Twitter 瀬尾はやみ hayamiseo | 瀬尾はやみ(hayamiseo) / 2018年6月26日のツイート

Btbxk9nr reasonably small
瀬尾はやみ@hayamiseo

スパナチュとBBCシャーロックやっぱすげえなあ。 >RT

英語圏の方々が扱う人気二次創作カップルTop100のようです。
2017年のハリエグ/エグハリは84位。
前年から2ランクダウンだったようです。
centrumlumina.tumblr.com/post/150909807… pic.twitter.com/DXIQaZlkB5

Btbxk9nr reasonably small
瀬尾はやみ@hayamiseo

@t0riot0k0010 (国外に逃げる)(台湾行きたい)

Btbxk9nr reasonably small
瀬尾はやみ@hayamiseo

@t0riot0k0010 公安の協力者になった覚えはない(ぽいちょ)

Btbxk9nr reasonably small
瀬尾はやみ@hayamiseo

賢一……KEN-ICHI……

【EDIFICE】
『UOMO×EDIFICE』 俳優滝藤賢一が驚いた、新素材ソロテックス デイリーセットアップ #UOMO #滝藤賢一 #SOLOTEX 商品詳細はこちらから→bit.ly/2pHRqZG pic.twitter.com/Qb7WulErIZ

Btbxk9nr reasonably small
瀬尾はやみ@hayamiseo

「あいつとしたいことがたくさんある、それから、それから、それから、それからーー」みたいなの、モノローグ直後に“あいつ”の死体が転がってるパターンだと思うじゃん

Btbxk9nr reasonably small
瀬尾はやみ@hayamiseo

花のち晴れ、モノローグの畳み掛けっぷりにどっちか死ぬのかと思ったら死ななかった

Btbxk9nr reasonably small
瀬尾はやみ@hayamiseo

宇多田ヒカルの声でう〜〜るさ〜〜いほ〜〜どに〜〜たか〜〜なる〜〜胸〜〜が……♪って歌われたらそれだけで揺さぶられちゃうもんな

Btbxk9nr reasonably small
瀬尾はやみ@hayamiseo

あとUOMOの中では「キボンヌ」が現役でビックリしました。

Btbxk9nr reasonably small
瀬尾はやみ@hayamiseo

ところでUOMO8月号、『滝藤賢一主演「ショーパン刑事」』と題した特集で滝藤賢一がショーパン刑事に扮して様々なショーパンを穿いているのでおすすめです。なんなんだこのフェチ企画。ショーパンから惜しげもなく伸びる賢一の脚はUOMOを買って確かめよう。 pic.twitter.com/7bN0ULlDh8

Btbxk9nr reasonably small
瀬尾はやみ@hayamiseo

物語に執着してしまうタイプのオタクは常に物語化の欲望を自覚せねばならない……

Btbxk9nr reasonably small
瀬尾はやみ@hayamiseo

他者から一方的に物語を押しつけられたり、他者の物語に取り込まれたりすることはあるかもしれないけど、自分で自分にわざわざ物語を課さなくてもいいんだよなって。

Btbxk9nr reasonably small
瀬尾はやみ@hayamiseo

変なこと言うけど、どんな個性があろうとどんな人格だろうと、自分が生身の人間で虚構のキャラクターではない以上、わざわざ物語を背負わなくてもいい事実にほっとする

Btbxk9nr reasonably small
瀬尾はやみ@hayamiseo

『あげくの果てのカノン』の境先輩のモノローグ、『少女革命ウテナ』で初めてアンシーの心の声が聞こえたときのようなゾワゾワ感なんだよな

Btbxk9nr reasonably small
瀬尾はやみ@hayamiseo

『あげくの果てのカノン』、主人公の恋と崇拝の相手である境先輩はエイリアンと戦う男であり、身体の一部を失うほどの怪我をして“修繕”される度、性格や嗜好が少しずつ変わっていってしまう。『最終兵器彼女』のちせの男版じゃんそういうの欲しかったのよと呑気にはしゃいでいるとまた地獄が待っている

Btbxk9nr reasonably small
瀬尾はやみ@hayamiseo

『あげくの果てのカノン』、不倫ものだと聞いていたので若干の他人事スイッチを入れたまま読んだ結果、実在する生身の人間を「推し」として一方的に欲望したり持て囃したりしたことのあるオタクは拳骨食らった気持ちになりました。
amazon.co.jp/dp/4091875904/…

Btbxk9nr reasonably small
瀬尾はやみ@hayamiseo

@yaoipops 生きてる限り出るのよ アッハッハッハッ 嫌になっちゃう生存が アッハッハッハッ

Btbxk9nr reasonably small
瀬尾はやみ@hayamiseo

尿、出しても出しても出るな。笑っちゃうよ。

Btbxk9nr reasonably small
瀬尾はやみ@hayamiseo

伝説のエロゲ『さよならを教えて』のあの注意書きは作品にハクをつける意味もあったんだろうけど、プレイしてから読み返すとかなり誠実な注意喚起だなこれ……と思う

Btbxk9nr reasonably small
瀬尾はやみ@hayamiseo

で、不謹慎ポルノからR-18要素抜いたようなブツを全年齢向け作品として地上波で流すのは何をかいわんやって話なんですよ。

Btbxk9nr reasonably small
瀬尾はやみ@hayamiseo

誘拐監禁事件をポルノ化したフィクション『完全なる飼育』は当然R指定だけど、現実の事件に対する一部成人の反応見てると、R指定してもなお「誘拐犯と被害者のロマンスは完全なるフィクションです」って注意喚起が必要じゃないかと思う。申し訳程度の「この物語はフィクションです」以上に徹底的な形で

孤島に復讐したい相手を5人も6人も呼び出して殺すような現実の犯人がいないことに甘えているとは自分でも少し思う

俺はバラバラ殺人とか表現する側の人間だが、「果たして、今の日本に少女誘拐監禁作品を余裕を持って解釈できる人なんかいるのか?」と思うと怖い。表現を受け取る相手を信用できない

「ギレルモ・デル・トロは名誉日本人だ(大意)」といった表現を使う人も多いけど、全世界の多種多様な文化の素晴らしさを包括する深い教養こそが彼の真価だと思う。

1927年(昭和2年)の『少女の友』に掲載された「チャンピオン」という短編小説です。
主人公の陽子は、三越で買った38円もする高価な洋服を早く着たくてたまらず、学校へ着て行き友達に自慢しますが・・・都会の女学生を描いており、また絵がスカートが非常に短く何となく今風です。 pic.twitter.com/PeVbLXYlMA

Btbxk9nr reasonably small
瀬尾はやみ@hayamiseo

@chawanmushiiii_ 命は巡るぜ🍗🥩🍖🥓

Btbxk9nr reasonably small
瀬尾はやみ@hayamiseo

@chawanmushiiii_ それはキンチョーするな……慣れるまでファイト🐪🦌🐊

Btbxk9nr reasonably small
瀬尾はやみ@hayamiseo

ウィキペディアのマオカラースーツのページ、トップの参考画像が服部先生の写真なの、なんかイイな。
ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E… pic.twitter.com/jU0aIlIWrU