Twitter 瀬尾はやみ hayamiseo | 瀬尾はやみ(hayamiseo) / 2021年4月3日のツイート

そして、「日本の医療では」という言い方が現状と大きく乖離しているのなら、先生方の「主語が大きい」とのご指導を待つまでもなく「それは違う」「日本でも産婦人科医療における適切な苦痛の緩和は普及している」「先進諸国に劣らない」という声が自然に広がったでしょう。大衆は愚昧ではないです。

「日本の医療が」「海外では」そんなにおかしい言い方ですか?私はそうは思いません。産婦人科を受診する中で当然のように強いられてきた痛み、尊厳を認められない苦痛について、多くの人が声をあげた。それは「日本の医療」の場が、今なお、そのような状況にあるからではないでしょうか?

また、「建設的な議論」を云々するなら、医師の方の言及の仕方こそ、発言者の意図を踏まえた問いかけであるべきだった。それを「よく調べもせずに騒ぎすぎ」だと、「日本でもやっている」「医師も人間なので心が折れる」とぶつけた。「どっちもどっち」で両論併記ができるような流れではない。

この件で「どっちもどっち」というのは、声を上げた側へのトーンポリシングにしかならない。日本の医療、海外、そりゃ、括りが大きい言葉ですよね。でも、その言葉選びは、まったくもって、事の本質ではない。ここで「主語が大きい」を持ち出すのは、揚げ足取りでしかないです。 twitter.com/papurika_dream…

H46gk4f5 reasonably small
瀬尾はやみ@hayamiseo

@haru_5551love 大ヒット漫画ですから社会への影響力があるわけで「一人一人が強制的に読まされるわけではないから」と割り切れるものでもないんじゃないかなと思います。色々議論はありますが、日本が戦時中に行った他国への加害行為をちゃんと振り返ってると言い難いあたりも禍根を残してるんだろうなと思いますねえ

H46gk4f5 reasonably small
瀬尾はやみ@hayamiseo

@Lily_shsh 🤔🤔🤔🤔🤔

H46gk4f5 reasonably small
瀬尾はやみ@hayamiseo

「資本主義の病」を重要なテーマのひとつに掲げているミュージカルの物販でオンラインガチャやってるのはそれ自体なんらかの“表現”なのか? と思わされますね

【『スリル・ミー』キャスト対談第2弾】 成河×福士誠治 ~“資本主義の病”を描く旅人ペア~(ぴあ)
#Yahooニュース
news.yahoo.co.jp/articles/56f9a…

昨日瀬尾さんと話しててオンラインでブラインド商法で缶バッジを売ること自体が「資本主義の病」なのでは????というトピックがでて面白かった