Twitter いちとせしをり liegirl_1chan | いちとせしをり (@liegirl_1chan) のツイート

【note更新】
「変なおじさんがいる」と言われた帰り道、後ろから視線を感じた。「自分」を磨いたり聴いたり、それをエッセイとして書きました。

薄毛で青髭のわたしが、毎日ワンピースを着て外に出かけていたら、少年と"かけっこ"になっ… twitter.com/i/web/status/1…

Xn9nvtsc reasonably small
いちとせしをり@liegirl_1chan

恋人の仕事関係の人が家に来た時、私の顔をまじまじと見た後「なんでこの人にしたの?笑」と恋人に訊いていた。「なんででしょうね…」と恋人は零す。それを聞いて落ち込んでいたら、恋人は続けて「きっと僕にしかわからないです」と力強く言ってくれた。恋人の言葉だけが私の左薬指にはまってくれる。

Xn9nvtsc reasonably small
いちとせしをり@liegirl_1chan

今日のnoteでも書いたけど、私は薄毛で青髭。「変なおじさんがいる」と指をさされても自分の大好きなワンピースを着て街へ出かける。育毛剤をもっと試したり、痛みに耐えて脱毛もするかもしれない。むしろ帽子もかぶらず髭も生やしたまま口紅を… twitter.com/i/web/status/1…

Xn9nvtsc reasonably small
いちとせしをり@liegirl_1chan

【note更新】
「変なおじさんがいる」と言われた帰り道、後ろから視線を感じた。「自分」を磨いたり聴いたり、それをエッセイとして書きました。

薄毛で青髭のわたしが、毎日ワンピースを着て外に出かけていたら、少年と"かけっこ"になっ… twitter.com/i/web/status/1…

Xn9nvtsc reasonably small
いちとせしをり@liegirl_1chan

ついこの間まで自分でワンピースを買うのすら崖に足を踏み出すような恐ろしさがあった。そんな私も前進し、ワンピースを着て外に出かける日が増えた。そこで見た景色をエッセイにしたくて、今ちょうど書いています。今日の18時半頃noteで更新… twitter.com/i/web/status/1…

Xn9nvtsc reasonably small
いちとせしをり@liegirl_1chan

@AyumiHaraguchi あゆみさん、ありがとうございます。その想いを胸に、”自然な人”をわたしは目指したいです🍓

Xn9nvtsc reasonably small
いちとせしをり@liegirl_1chan

@710chimotan296 ありがとう。でも毎日泣いてばっかりだよ。
また一緒にケーキ食べに行きたいね。そのときはいっぱいハグしてね🍓🍓

Xn9nvtsc reasonably small
いちとせしをり@liegirl_1chan

@710chimotan296 ひやああ!!ありがとう🍓🍓
一緒にお話ししたあの日、いつ振り返っても私を前向きにしているよ。

Xn9nvtsc reasonably small
いちとせしをり@liegirl_1chan

27年間、胸を張って「好き」だと言えるものがなかった。今やっと私は最近着たい洋服があったり、塗りたいマニキュアがあったり、挑戦しようと思っているアイメイクがあったりする。ここまで来れたのも、文章を書いていたからかな。お洒落やお化粧… twitter.com/i/web/status/1…

Xn9nvtsc reasonably small
いちとせしをり@liegirl_1chan

「変なおじさんがいる〜!」と子どもたちに指をさされた。涙で瞼が膨らんでくる。ワンピースを着て外に出て、毎日のように誰かに嗤われて、それでも自分が着る理由を考えている。髭は濃いし、ごつごつした身体の私も毎日努力してこの姿でいる。いつか誰も振り返らないほど、私は美しくなりたい。

Xn9nvtsc reasonably small
いちとせしをり@liegirl_1chan

最近私の好きな洋服は変わった。それを包んでくれたのは父だった。一緒に洋服を買いに行く約束をした時父に「レディースのお店入るの恥ずかしくない?」と訊いた。返ってきた言葉は「息子の隣にいて、恥ずかしいと思う瞬間は父さんにない」だった。その一言で買えたワンピースは愛と共に輝いていたよ。

Xn9nvtsc reasonably small
いちとせしをり@liegirl_1chan

@ponchalism ぽんちゃさん、なにより今日のnoteは読んでもらいたいものでした。ぽんちゃさんの言葉が私の勇気になっています。本当にありがとうございます。

Xn9nvtsc reasonably small
いちとせしをり@liegirl_1chan

【note・マガジン更新】
決意のnoteを書きました。
同性の恋人を愛する、異性の元恋人を愛する、それだけではない。私がはっきりと「人」を愛するための話です。

結婚できないわたしが、恋人の母親に頭を下げに行く、これはプロローグ… twitter.com/i/web/status/1…

Xn9nvtsc reasonably small
いちとせしをり@liegirl_1chan

会社で仕事して、家に帰った後も休みの日も使って書く仕事にも向き合って、私は今お金より大切な“やりたかったこと”ができているのに、少し仕事で指摘を受けただけで「怒らせてしまった」「失敗してしまった」と瞼に涙を滲ませ俯く。そんな私も一… twitter.com/i/web/status/1…

Xn9nvtsc reasonably small
いちとせしをり@liegirl_1chan

上のツイートから、大好きな母に恋人を紹介をした日の出来事を思い出す。
「生きていてくれたら、それでいい」と自分や大切な人へ、包むようなやさしさと共に渡せる世の中がいいな。

母の日に恋人を紹介したら 返ってきた言葉のこと|いちとせ… twitter.com/i/web/status/1…

Xn9nvtsc reasonably small
いちとせしをり@liegirl_1chan

お化粧が好きな私と、お化粧が好きではない姉。今日、母が私の家に来たので最近買った口紅を自慢した。ただ私は思わず「息子がこんなで嫌じゃない?」と訊く。そこで母は「母さんが二人に望んでいるのは、『自分』を生きることだけよ」と言ってくれた。それを勇気に、私は明日をまた生きようと思う。

Xn9nvtsc reasonably small
いちとせしをり@liegirl_1chan

私の母親は、私のことが大好きである。久しぶりに母が私の家に遊びに来た。一緒にご飯を食べただけで満面に喜色を湛える。ちょっとコンビニ行ってくると言ったら「母さんも一緒に行く!」と付いてくる。もしも私が子どもを授かれたとしたら「私の母親は、私のことが大好きである」と言ってもらいたい。

私がずっと「男に生まれたかった」と思っていた理由の一つが「男は化粧をしなくてもいいから」というものだった。
未だにコスメとかにはあまり興味がないのだけど、化粧をしたい男性、化粧嫌いな女性、どちらも当たり前のようにいられる世界になっ… twitter.com/i/web/status/1…

初めて自分で口紅を買い、誰にも見られない場所で塗ろうとした。手はとんでもなく震える。口の周りには、剃っても跡が残るほどの髭が生えていて、「男性」を認識する痛み。数時間かけて、ひと塗りした。鏡に映る自分を見て、その姿は到底似合っていなかった。それでも、涙が出るほど私が美しかった。

Xn9nvtsc reasonably small
いちとせしをり@liegirl_1chan

私の転職先について、前にnoteでも書いたので良かったら読んでください。何よりLGBTフレンドリー企業がどういうものかを、一人でも多くの人が考え、知ってくれたらいいな。

やっと見つけたわたしの居場所は、LGBTフレンドリー企業で… twitter.com/i/web/status/1…