Twitter 中乃井みあき/己丑より nakanoi_miaki | 中乃井みあき/己丑より(nakanoi_miaki) / 2019年3月26日のツイート

オウム以降、カルト宗教への風当たりが厳しくなったが、一方で反ワクチンとかのゆるい反科学・スピリチュアル系団体がいつの間にかとんでもなく広まってた話って、暴対法で厳しくヤクザ・暴力団を取り締まったらその法の穴を抜けるように半グレ団体が跋扈するようになった話と似てる気がするなあ。

I2cdnyd1 reasonably small
中乃井みあき/己丑より@nakanoi_miaki

なうちゃんvs黒木初 の路線闘争、とうとう内ゲバとして修復不可能なレベルになったか。なうちゃんも大人気ないなあ。50年以上生きているのに。 pic.twitter.com/tFxCPASHnt

・2018年8月頃に出来たアカウント
・フォロワーは概ね10〜100名
・動植物や風景のアイコン
・英数字のハンドルネーム
・デスマス調のツイート

共通項はこんな所かな
#RAPT理論 pic.twitter.com/aQJLoK7enL

I2cdnyd1 reasonably small
中乃井みあき/己丑より@nakanoi_miaki

防災・減災ニュース 紙が更新されました ! paper.li/nakanoi_miaki/… おかげで @ohtsuka

勝ち馬に乗りたい心理や、安倍政権を支持することで、愛国者を気取って自分をカッコ良く見せたいという願望があるのでしょう。それならまだしも、本気で安倍首相をメシアだと狂信している方もけっこういそうな気がします。 twitter.com/y_choro1/statu…

@skyred001 @chihoumin
若造の間では「安倍が荒廃した日本を救う!」とメシア扱いですね。
【肉屋を支持する豚】安倍内閣「支持する」10代・20代「男性72.2%」「女性64.7%」(全体56.6%) 健康法.jp/archives/22140

ヴィーガンの人気YouTuber、魚料理を食べていたことが発覚しSNS炎上(米) netallica.yahoo.co.jp/news/20190326-… #ネタりか

失笑。

I2cdnyd1 reasonably small
中乃井みあき/己丑より@nakanoi_miaki

地震情報ニュースfrom2013 紙が更新されました ! paper.li/nakanoi_miaki/… おかげで @IWKRterter @Bimaterial @JishinTheVuton #はてなブログ

「原発の耐用年数を17年で設計したが、政治判断で延長している」というツイートがRTされてきたが、発電プラントの耐用年数を17年で設計するわけがないだろう。そういう基礎知識以下のデマが出回るのは大変残念。

今日の呉座先生の連載です
連載最終回ということもあってか、これまで繰り返し述べられてきたことのエッセンスがつまっているように思えます
歴史家以外の人々が「歴史家の語らない『本当の』歴史」を標榜したものを発信するようになった今だからこそ、歴史家のアウトリーチの意義は大きいと思います✨ pic.twitter.com/x9gXrBR3zy

八幡和郎さんが、言ってはならない一線を越えてしまったため、いろいろな立場の学問の研究者の先生が、鎌倉武士や室町武士のような「なめられたら…」の精神で立ち上がりつつあるようだ

某映画会社プロデューサーが著名クリエイターのホラー原案を私の監督で映画化を企画。打ち合わせ中に、クリエイターが「鶴田監督が一番好きな映画は何?」と質問してきたので「『アラビアのロレンス』です」と即答。そうしたら「アラ…? なんすか、それ?」とプロデューサー。その企画は頓挫した。 twitter.com/yoiinago417/st…

「一旦公認した後の取り消しはものすごく大変で、やりたくても動けない」の可能性も一応見てたのに、アッサリと行動で否定しましたな。ということはやはり、「ヘイト発言は問題だけど、放射能デマは問題ではない」という党のスタンスなんですかね。 #おしどりマコ擁立問題

ここのところ話題の歴史学者・呉座勇一さんのコラム(朝日新聞朝刊文化・文芸面)も今日が最終回。「歴史小説家が歴史の真相に迫ろうとするのは、推理小説家が現実の殺人事件を捜査しようとするようなものである」 pic.twitter.com/FjITzo7gDv

八幡先生は呉座先生への反論に本郷先生を持ち出すって大学で歴史関係の講義しているのに読んでいるのは新書だけで論文とかほとんど読んでなかったりして。
だったらそこら辺にいる自分らと大して変わらんただの歴史ファンやん。

井沢氏の週刊ポストの呉座先生批判を読んだ。
歴史学界に認められる例として、小和田、本郷、磯田各先生と「一緒に歴史シンポジウムなどの仕事をした」事を挙げているが、それが例示になるなら、磯田先生とずっと歴史番組やってる杉浦アナは大歴史家だな。小和田先生とトークした俳優さんも歴史家だな

アフリカのブルンジで教科書に載っている大統領の写真に落書きをした女子児童7人が最大5年の刑となる犯罪にあたるとして逮捕され、うち3名が当局に半月以上も拘束され続けていることに対し、ネット民が大統領の雑コラを投稿する抗議活動 #FreeOurGirls

bbc.co.uk/news/world-afr…

呉座さん『陰謀の日本中世史』読了。
研究蓄積に依拠して「陰謀」論を丁寧に検証している点はさることながら、難解な中世政治史を分かりやすく書いてくれてて勉強になった。
「陰謀」云々が狙いなんじゃなくて、正当な論証の手続きと通史を知る一冊。
授業と古文書講座で推薦して間違いなかった。 pic.twitter.com/VcMZyshdXD

大笑い。
ともあれ今回で連載終了。ほっとしてる人も少なくないんでないかw

(呉座勇一の歴史家雑記)歴史学にロマンはいらない:朝日新聞デジタル
asahi.com/articles/DA3S1… pic.twitter.com/UGO5vEiq3Z

この程度の事が「厳しい」とか「地獄」とかって、それは学校の作文の宿題レベルの気分からしか出てこない言葉と思うんだけどな…。あの業界って本当にこういう空気なの?>
イチロー引退会見で読み取れた、番記者たちの“地獄”と信頼関係。(Number Web) - Yahoo!ニュース headlines.yahoo.co.jp/article?a=2019…

女子高生が新元号に「タピオカ」を選んだことが話題になっているが、「高縄」に「ゲートウェイ」をくっつけた大人たちが文句を言う資格はないよねぇ。

『週刊ポスト』(2019年4月5日号)P70〜P73に掲載された井沢元彦の呉座勇一氏への再反論(?)を読了。冒頭から事実上の「敗北(撤退)宣言」。まさに恥の上塗り。内容も極めて感情的でヒステリックで支離滅裂であり、呉座氏の反論と読み比べると、それらが一目瞭然です。 pic.twitter.com/fOtJWQ3vCk

この人は放射能デマ容認(ていうか、発信者)だから、何を言っても空々しいね twitter.com/tokyo_satokei/…

これ八幡氏は皮肉のつもりで言ってるんだろうけど、自分も大学業界に身を置いているくせに、本当に何ひとつ業界のこと知らないんだな。これが実務家教員様か…二枚目の画像はもはや意味不明。どんな思考回路してたら自分への批判者を全部一緒くたに「似たもの同士」だとか呼べるんだ。雑すぎるだろ。 pic.twitter.com/I9IamQ356C

なので実務家出身の方には、是非、経験に基づく魅力的な研究計画や仮説を作って、それをきちんとした学術的な方法で実証して欲しい。それで十分アドバンテージがあるはず。この後半をきちんとやらないといつまでも思い付きの域を出られません。

個人的経験が重要ではない、と言う事ではない。経験があれば「答えはこの辺だ」と言う予測が当たりやすく(つまり適切な仮説が作れる)、フィールドワークやインタビュー、資料収集にはアドバンテージがある。ただそこまで。最終的には全てはデータ、歴史なら史料で裏付けられないといけない。

何かしらを分析していて、「自分の考えと違う」と思った場合には、考えが間違っているか、問題が分析の過程にあるかのどちらかなので、データを変えたり、分析方法を変えて、確定作業を行わないといけない。個人的経験≒バイアスなので、基本最終的には論文から「個人」は排除されるべきものである。

この問題は地域研究にもあって、分析に「地域への愛着」や「地域に住んだ経験」が反映される、と思っている人がいるけど、そんなものは反映されません。地域での経験が生きるのは、データ収集や問題設定の段階であって、分析の段階ではありません。経験で分析を捻じ曲げるのはやめましょう。

言い換えれば、データや分析方法が決まった状態で、解釈に「個人の経験」や「価値観の違い」をはさむ余地はない。挟んで仕舞えば、もはやただの感想文にしか過ぎない。

正確に言えば、個々の研究者の問題意識は違うので、取り組む課題やデータ、分析のアプローチは違っていい。つまり、この段階で個人の経験等は反映される。でも、同じ課題に同じ資料、そして同じ分析方法で取り組めば、分析結果は同じでなければならない。そうでないと、相互の議論すら成立しない。