Twitter かとうひろし mangakato | かとうひろし (@mangakato) のツイート

Qpczxkgc reasonably small
かとうひろし@mangakato

サイファー1巻
mangaz.com/book/detail/44…
閲覧数が 69,000 を超えたそうです。

Qpczxkgc reasonably small
かとうひろし@mangakato

ネームには、自分が確認できればいい描き方と、人に見せる事を前提とした描き方の2種類がある。

人に見せるというのは、編集の担当者や専門学校などの講師 にチェックを受けるためのネーム。
時々、何が描かれているのか分からないネームを提出する学生がいて困ることがある。

Qpczxkgc reasonably small
かとうひろし@mangakato

背景がない。人物の位置関係が分からない。キャラの区別がつかない。
何をしているのかキャラの動きが分からない…など、必要な情報が描かれていないと、ストーリーマンガとして成立しないので要注意です。

Qpczxkgc reasonably small
かとうひろし@mangakato

マンガCOMマガジン
「ぼくはインストラクター」第3回
「困った提出課題」の話

note.mu/mangakato/n/n7…

Qpczxkgc reasonably small
かとうひろし@mangakato

ストーリーマンガの描き方〜アイデアの出し方からシナリオ・ネーム・仕上げまで〜

アイデアをどうやって出し、どのようにストーリーとしてまとめるのか?
ネームにするにはどうしたらいいのか?
サンプルを提示して具体的に解説。

<有料記… twitter.com/i/web/status/1…

Qpczxkgc reasonably small
かとうひろし@mangakato

「がんばってマンガを描いているのに、なぜ賞に選ばれないのか?」と不満を持つ人が稀にいる。
「がんばっている」ことは、評価の対象にはならないのです。

画力やセンスを含めた作品の出来が、主催者サイドの求めるものと合致しているかどうか…だけです。

Qpczxkgc reasonably small
かとうひろし@mangakato

自分が描いたマンガの「一番の愛読者」は自分だと思っているので、「自分が満足できない作品は他の読者に受け入れられるはずがない」と思っている。

しかし、自分が満足できる作品だからと言って、読者にも受け入れられるとは限らないことも知っている。

Qpczxkgc reasonably small
かとうひろし@mangakato

「ストーリーが思いつかない。どうしたらストーリーを考えられるようになりますか?」と聞かれた時、「たくさん本を読みなさい」というのは答えになっているのだろうか?

Qpczxkgc reasonably small
かとうひろし@mangakato

セリフ(会話)がメインのストーリーマンガを描く人がいます。
セリフがメインになれば、(演出に余程の工夫がない限り)必然的に顔が並ぶコマを描くことになります。

顔マンガになるのは、コレが原因なのだと思うのです。

Qpczxkgc reasonably small
かとうひろし@mangakato

凄いな。
複製原画展示と単行本の平積み。
つくばの卒業生です。 twitter.com/duke0069/statu…

Qpczxkgc reasonably small
かとうひろし@mangakato

「コマ間(ま)」が演出されていないと、マンガとしての面白味が伝わりません。
絵をつなげているだけでは、想像力を刺激することができないため脳が面白さを感じることができないのです。
マンガを面白く伝えるための技術なので、ぜひ知って欲し… twitter.com/i/web/status/1…

Qpczxkgc reasonably small
かとうひろし@mangakato

ストーリーマンガの一コマは、前後の繋がりが気になって読みたくなるようなコマであることが大切です。
↓これ気になるでしよ。 pic.twitter.com/Cgw4rzOwmB

Qpczxkgc reasonably small
かとうひろし@mangakato

私のツイートは「マンガ描き初心者」以上「担当付」未満の人達を想定しています。
「マンガ」は懐が深いので「こう描かないとダメ」という事はありません。
面白ければ許される世界ですが「基本的な事は知っておいて損はない」という立場でお節介とは思いつつ、役に立ててほしいとつぶやいています。

Qpczxkgc reasonably small
かとうひろし@mangakato

今日はつくばでオープンキャンパスの講師。
今日も暑くなりそうだけど、がんばる!

Qpczxkgc reasonably small
かとうひろし@mangakato

マンガCOMマガジン
「ストーリー構成・初級講座」
8Pマンガのストーリー構成/第4回「登場人物の数」
note.mu/mangakato/n/n6…

Qpczxkgc reasonably small
かとうひろし@mangakato

コマ展開が苦手な人は、「コマ間」の意味が分かっていない可能性があります。
「コマ間」の役割が分かれば「コマ展開」も理解できるようになります。
note.mu/mangakato/n/n1…

Qpczxkgc reasonably small
かとうひろし@mangakato

「こんな事が起きたら大変なことになる」というアイデアが山ほど浮かび上がってくる。
大変な目にあう主人公は可哀想だけど、読み手はかなりドキドキ出来るストーリーが作れちゃう。

Qpczxkgc reasonably small
かとうひろし@mangakato

神経質で、心配性で、ちょっとした事ですぐ落ち込む。
予定を立ててもそれがちゃんと上手くできるかどうか、いらぬ心配をして不安になる。
こういう性格だから心穏やかな日などほとんどない。

でもこういう性格だから「ドキドキさせるストーリーマンガ」を構築できるという利点がある。

Qpczxkgc reasonably small
かとうひろし@mangakato

完成度に執着して1作が描けないより、とにかく作品を次々と描き上げること。

「下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる」

私が藤子賞に受賞した時の、藤子先生からのお言葉です。

Qpczxkgc reasonably small
かとうひろし@mangakato

「納得のいく描き方が出来ない!」と作品を完成させられなかった昔の私。
「納得のいく描き方」とは聞こえはいいですが、「描かない」ことの言い訳に過ぎない。
まずは描き上げないと「どこに欠点があるのか」さえ分からない。
納得できなくても… twitter.com/i/web/status/1…