Twitter くれは@刀用 krh_snw | くれは@刀用(krh_snw) / 2018年11月16日のツイート

正直、訂正せず三刷りした方が圧倒的に儲かります。版を変える(訂正を入れる)のは手間もコストも倍増、下手すりゃ赤字です
でも刀剣研究の未来のために、って激務をおして頑張ってくださった証なんで、もし余力ある方いらっしゃったら、図録追加購入や京のかたな展の再訪で応えてあげてほしいです…!

誤解なきよう、念のため。
図録って追記とか追加訂正、結構あるものです。
それは追加で買わせようって意図じゃなく、研究書として後世に残るから。
今回、三版での追記計測データは、今後まとまった刀剣展示が難しいかもだから、かなり無理してでも載せてる気がします。

初版と三版、帰宅して比較してみましたが、鳴狐や髭切だけじゃなく、えらい数の追記あります。ひええ…!
鯰尾とか後藤とかのデータも増えてるし、次郎さんの重さも載ってる…本作長義も項目増えてる!
初版で計測11項目のうち一部しか載ってなかった刀は、三版だとほぼ全部の項目が載ってます!

ねえまって、今日買った「京のかたな」展の図録、三版だよ!?
三刷じゃない、三版!
末兼さん、刷るたびに中身直してんの!!?? この短期間、講演会や前期の刀の返却同行しながら!?
初版になかった鳴狐のスリーサイズ(違)載ってますけどぉおおおーーー!?
ってか、全部の刀剣測って載せてる!?

ちょっと現代行って町中並んで歩いて欲しい。立ってるだけでもいいから…そしてゆくゆくはアイドルデビューして。 pic.twitter.com/ibxQgvh2Qe

一度手合わせを始めると周りが止めても中々止まらず、強制終了させても視線は外せないみたいなそんな感じだといいと思います pic.twitter.com/prf33gi578