Twitter 中乃井みあき/己丑より nakanoi_miaki | 中乃井みあき/己丑より(nakanoi_miaki) / 2018年10月のツイート

I2cdnyd1 reasonably small
中乃井みあき/己丑より@nakanoi_miaki

11/28 まなてぃがゲストか。浅羽祐樹先生がくやしがりそう。 #水ロバ

ハロウィンが連日盛り上がっていますが、民俗学者の畑中章宏さんにご寄稿いただいた記事をどうぞ🎃一昨年の渋谷取材、楽しかったです🍭

・死者に「更衣」した大勢の若者たち〜仮装が持つ“本当の意味”
gendai.ismedia.jp/articles/-/501…
・関東人が知らない「大阪ハロウィン」
gendai.ismedia.jp/articles/-/533…

書きました。
パーントゥとハロウィンの民俗学的比較です。

恐ろしい化け物が泥を塗りつけ…南島の奇祭は日本のハロウィンか? gendai.ismedia.jp/articles/-/581… #現代ビジネス

トランプ大統領誕生から約2年。なぜ彼はいまだに多くの支持を集めているのか? 彼は異端か、はたまた「新しい正統」なのか? 『異端の時代』(岩波新書)を上梓した森本あんりさんに書いていただきました。

トランプ氏は「新しい正統」か? 根深いアメリカ的心性と陰謀論
gendai.ismedia.jp/articles/-/573…

I2cdnyd1 reasonably small
中乃井みあき/己丑より@nakanoi_miaki

うーん、やっぱりトランプ氏が大統領選挙に出馬してからアメリカの陰謀論者のニュースが目立ってきたか。ジャーナリストで陰謀論を語らせるとモーリーさんが一番わかり易いな。#水ロバ

I2cdnyd1 reasonably small
中乃井みあき/己丑より@nakanoi_miaki

そうか、「mass murder」という使い方でニュアンスが全然違ってくるのか。twitter.com/realDonaldTrum…
トランプ支持層に福音派と並んで「陰謀論者」もいて彼らを大事にしているトランプ氏、と読み解くモーリーさん。 #水ロバ

I2cdnyd1 reasonably small
中乃井みあき/己丑より@nakanoi_miaki

ハードトークの番組を日本で行うプランを語るモーリーさん。単に漢字に詳しいタレントさんじゃないよ(笑) #水ロバ

可愛いものが好き? 仕事として…対価を得て描いている。お金のために「何でもしなくてはならない」という女性が多くいるのは風俗でも同じ。需要があるから巨大な乳がはみ出してお口ぽっかりの幼い女性の絵を描くのは水商売で稼ぐために豊胸術をし、唇を膨らませ、目を大きくするのと似ていませんか? twitter.com/dorako220/stat…

I2cdnyd1 reasonably small
中乃井みあき/己丑より@nakanoi_miaki

南北首脳会談よりもTOKIO山口メンバーのニュースが重要視される日本の番組。#水ロバ ワイドショー、情報番組はまあ仕方ないかなあ。見ないけど。

それ以外の高収入を得られる職業選択があったとしても、この仕事のほうが好きだから続ける、っていう女性の選択や意思をガン無視しないで下さい。彼女たちが性的に消費されることを容認できないのは『あなたの都合』なので、性的に消費されたくない、助けて!って女性『だけ』助けてあげて下さい。 twitter.com/tawarayasotats…

「台湾は東アジアでは有数のフェミニズム先進国で、(中略)国会議員に相当する立法委員の女性率は38%に達し、国際平均の22%を大きく上回る」
「萌えキャラについて『性的で不快だ』という批判の声はほとんど出ておらず、普通にかわいいものとして受け入れられている」

bunshun.jp/articles/-/950…

キズナアイ炎上問題 「萌えキャラだらけ国家」台湾のユルさに学びたい bunshun.jp/articles/-/9502
文春オンラインに寄稿。公共圏での萌えキャラの氾濫は日本だけではなく台湾もそうですが、日本よりずっと女性の社会進出が進んでいる台湾では「萌えキャラは差別だから消せ」みたいな話は出ず、という

右派はアニメアイコンが多い!!!!左派もアニメアイコンが多い!!!とか罵り合いしてるけど
僕(猫が一番多いんじゃないかなぁ。右派左派双方。にゃーん。)
とか思ってる。

「キモオタは私の子どもに近づくな」問題、キモオタにも子持ちの人はたくさんいるわけで、実際そういう漫画家さんに「親がエロ漫画家とか子供が可哀想」って中傷が来たりするんだよね(ヽ''ω`)さすがにもう互いに関わらないほうがいいよ、と思う。そこまで相手を侮辱したら、まともな人間関係は不可能。

今、エストニア号の沈没の話をテレビでやってて、乗客がライフジャケットを奪い合っている様子が証言されているんだけど、南方作戦で撃沈された経験持ってた大叔父は、一つの救命胴衣に数人捕まって漂流してても普通に浮いていられたと言っていたので、船が沈没しそうな際は思い出して下さい

カニエ・ウェスト、これまでトランプ支持を表明し、ホワイトハウスに招かれるまでに至ったが、今日になって「目が覚めた。自分が信じていないメッセージを広めることに加担していた。政治から距離を置き、創造に集中する!!」とツイート。最大のセレブ支持者を失ったトランプ。 twitter.com/kanyewest/stat…

I2cdnyd1 reasonably small
中乃井みあき/己丑より@nakanoi_miaki

防災・減災ニュース 紙が更新されました ! paper.li/nakanoi_miaki/… #防災 #対策

I2cdnyd1 reasonably small
中乃井みあき/己丑より@nakanoi_miaki

元徴用工判決に元駐韓大使「韓国に何かあったときに助けようという意識は薄らいでいく」 abematimes.com/posts/5103591 浅羽祐樹先生が本来の仕事をしてる。韓国について解説したのか。

文在寅大統領、判決に満足してそう。

I2cdnyd1 reasonably small
中乃井みあき/己丑より@nakanoi_miaki

地震情報ニュースfrom2013 紙が更新されました ! paper.li/nakanoi_miaki/… おかげで @haday1972 @reijikan @kobiwa_net #qiita #アメーバニュース

I2cdnyd1 reasonably small
中乃井みあき/己丑より@nakanoi_miaki

@Bo_San_2D @aniotahosyu 資料が残ってますかねえ。万が一、倍賞に応じるような日本企業が出てきてしまったらかえって日韓関係が悪化しますね。

I2cdnyd1 reasonably small
中乃井みあき/己丑より@nakanoi_miaki

@tsuharayasumi @unisol211 この選挙妨害事件、立憲民主党は冷ややかなんですね。あと菅野完氏も追求に値しない、のような反応なのが逆に興味深いです。

しかも、シリア国民をあれだけ虐殺したアサド政権を公然と擁護してきた御用学者、青山東京外大教授と高岡中東調査会研究員の二人は、反政府勢力を非難するためにカタールと武装勢力との密接な関係を強調している。
カタールは安田氏の解放にどう関わったか沈黙を守っていることを忘れるな

それで、彼は決してそんな「大義」だの、「意義】だの、「価値」だのを言ったことがなく、そんなことを言うことを恥だと思っていたと私は感じています。それをちゃんと言っておきたいと思っています。

なんか「ジャーナリズムには意義が…」的なことも言ってくれることもあるのですが、ジャーナリストなどただの「仕事の一つ」でしかなくて、どの職業でも真摯に取り組む人もいれば、そこそこな人もいるわけで…。自ら「ジャーナリズムとは…」とか大義言うやつは「そこそこなやつ」と思ってください。

「ロシアとトルコが交渉して戦う意味がなくなったから人質の意味がなくなった」という解説は間違い。
正しくは「ゲリラは自分たちの身が危なくなったから人質を持つ余裕がなくなった」。
つまりイドリブでのアサド政権の攻勢を予想したからのゲリラの決断。戦闘回避されるならまだまだ身代金狙えるやん

メール爆弾の容疑者Cesar SayocのSNSアカウントでは、かねてからKremlinへの共感を示しており、シリア内戦についてロシアやイランの主張を広めていた。
“偉大な指導者Puttins”とかすぐキレそうな名前だ。
washingtonpost.com/technology/201…

ううむ、郵送パイプ爆弾犯人もロシア心酔者か。
「世の中の悪はみんなロシアの仕掛け」という陰謀論がまた実証されてしまった washingtonpost.com/technology/201…

その意味で、日本ドメスティックなタレントたちの多くがこぞって安田さんの自己責任論をはやし立てたのに対して、世界に目を向け、欧米に出て活躍し、世界のメディアが何をどのように報じているのかを肌で感じているダルビッシュ有や本田圭佑が、安田さんに対して肯定的な発言をしたのは象徴的だよね。

安田さんへの「自己責任論」が出る背景には日本のマスコミが国内報道中心で国際報道薄いことが最も大きな要因と思う。欧米の日々の(中国ですら)報道のトップは国際ニュースが多い。それがデフォルトなら自然と海外の状況に目が向くし当然ソースを提供するジャーナリストへの仕事への理解も生まれる。