Twitter じゃりねこ@西1イ56b jyaricat | じゃりねこ@西1イ56b (@jyaricat) のツイート

3x9nn7yd reasonably small
じゃりねこ@西1イ56b@jyaricat

@archetype0109 うん…… うん、(ぐすんぐすん)

3x9nn7yd reasonably small
じゃりねこ@西1イ56b@jyaricat

うええええええん
(一服だけして焦げたシーシャを作りなおしつつまた泣いた)<FGO4章18節クリア
ジナコ……カルナさん……

3x9nn7yd reasonably small
じゃりねこ@西1イ56b@jyaricat

くわえてさあ…… ねえ、ボーダーのみんなが初めてゴッフを「所長」って…… ゴルドルフ新所長、じゃなくてゴルドルフ所長、って呼んでくれたよ!!! 泣くよ!  こんなの! 泣くしかないじゃん! 声に出して「ありがとう所長!」って言っちゃったよ! あなたのおかげでみんな助かったよ!!!

3x9nn7yd reasonably small
じゃりねこ@西1イ56b@jyaricat

それが……それがさあ…… ジナコ……
CCCのあのラストから、ほんとに……ほんとに…… なにものでもないあなたを待ち続けているひとがほんとうに……(号泣)

3x9nn7yd reasonably small
じゃりねこ@西1イ56b@jyaricat

大体が私、クロノトリガーの、「森復活イベント」でも大泣きしたんですよ…… 何百年も不毛の荒野を開拓し続けるフィールドのロボに、何度も話しかけては返事が返ってこないのに、違う時間を生き続けることの過酷さと、それを仲間に強いてしまったことにすんごい申し訳なさを感じていたんですよ……

3x9nn7yd reasonably small
じゃりねこ@西1イ56b@jyaricat

18節をクリアして、シーシャを吸うのも忘れるほどに泣いていた(´・ω・`)
クリアを今日に回してよかった。

3x9nn7yd reasonably small
じゃりねこ@西1イ56b@jyaricat

まあ、いつものニンスレ😸

今のニンジャスレイヤーのあらすじを簡潔に言うと織田信長の身体を奪った4本腕の明智光秀が現代に復活して龍に乗ってバンクーバーを火の海にしインターネットを禁止した

仕事帰りと思われる、駅のホームで缶ビールを飲むおじさん。前まで「家で飲めよ…」と思っていたが、自分が一度体験してみると、あれは「仕事と家族から解放された自分だけの時間」を楽しんでいるんだと気付いてしまった。数分ごとに目の前に電車が通り、それをぼうっと眺める。至福の時間だったのだ

前も書いたけど、図書館備え付けの端末で検索して自分で探すから司書いらない、って書き込みを見たけど、その備え付け端末で出てくる資料の情報はどこからくると思ってるの?それを作ったり地域の実情に合わせてメンテナンスするのも司書だよ。まさか自動的に勝手に湧いて出ると思っているの?

アスクレピオス先生は自分からグイグイ聖杯要求してくるタイプじゃないかなっていう漫画 pic.twitter.com/kPxjFJWrmI

昨晩の記憶がところどころ飛んでおり、戦いの激しさをものがたっております。。。概念礼装整理しなきゃ。。

これを重油使って大量に運んでるかと思うと、ものすごい無駄な気がする…。 twitter.com/bci_/status/11…

そうです.人を不安にさせたから(しかも不必要に)批判されたのです.自分の不安を述べるのは勝手ですが、人を不安にする権利はありません twitter.com/megadeth0907/s…

古代ギリシャ、医術は発展したけど、最後まで「衛生」の概念は思いつかず、伝染病は神の手に残った。だからこそ伝染病はアスクレピオス(医聖)ではなく、医神アポロンの管轄下なんだけど、その医聖がペストマスク(?)を着けてるデザイン、熱いものがある。生前、唯一思いつかなかった医療……!

バズっているので、お気に入りの【アスクレピオス健康マグカップ】の自慢をします。飲み口に「あすくれーぴえ!(アスクレピオスよ!)」と呼びかけで書いてあり、なにか飲むたびに古代の医聖に健康を祈れるマグ。彼のただの名前ではなくて、呼格に… twitter.com/i/web/status/1…

3x9nn7yd reasonably small
じゃりねこ@西1イ56b@jyaricat

@hayuki106 がんばってフリクエいってきます!

3x9nn7yd reasonably small
じゃりねこ@西1イ56b@jyaricat

@aotakesara いーないーな!

当たり前の話ですが議論の意義とは論的を打ち負かすことにあるのではなく自分もまだ到達していない自分ひとりでは到達できない新たな知見に自身を導くことにあるのであって「向かうところ敵なしの無敵の論客」など単に自身の認識の刷新もできない石頭のアホに与えられる称号でしかありません