Twitter 瀬尾はやみ hayamiseo | 瀬尾はやみ(hayamiseo) / 2021年3月27日のツイート

Z95vlpss reasonably small
瀬尾はやみ@hayamiseo

『子午線の祀り』、義経が兄からの承認に飢えているがゆえに「俺は鎌倉殿の弟だ」と繰り返し主張することが、梶原景時はじめ他の御家人には、自分たちを萎縮させる由々しい振る舞いと映っているのもなんか……ままならねえんだよなあ〜〜!!!
戦場の男と男ままならぬ(575)

ハッシュタグできててびっくりしました。ありがとうございます。何もできないので、お礼にシェイクスピアの話をします。 #さえぼう先生への二次加害に抗議します

Z95vlpss reasonably small
瀬尾はやみ@hayamiseo

@snowdooog たぷたぷでフワフワ。

Z95vlpss reasonably small
瀬尾はやみ@hayamiseo

接地面のこの、たるみがめちゃくちゃ愛おしい。 pic.twitter.com/wPxGLNpv6e

Z95vlpss reasonably small
瀬尾はやみ@hayamiseo

愛犬、トリミングしました。画像はトリマーさんに撮ってもらった写真2枚と、寝癖で左マズルがぺたんこになった現在の愛犬。 pic.twitter.com/X8bcMOmMd1

Z95vlpss reasonably small
瀬尾はやみ@hayamiseo

民部のあの「重い男」っぷりを見事に演じている村田雄浩の凄さ。

義経を演じる成河氏の体格と声質が本当に完璧の璧の璧だったこともあって、兄に愛されたいのに愛されない、少年の命と身体を張った無謀な献身の健気さと虚しさが際立つ……

民部が知盛と初めて会った日のことを語るシーン、完全に「第一印象から決めてました、あなたが私の運命です」宣言よな……民部はそのときからずっと彼なりに知盛を支えてきたし愛してきたんだなとわかるからこそ切ねえ。報われない愛は毒のように人を内側から蝕む。義経もまた同じ毒が身体に回っている

ポストトークで村田さんが「数日前までは(緊急事態宣言で客席が50%だったから)スッカスカだったんです、だから涙出てくる…」、「この中で一番知盛を愛しているのは私、それなのにあの人(まんさいさんが私を)斬ろうとするんです」 村田民部の愛が凄い話、そしてそれを聞いて笑ってる知盛様の構図最高w

続)私も民部はユダだと思うんですけど、「お父上に仕える身として10代のあなたを見初めたときからずっとあなたが推しでしたのよ総大将、え、女? 溺死しましたな〜。え、嫡男? 知らんですな〜」からの「俺と逃げよう」言って宙に浮くバーチャル日本国を幻視させてくるユダ、本家のユダよりなお厄介。

Z95vlpss reasonably small
瀬尾はやみ@hayamiseo

あと2021年版『子午線の祀り』の義経は、頼朝への慕情と空回りが強調された分、2017年版よりさらにアスカ度が増してましたね。エヴァに乗らない自分に価値はないと思ってるアスカ、戦功をあげることでしか兄と繋がれないと思ってる義経……

Z95vlpss reasonably small
瀬尾はやみ@hayamiseo

影身の内侍の存在が、知盛と民部の決裂を招く。平家の滅亡に繋がるその事象を影身が背負ってきたとしたら、影身という人物そのものが運命の化身ですよね。しかしこの考え方には、女性に「ファム・ファタル」とか勝手に名づけて一方的に責任を押しつける態度に非常に近い嫌な側面もある。

Z95vlpss reasonably small
瀬尾はやみ@hayamiseo

2021年版『子午線の祀り』を観て改めて感じたのは、影身の内侍は宇宙や永遠といった、たまゆらに生きる人間の手には届かない大いなるものの象徴的な役割も持っていて、滅びゆく運命にある知盛が強く惹かれるのは哀しい必然なんだろうなということ。てか、そうとでも解釈しないと存在が唐突で……

Z95vlpss reasonably small
瀬尾はやみ@hayamiseo

フォロワーと通話してて「あ、ベビードールの話に戻るんですけど」と言ってから、ベビードールがセーブポイントになってる会話ってなんだよと思った

昨日、瀬尾さんと「子午線の祀り」の義経公について話していて、彼はお兄さんからの愛や承認を求めてやまなくて、結局それは手に入らないと私達観客は知っているからこそ哀しいよねと改めて思う。彼の背中を弁慶をはじめとする臣下は温かく見守っていて彼等の「愛」の方がよほど貴重に思えるところも。