Twitter KB mogumoguKB | KB(mogumoguKB) /「プロデューサ」の検索結果

@nanoreba_kangun 理想はそれです。最初の段階はもうちょい入り組んでて、最初から意識改革でもあるんです。
メジャー作品のキャスティングは、まずプロデューサがキャスティングディレクター(CD)を雇って、キャラクタブレークダウン(登場人物の説明)を渡します。CDはエージェントが見ているチャネルにそれを流し、

KMRプロデューサー先出し情報

★コラボ決定「ガチャピンとムック」
2019年12月開催予定
ガチャじゃなく正式コラボ
ガチャピンがSSRキャラとして仲間に! pic.twitter.com/Xr9JCFSoWp

チネチッタでの上映に関してもふれていただいております。ぜひ、ご一読ください!
#プロメア
#LIVEZOUND

劇場アニメ『プロメア』プロデューサーが語る 異例のロングラン 勝負は「公開3週目」(小新井涼) - Y!ニュース news.yahoo.co.jp/byline/koarair…

制作当時男性プロデューサーからどういうエンディングにするつもりかと聞かれてこのまま答えたらものすごくポカーンとされたから、わかってないな…と心で思ったけどどうやらそっちが世論だったと7年越しに知った twitter.com/88_taho/status…

protest-2cl.hatenablog.com/entry/2018/11/…
2018年11月のCLIE社による舞台『メゾン・マグダレーナ』上演告知、及び上演に関する吉井プロデューサーの声明を受け、抗議を行うとともに、本件に関する社会的・倫理的問題について周知するための抗議文を作成しました。

ピッチコックが変化していたカメラマン役は実はうちの技術プロデューサーさん。ルパパト1話の新しい映像表現などが実現したのもこの方の力が大きいのです。

>[デジタルシネマの歩き方]Vol.07 平成仮面ライダーとLog収録、それを支えた魔法の箱 - PRONEWS pronews.jp/column/2015080…

Dr5yv6p  reasonably small

ファンは勝敗を決めるための道具として扱われその一方でプロデューサーのことを大事大事!好き好き!ってされてる姿を見せられ続けてわたしのアイドルのファンである部分が削られ削られここまで来たのでもうこれ以上削られて嫌いになりたくないという気持ちがすごい

Dr5yv6p  reasonably small

女児向けコンテンツで子育てすんなってことじゃないんですよ(男児向けと女児向けでの不均衡は気になりますけど!)配慮ある描き方をしてくれればいいなあ〜と思うんですけどプロデューサーとかの発言見たらなんか期待できなさそうな感じするから喚いておりました

こちらのアカウント(旧「デスノート」)は【1月スタート日曜ドラマ「トドメの接吻」】のアカウントとして引き継ぎます。
デスノートと同じ【山﨑賢人出演】【いずみ吉紘脚本】【鈴木亜希乃プロデューサー】で最高の邪道ラブサスペンスをお届けし… twitter.com/i/web/status/9…

次回10/21(土)17:35~放送の #クラシカロイド は第3話『ひと目会ったその日から』
次週のムジークは、ムジークプロデューサー:tofubeatsさんによる、モーツァルトのムジーク!(Vocal:歌:遠藤瑠香、藤城リエ)
歌劇「フィガロの結婚」から序曲 です!お楽しみに!

さて、次回のクラシカロイドは『マイリトルブラザー』♪
#来週のムジーク 】は…
原曲 ベートーヴェン 交響曲 第7番
ムジークプロデューサー布袋寅泰さんの曲に乗って響き渡る、西川貴教さんの歌声をおたのしみに!
#クラシカロイド #nhk #etv

『声優グランプリ』11月号『アイドルマスター SideM』の表紙写真をプロデューサーの皆さんの投票で決定します! 候補は下記URLをご覧ください。投票よろしくお願いします! 投票は9月24日(日)15:15まで。 #SideM seigura.com/sidem/cover.jp…

Dr5yv6p  reasonably small

@rrrokio お誕生日おめでとうございます!みんなのお誕生日パワーを集めてまともなゲームプロデューサーを入れよう!

「やってらんない気分」CLASKEY:KLASKY(矢田喜多&佐藤栞)は、もちろん、バッハのムジークプロデューサーである、つんく♂さん作詞・作曲!
#クラシカロイド

Dr5yv6p  reasonably small

>Sヒジリルートのシナリオ打ち合わせの時に「エピフォンに好かれてる気がしません」と言ったら、(シナリオ制作会社の)月光さんに「エピフォンはべつにアキラを好きじゃないですからね」と言われて、目から鱗がボトボト落ちました。(伊東愛/プロデューサー)