Twitter 抜け作 makotoiniwgp | 抜け作 (@makotoiniwgp) のツイート

7hxmbrb0 reasonably small
抜け作@makotoiniwgp

@numnumnum15 そのためにどんな言語を使う人にもネットの素晴らしい世界が開けているかのような誤解を与えるものとなっているわけです。ただ実際には、超マイナー言語(たとえばズールー語)を使う人にはそんなすばらしいネット体験の可能性は開かれていないわけです。

7hxmbrb0 reasonably small
抜け作@makotoiniwgp

@numnumnum15 作り上げられる期待を高めるものである。
【意訳】情報を伝達し入手することがこれまでなかったような形でできるようになるという、人々の期待を高める話は全て、インターネット接続の大きなセールスポイントになるので… twitter.com/i/web/status/1…

7hxmbrb0 reasonably small
抜け作@makotoiniwgp

@numnumnum15 abilityは「能力」よりむしろ動作的に訳して「~ができること」、promisesは「約束」ではなく「期待を高めるもの」、sellは名詞で「人に売り込むためのセールスポイント」でしょうか。
【直訳】情報… twitter.com/i/web/status/1…

7hxmbrb0 reasonably small
抜け作@makotoiniwgp

はどのみち生じたのだ」と言ったのだとすれば、不定冠詞ではなく定冠詞を使うのが自然なような気がする。

7hxmbrb0 reasonably small
抜け作@makotoiniwgp

なるわけだが、そうだとするとa fightではなくthe fightのように書かれる必要はなかったのか、という点である。①の解釈なら、we would have had the fightのような書き方にはならないのだろうか。現に… twitter.com/i/web/status/1…

7hxmbrb0 reasonably small
抜け作@makotoiniwgp

2つの解釈、すなわち
①身体検査(反実仮想)⇒実際と同じ戦闘の勃発
②身体検査(反実仮想)⇒実際とは異なる別の戦闘の勃発
のうち、自分は②の解釈を行ない、①は思い付かなかった。一つ疑問なのは、①の解釈では「身体検査をしようがしまいが、あの戦闘は生じた」ということを言っていることに

7hxmbrb0 reasonably small
抜け作@makotoiniwgp

だがそれでも、これほどの惨状にはならなかったはずだ」と水曜日に語った。

7hxmbrb0 reasonably small
抜け作@makotoiniwgp

#私家版戦前入試問題で学ぶ英文解釈
【拙訳】
ドスタムは捕虜の身体検査をしなかった。それが間違いだったのであり、後に彼は痛く後悔することになった。手足がもげ、黒ずみ、ひしゃげた遺体を調べていた彼は「もし身体検査などしていたら、その… twitter.com/i/web/status/1…

7hxmbrb0 reasonably small
抜け作@makotoiniwgp

本日の朝活完了😁
今日は朝からイマイチな天気だ☁️

7hxmbrb0 reasonably small
抜け作@makotoiniwgp

#数学初学者の学習記録
・三角形の比例線の定理 ※これの特殊例が「中線連結定理」
・三平方の定理(ピタゴラスの定理)

さすがに三平方の定理は覚えていたけど、証明が分からない😅

7hxmbrb0 reasonably small
抜け作@makotoiniwgp

メアリーが一般的な基準に照らして「美人」と言えるかどうかは別問題。)
Mary is even/still/yet more beautiful than Lucy.「メアリーはルーシーより一層(さらに)美しい」(ルーシーも一般的… twitter.com/i/web/status/1…

7hxmbrb0 reasonably small
抜け作@makotoiniwgp

【拙訳の誤り】
even/still/yet+比較級とmuch/far/a lot+比較級の違いが分かっていなかった。
Mary is much/far/a lot more beautiful than Lucy.「メアリーはル… twitter.com/i/web/status/1…

7hxmbrb0 reasonably small
抜け作@makotoiniwgp

ウォーキング1時間+買い物完了

7hxmbrb0 reasonably small
抜け作@makotoiniwgp

#私家版戦前入試問題で学ぶ英文解釈
【拙訳】
真に優れた書物は、二度目に読みたいと思う気持ちの方が最初の時よりずっと大きくなるものだ。読み返す度に、新たな意味と美点が発見されるのだ。 twitter.com/Ger81opi46/sta…

7hxmbrb0 reasonably small
抜け作@makotoiniwgp

(c)He saw a cock.
(d)Yes, I do.
【補充問題解答】Because he didn’t know the English word for “egg.”

7hxmbrb0 reasonably small
抜け作@makotoiniwgp

ウェイター「ひよこです」
フランス人「そうすると、ひよこになる前のひよこのことは何と呼ぶんですか?」
ウェイター「卵です」
フランス人「それを2つお願いします」
ウェイター「かしこまりました」
【解答】
(a)It took pl… twitter.com/i/web/status/1…

7hxmbrb0 reasonably small
抜け作@makotoiniwgp

#私家版戦前入試問題で学ぶ英文解釈
【拙訳】
フランス人「すいません、あそこの地面を歩いているのは何ですか?」
ウェイター「あれは雄鶏です」
フランス人「ああ!で、パートナーの方は何て言うんですか?」
ウェイター「雌鶏です」
フラ… twitter.com/i/web/status/1…

7hxmbrb0 reasonably small
抜け作@makotoiniwgp

【拙訳の誤り】
merelyの訳し忘れ。

7hxmbrb0 reasonably small
抜け作@makotoiniwgp

頭がそれらの事実や理論をどのように使うのかが本当に大切なことなのだ。事実や理論自体が目的なのではない。それらは目的に至る手段なのである。

7hxmbrb0 reasonably small
抜け作@makotoiniwgp

#私家版戦前入試問題で学ぶ英文解釈
【拙訳】
教育がもたらすのは、卒業時の少年少女の頭の中に色々な事実や理論が詰め込まれている状態などではない。それがもたらすのは、頭だけでなく体全体の発達である。色々な事実や理論はそれ自体ではほと… twitter.com/i/web/status/1…