Twitter 鯨飲馬食@日隈斎京 higuma_saikyou | 鯨飲馬食@日隈斎京 (@higuma_saikyou) のツイート

滋賀県の神社に伝わってきた洋剣。科学的調査で意外な事実が…www3.nhk.or.jp/news/html/2019…

本書によると、戦後の独身女性は1945年の日本敗戦の時点で15~20歳、30~35歳だった年代に集中しています。僕はこれと就職超氷河期に社会へ放り出された人々とが重なって見えました。時代の巡り合わせが悪く、割を食った世代の犠牲の上… twitter.com/i/web/status/1…

カンボジアへの募金を呼びかけてる若者グループの10メートルくらい横にホームレスの人がいて、なんだかとても悲しくなった。

そりゃそうよ
お前ら、ニューオータニさんにとってはど新規やん。そんな奴らにいきなり値引きした金額込みで出すわけないだろこのアホンダラ。
お前、社会人経験あるのか?

普通はここから細かく交渉しながら詰めていくんだよ。そんなことも知… twitter.com/i/web/status/1…

国土地理院がらみで思い出した。
こないだね、田老に行った時に、先の大震災で一等基準点が動いたよっていう、実物の展示。
地学として、地理学として、実感としてよく分かる展示だなって。 pic.twitter.com/gzMBXhvUJi

懇親会の受付は締め切られましたが、講演会の方はまだ参加可能とのことです。クマやオオカミなどの野生動物に興味のある方は是非どうぞ。 twitter.com/moonwaguma1/st…

北海道における鉛弾規制の歴史を知らず、銅弾を使うのが当然になっている世代の狩猟者が、「なぜ規制を守っている我々が猛禽類の鉛中毒の責任を追求されなくてはならないのか?」と反発する気持ちはすごくわかる。それはそれとして、銅弾に関する過去の議論の内容は知っておいた方がいいと私は思う。

鉛弾の問題ってスタッドレスタイヤ導入の時と同じだと思うなぁ初めこそ「高い」「止まらない」「柔らかすぎて怖い」「コレで事故ったら〜」みたいな事客からさんざん言われたけど、ピン付きタイヤ売ってないから皆諦めて使ったもんね。

未だに北海道で鉛弾を使用する銃猟者を実際に見たことが無いので、その動機については推測するしかないが、銃猟者が鉛弾を使いたがる理由は2つ考えられる。1つは価格の問題。銅弾と鉛弾では約2倍の価格差がある。もし補助金等でこの価格差を無くすことが出来れば、銅弾の普及は一気に進むだろう。

【天皇の祈り】
これが似非合理主義者には《非合理:非科学》に感じるらしい。
なので【政教分離違反】だのなんだのノタマウ。

実際【天皇の祈り】は合理的であり統治システムとして優れている。

何故なら【批判者の安寧さえ祈る】からである。
コレは究極的な【非戦主義】ともいえる。

Gr3wja63 reasonably small
鯨飲馬食@日隈斎京@higuma_saikyou

@daisuke_sasaki1 ありがとうございます🤗 らんまるくんとはらんまるくんが仔犬の時から仲良しでした^_^ pic.twitter.com/h4y2X2KAy7

#若狭原電紀行2019 の余韻が冷めやらず、関電の電力立地の名産品が通販できる「電源かわら版」を眺めている。
・若狭グジ
・美浜塩熟鰤
・セイコ蟹甲羅盛
・若狭高浜ふぐセット
・名田庄ぼたん鍋
などお手軽に通販できてしまうのだ。… twitter.com/i/web/status/1…

反ワクチンの中では『ロタウィルスなんて、罹患するの稀』らしい。診察もした事ないのにね。

『HPVワクチンと同じ遺伝子組み換え酵母ワクチン 怖いにも程ありますね』 って酵母ワクチン以外のワクチン知ってて言ってるの?

twitter.com/io302/status/1…

横田めぐみさん 拉致から42年 母・早紀江さんが会見 fnn.jp/posts/00427281… #FNN

Twitterが何かを変え始めている

怪しいがん治療が新聞に大々的に広告され、それを見た患者さんが大手新聞に載っているならと手を出してしまう

それが何ども繰り返されてきた。いくら批判しても変わらなかった

それがついに変わった… twitter.com/i/web/status/1…

横田めぐみさんが北朝鮮に拉致されて42年。83歳になった母・早紀江さんは、夫・滋さんとともに今も愛娘の一国も早い帰国を待ち続けている。

実は、34年前、実行犯とされる男を逮捕できるチャンスが一度だけあった。元捜査員がその当時の状… twitter.com/i/web/status/1…

中学1年生だった横田めぐみさんが北朝鮮に拉致されてから、15日で42年になります。母親の早紀江さんがNHKのインタビューに応じ、「一刻も早く、家族が元気な間に子どもたちを取り返してほしい」と話し、肉親との再会を強く求めました。www3.nhk.or.jp/news/html/2019…

かならず存在する早期発見による早すぎる治療と、
おそらく存在する潜在がんの検出によるなくてもよい治療の方が、それらの量と共に、
ないかもしれない放射線影響の重篤になる甲状腺がんの心配に勝ると、ますます考えられます。
検診を縮小、やめていく検討をぜひよろしくお願いいたします。