Twitter 瀬尾はやみ hayamiseo | 瀬尾はやみ(hayamiseo) / 2019年6月19日のツイート

Btbxk9nr reasonably small
瀬尾はやみ@hayamiseo

え〜〜架空の人物について考えてるとめちゃくちゃ元気になる……え〜〜〜〜架空の人物について考えてるとめちゃくちゃ元気になる〜〜〜〜!!

Btbxk9nr reasonably small
瀬尾はやみ@hayamiseo

@aoici_ がんばってためます💪

@aoici_ 原島万二のキャラ解釈、個人的には2パターンあって
①自分の魅力を低く見積もっているが全く自信がないわけでもない、ニュートラルな男
②魅力ゆえ不本意な目に遭わされることもあり、大人になるまでに必死でコントロール法を覚えた元オム・ファタル

Btbxk9nr reasonably small
瀬尾はやみ@hayamiseo

@aoici_ やったあ🌹✨

Btbxk9nr reasonably small
瀬尾はやみ@hayamiseo

@aoici_ 原島万二のキャラ解釈、個人的には2パターンあって
①自分の魅力を低く見積もっているが全く自信がないわけでもない、ニュートラルな男
②魅力ゆえ不本意な目に遭わされることもあり、大人になるまでに必死でコントロール法を覚えた元オム・ファタル

Btbxk9nr reasonably small
瀬尾はやみ@hayamiseo

ふとしたときにとんでもない色気というか輝きを放つので二度見されるが、二度目にはいつもの原島万二が「……どうか、しました?」と訊いてくるので、今のアレは何だったんだろう、幻覚……? 自分は課長のことが好きなのか……? と本人の与り知らぬところでモブを悶々とさせる原島万二。

Btbxk9nr reasonably small
瀬尾はやみ@hayamiseo

@snowdooog 🦐💦三 🐕三 🐩三

Btbxk9nr reasonably small
瀬尾はやみ@hayamiseo

@snowdooog ✨🐕💞🐩✨

Btbxk9nr reasonably small
瀬尾はやみ@hayamiseo

@snowdooog 今度はえびマヨとえびチリ食べたい🦐✨✨

あとがきにも書いたんですが『怪談 奇談』、元ネタにどれくらいまでアレンジ入れていいのか編集Tさんに一応確認したら「うーん、男性が妊娠出産するくらいまでならオーケーだと思います」と言われ、その「まで」、わりとハバが広いなと思うなどしました。

Btbxk9nr reasonably small
瀬尾はやみ@hayamiseo

@snowdooog 新橋の胡椒饅頭KIKIってとこ! えびの生こしょう炒めも餃子もおいしかった。
s.tabelog.com/tokyo/A1301/A1…

Btbxk9nr reasonably small
瀬尾はやみ@hayamiseo

試写会と酒と飯。 pic.twitter.com/L0znYfJFZr

【骨と十字架】「宗教と信仰の問題に加え、時代を大きく変える戦争などにも触れる内容ですが、重く暗い作品にはならないと思っているんです。」

作者の野木萌葱さんの紙面インタビュー公開!
信仰と学問の狭間で揺れる男たちの会話劇です。ぜひお運びください!
#ほねじゅう

nntt.jac.go.jp/play/news/deta…

Btbxk9nr reasonably small
瀬尾はやみ@hayamiseo

クロウリーがアジラフェルに対して怒るとき、「俺たちは俺たちだろ!」という怒り方をするのが本当に好き。

Btbxk9nr reasonably small
瀬尾はやみ@hayamiseo

アジラフェルがfraternizeと言ったときクロウリー怒るけど、fraternizeって敵同士の友情によく使われる言葉なのね。管鮑の交わりみたいな……?

それを示唆する描写はちゃんとあったので読解力に不安を覚え、自分は「セクシャリティが明かされていないキャラクターが必ずヘテロなわけはない」と思ってるけどーどうせ世間はそうじゃないもんなーと斜に構えていたところを現実に追い越され、結局ヘテロノーマビリティに陥っていたのは私、敗北

青年漫画で地位のある既婚者男性が別の男性にやたら執心する描写があって、腐女子だからBL変換しちゃうけどどういう意図かなこれー?と思っていたら、後の展開でその男性キャラがゲイでほんとにその男性に恋をしていたことが明かされ、オタクとして人として敗北感で膝をついたことがあります

Btbxk9nr reasonably small
瀬尾はやみ@hayamiseo

最近の自転車マジで静かでビビる。頼むからチリンチリン鳴らして……

「ローカルルール」という言葉を聞く度、世にも奇妙な物語のこの回を思い出す。 yonikimo.com/301.html

それが昨今のツールによって全く新しいところに即時的に届くようになってしまったので、「うちで信仰してるルールと違う!異教徒は殺せ!」みたいなことが、異教徒とも認識されずに「私たちは人間で、私たちと異なるものは人間ではないから、人間ではない奴を殺せ!」くらいの温度で行われる

だから合理性や論理性とは別に、感性としか言いようのない部分で行動が決まることは多々あるし、ものすごく雑で乱暴な視点でいうと今まではそれでもめないくらいには各所の場が閉じていて明文化されていないルールがその狭く閉じた場の中で共有されていたんだろうけど、

もしくは炒った大豆は道路に撒けるけど、炊きたての白米を道路に撒くことはきっとできない 今年の節分で撒いた豆より白米の方が量的にカロリーが少ないとかなんとかどれだけ論理的な説明をしてもらっても私の中の信仰心によって炊きたて白米を道路に撒けないし、撒けない理由をたくさん後付けしちゃう

これ、自分と違うロジックの他者を見てると「なんでそんな無根拠な『神のいない信仰』を盲信できるんだろうな、全然合理性がない」と思うけど、私自身も結構持っていて、まあこれは神のいる話になるけど、例えば先祖の墓にケツつけて座れるかって言われたら座れない そこに本人がいないと知ってても

だから「@@という場において@@という行動をしてはならない」という話の大半は、「@@そのものが決定的にアンモラルである」というケースは少なく、「@@という場における@@という行動は神のいない信仰の盲信者たちを刺激する可能性が高いから」という理由だったりするんだと思う

@ymk_katana でも本当は信仰だから「Aという理由でダメ」という話があった時に、じゃあAじゃない状況ならいいのか?と問うてもその人は「いやたとえAじゃ無くなったとしてもダメ」になるんですよ なぜならその人にとっては「ダメだからダメ」という確固たる信仰があるから

@ymk_katana この「神のいない信仰」のタチが悪いところは、信仰してる人たちが自分にそんな強い信仰があると自覚できていなくて、「ダメな理由があるから、その理由をもってしてダメだと思っている」と順番を逆に認知しているところ

私はよく「神のいない信仰」と呼ぶんですけど、もう完全に「なぜダメかと言われたらダメだからダメ」みたいな閉じたトートロジーで価値付けされてしまった何かがあるとして、そこから逸脱しているように見えるものは全て絶対的に悪になっちゃう、みたいな構造があるよなと思う