Twitter 中乃井みあき/己丑より nakanoi_miaki | 中乃井みあき/己丑より(nakanoi_miaki) /「細谷雄一」の検索結果

今日の朝飯新聞 読売新聞 文化面
ひさびさに切り抜こうかなと思う記事
「陰謀論」蔓延 ゆがむ歴史
国際政治学者の細谷雄一氏と歴史学者の呉座勇一氏の対談。どちらも一般書も書く学者ながら、アカデミックな地盤の弱い陰謀論の騙しについて論じています。学会でしっかり活動している学者さんです。

中央公論6月号「アフターコロナの地政学」は、北海道大学公共政策大学院教授の鈴木一人さん、慶応義塾大学教授の細谷雄一さん、東京都立大学教授の詫摩佳代さんの鼎談です。アメリカファースト、一帯一路、米中デカップリングーー。コロナは世界をどう変えるのか。 pic.twitter.com/MwozbVnCd0

I2cdnyd1 reasonably small
中乃井みあき/己丑より@nakanoi_miaki

@vinworld21 @YuzukiMuroi 例えば細谷雄一さんや篠田英朗さんは日本政府の新型コロナウイルス対策について、現状では感染者数や死者数から概ね及第点を与えてますね。野口元郎さんはもっと厳しめの対策を求めてますが。twitter.com/y_seniorwriter…
twitter.com/y_seniorwriter…
twitter.com/y_seniorwriter… pic.twitter.com/PzTFjLUeNg

細谷雄一先生、篠田英朗先生ご登場の論点スペシャル。ロックダウンではなく、国民の自発的な努力に依拠する「日本モデル」について。その最終的な評価には時間が必要だと思うが、国民の良識と努力に支えられてるからこそ、その士気を維持するための工夫も必要なのだと思う。
yomiuri.co.jp/commentary/202…

日本型コロナ対策~細谷雄一・慶応大教授「ロックダウン(都市封鎖)は長期化すると経済は疲弊し、自由を求める市民の反動が起きる」「コロナとの戦いは長期化が避けられない。我が国の自主的行動変容を求めるやり方は、生ぬるく見えるが、比較的問題は少なく、持続可能な対策と言える」(解説面より)(隆) pic.twitter.com/zWcPsMlAvP

日本型コロナ対策~細谷雄一・慶応大教授「ロックダウン(都市封鎖)は長期化すると経済は疲弊し、自由を求める市民の反動が起きる」「コロナとの戦いは長期化が避けられない。我が国の自主的行動変容を求めるやり方は、生ぬるく見えるが、比較的問題は少なく、持続可能な対策と言える」(解説面より)(隆) pic.twitter.com/zWcPsMlAvP

I2cdnyd1 reasonably small
中乃井みあき/己丑より@nakanoi_miaki

4月30日読売新聞「論点スペシャル」 ”「自粛要請」日本型コロナ対策」”
として細谷雄一さん、篠田英朗さんの解説が載っている。これで野口元郎さんの代わりに池内恵さんだったら「国際政治チャンネル」だ。 pic.twitter.com/aQSyeDwoO3

I2cdnyd1 reasonably small
中乃井みあき/己丑より@nakanoi_miaki

@Mitchan_599 イギリス外交が専門の国際政治学者・細谷雄一さんが国内政治学者になってしまうんですね。

I2cdnyd1 reasonably small
中乃井みあき/己丑より@nakanoi_miaki

@citizen_1018 聞きに行かなさそうな大学関係の人:飯田泰之氏、高橋洋一氏、細谷雄一氏、池内恵氏、篠田英朗氏、三浦瑠麗氏、北岡伸一氏 twitter.com/nakanoi_miaki/…
昨年は飯山陽さんのツイートを見かける機会が多かったですね。

I2cdnyd1 reasonably small
中乃井みあき/己丑より@nakanoi_miaki

安倍新内閣~外務大臣と防衛大臣シフトの本当の理由 1242.com/lf/articles/20… 「日韓関係のためだけに内閣改造をしたのではない」確かに。細谷雄一さんも指摘していたけど、外交関係で対韓国関係に多くのリソースを割くのは懸命じゃないと。

中央公論9月号 特集「戦争をしないための新・軍事学」
細谷雄一さんは明石康さんとの対談で、日本国憲法の特徴として国際主義があることを指摘します。しかし、いつの間にか一国平和主義の蛸壺に閉じこもり、国際主義が消えてしまったといいます。 pic.twitter.com/5TgZSUNRDx

[地球を読む]日韓関係悪化 感情論より冷徹な視点…細谷雄一 慶応大学教授 : 企画・連載 : 読売新聞オンライン yomiuri.co.jp/serial/earth/2…
#韓国 #地政学

読売の昨日の一面「地球を読む」の細谷雄一
日韓関係悪化について、日本は冷静かつ客観的に考えるべき。米中という覇権国家と安定的な関係があれば繁栄は約束されている。過剰に韓国ナショナリズムに反応するのは得策ではない・・・と前置きして、朝鮮半島の歴史的宿命について以下の通り。 pic.twitter.com/rcJE4fHP6e

I2cdnyd1 reasonably small
中乃井みあき/己丑より@nakanoi_miaki

"韓国との関係に膨大な外交的資源を投入して、過剰に引きずられたり、必要以上に反応したりすることは、賢明な判断とは言えないのである"

細谷雄一さん、記事では「地政学」と何度も使っている。
そしてアメリカと中国との関係に比べれば、韓国との関係は大きくないか。 yomiuri.co.jp/serial/earth/2…

I2cdnyd1 reasonably small
中乃井みあき/己丑より@nakanoi_miaki

[地球を読む]日韓関係悪化 感情論より冷徹な視点…細谷雄一 yomiuri.co.jp/serial/earth/2…
"日本にとって地政学的に最も重要なのは、同盟国である米国と、地域的な覇権国となりつつある中国という二つの大国の動向である。そして、米中両国と比較すれば、韓国の重要度は相対的に大きくない"

今晩20時~の「国際政治チャンネル」は、『戦争の日本中世史』の呉座勇一さんと、『戦後史の解放』シリーズの細谷雄一さんの対談に、『中東大混迷を解く』シリーズの池内恵さんも飛び入り参加するそうです。

テーマは「専門家は俗流にどう対峙すべきか?」。
お見逃しなく!
live.nicovideo.jp/gate/lv3211200… pic.twitter.com/my9TdbBw0J

池内先生の「駆けつけ参戦」が決定しました!【ニコ生(2019/08/09 20:00開始)】呉座勇一×細谷雄一「専門家は俗流にどう対峙すべきか?」 #国際政治ch 54 nico.ms/lv321120025?re…

今日の朝飯新聞 読売新聞 文化面
ひさびさに切り抜こうかなと思う記事
「陰謀論」蔓延 ゆがむ歴史
国際政治学者の細谷雄一氏と歴史学者の呉座勇一氏の対談。どちらも一般書も書く学者ながら、アカデミックな地盤の弱い陰謀論の騙しについて論じています。学会でしっかり活動している学者さんです。

I2cdnyd1 reasonably small
中乃井みあき/己丑より@nakanoi_miaki

@chennmai32 @ryuunosuke_chan 昨年三浦瑠麗さんが読売新聞の書評を担当していた時に、細谷雄一さんや篠田英朗さんの本は取り上げていただけに、池内恵さんとは距離があったな、とは思いました。スリーパーセル発言の頃から齟齬が生じた印象です。

I2cdnyd1 reasonably small
中乃井みあき/己丑より@nakanoi_miaki

@ryuunosuke_chan @KeykunMama ははは、モーリーチャンネルに黒井文太郎さんがゲストに来た時に話してましたね(笑)
細谷雄一さんや”オレ先生”浅羽祐樹さん、小泉悠さんなんかも希望ですが、意外と大学関係者は呼ばれてないですね。

今日の朝飯新聞 読売新聞 文化面
ひさびさに切り抜こうかなと思う記事
「陰謀論」蔓延 ゆがむ歴史
国際政治学者の細谷雄一氏と歴史学者の呉座勇一氏の対談。どちらも一般書も書く学者ながら、アカデミックな地盤の弱い陰謀論の騙しについて論じています。学会でしっかり活動している学者さんです。

今日の朝飯新聞 読売新聞 文化面
ひさびさに切り抜こうかなと思う記事
「陰謀論」蔓延 ゆがむ歴史
国際政治学者の細谷雄一氏と歴史学者の呉座勇一氏の対談。どちらも一般書も書く学者ながら、アカデミックな地盤の弱い陰謀論の騙しについて論じています。学会でしっかり活動している学者さんです。

「EU離脱案の承認は実現不可能」細谷雄一・慶応大教授(産経新聞) wqv5mbs2.xsrv.jp/2019/01/16/%e3…