(笑)一日一日で様子が変化してこっちは気が気でないですよね。
むつみさんちの🐱ちゃんのお薬頑張ってる話、可愛くて大好きなんでまた聞かせてくださーい!

        reasonably small
ハラダサヤカ@haradahayanari

すこしだけ寝ます。

        reasonably small
ハラダサヤカ@haradahayanari

おすましひゅうすけ。 pic.twitter.com/CONSZF0y0X

        reasonably small
ハラダサヤカ@haradahayanari

中等部の2年生から編入じゃんね。2学期て……なんかぼーっとしてました。すみませんです。

        reasonably small
ハラダサヤカ@haradahayanari

サギョウニモドリマス。

        reasonably small
ハラダサヤカ@haradahayanari

ひゅうすけの看護ノートの、丁度1年前の今日のページを見たらば『体重がどんどん減ってる……』て書いてあって、何が起きるか分からんなと思った。今もお薬4種類は飲んでるけども、あの頃は6種類も飲んでいた。1年元気に頑張ってる。ありがとよ。 pic.twitter.com/7ipggvAQZF

        reasonably small
ハラダサヤカ@haradahayanari

そういえばリオも蜂矢も博愛主義者だし。揚羽は系譜に恵まれたのかもですね。私は人見知りの猫友達女だけれど、人との出会いって素晴らしいってことは分かる。良かったね。

        reasonably small
ハラダサヤカ@haradahayanari

@writers07 運痴だから物書きになったような私には……ちょっと、刺激強い映像すぎてリプライしちゃいました。思わず(笑)!

        reasonably small
ハラダサヤカ@haradahayanari

またの機会がありましたら、また星箱にて彼らと遊んでいただけたら幸せです。
有難うございました。

        reasonably small
ハラダサヤカ@haradahayanari

星箱SSについて頂いたリプライ拝読しております。有難うございます。インスタにご感想下さった皆様も、有難うございます。読んでます。
SSは台詞だけなのでアニメ本編に比べれば些細な出来事を描くことしか出来ませんが、それで彼らを好きにな… twitter.com/i/web/status/1…

        reasonably small
ハラダサヤカ@haradahayanari

ツイート数整理したかったのですが、ちょっと手が回らなくてすみません。今年に入ってから特に拙いですね、遅刻するし。人目に触れるのにすみません。ほんの気持ちなので悪しからず!

        reasonably small
ハラダサヤカ@haradahayanari

2年MS組が揺れた第3期。間違いなく、あの、あの揚羽が、カンパニーに欠けていた最後のピースを拾いあげてくれました。あの揚羽が……感慨深いです。大好きな人も大嫌いな人も入り混じったたくさんの友達に囲まれて、賑やかな誕生日を迎えてくれていたなら、それが何より嬉しいです。おめでとう。

        reasonably small
ハラダサヤカ@haradahayanari

お月様は偉大。でも揚羽の感性を豊かにしたのは瞬くまだ小さな星たち。そっと寄り添った温かな星、チカチカ元気な星屑、そして、いつもは傍にいないけれどすれ違うといつも「元気してる~?」と声をかけてくる彗星? フラフラしている尻尾引っ掴んで、フラフラすんな!と喝をいれた揚羽、痺れました。

        reasonably small
ハラダサヤカ@haradahayanari

そんな揚羽の心の師が出会った人全てを慈しむプリンス月皇であったことは良い巡り合わせでしょうか。彼は揚羽に、振り返るべきだと言いました。あの時、いらないと置いてきた人間関係の中に、今見ると、必要だったものがあるかもしれない。それを見極める力が、今の揚羽にはきっとある、と言いました。

        reasonably small
ハラダサヤカ@haradahayanari

揚羽にとっては、音楽コースに行ってから出会った辰己や申渡、高等部で出会った楪や蜂矢たち、星谷たち、そして月皇遥斗――自分に大きな変化をもたらした彼らこそが重要なものであり、普通科にいた頃に周りにあったものたちは全て『必要なかったもの』として顧みることもしてきませんでした。

        reasonably small
ハラダサヤカ@haradahayanari

それが世紀の大裏目に出て、些細なことから(?)南條は揚羽の天敵となってしまったのでしたが――揚羽は機会があって観劇した高等部の卒業記念公演をきっかけに、ミュージカル俳優を目指すようになり、中等部1年の2学期から、さっさと音楽コースに編入をしていきました。

        reasonably small
ハラダサヤカ@haradahayanari

独りぼっちにしておきたいわけではないけれど、かといって気軽に声をかけるのにも勇気がいる、いわゆる浮いた存在だったのだと思います。人格者で生徒たちから慕われていた定年間近のおじいちゃん先生も、そんな揚羽を気にかけて、クラス委員長の南條に折に触れて揚羽のことを頼んでいたようです。

        reasonably small
ハラダサヤカ@haradahayanari

綾薙学園の中等部に入学したばかりの頃の揚羽はまだ音楽コースではなく普通科に通っていました。音楽は嫌いではないけれど、大好きというものでもない。好きなものにしか興味を示さず、他のものは眼中になし。クラスメイトからすれば、嫌な奴ではないけれど、かといってどういう奴かも分からない――

        reasonably small
ハラダサヤカ@haradahayanari

1期――には登場しませんでしたが、確実にあったはずの揚羽の1期。眩しい羽化を遂げた2期。そして3期。3期の揚羽といえば「やる? スト」と言った過激な所も大好きですが(笑)やはり5幕での姿に思い入れがあります。実は5幕の前日譚として書いたのが星箱SSでのクラス会のエピソードでした。

        reasonably small
ハラダサヤカ@haradahayanari

拘りの強い性質はそのままなので、知らないものを吸収し、選び取り、自分のものとする、そのスピードはとってもとってもゆっくりで、頑固に見えることもあるかもですが、それが揚羽。変わった揚羽も変わらない揚羽も、私はとても好きなのです。蜂矢も甲本も蟻坂も蛍灯も、同じ気持ちでないでしょうか。