Twitter 中乃井みあき/己丑より nakanoi_miaki | 中乃井みあき/己丑より(nakanoi_miaki) /「takuramix」の検索結果

I2cdnyd1 reasonably small
中乃井みあき/己丑より@nakanoi_miaki

@takuramix 半藤一利氏、年齢が年齢なので、本気で25年前でもついこの間の出来事だと思い込んでいる可能性…

さすがに無理がありますね(^_^;)

先日、放映されていた「幻解!超常ファイル」を見たのだが、
nhk.or.jp/docudocu/progr…
人工地震とか人を電磁波で操るとか陰謀論界隈で有名なHAARPの見学に参加するというのがあった。年に一度公開されているのね。で、見学後も陰謀論者は「職員の挙動がおかしい」とか「嘘ばかり言われた」と言うばかり

「就職氷河期世代の就労支援策」なぁ…何度考えても、なんで今になって?としか思えない。コップ一杯の水で消せる火の内は放置し、家が燃えてもバケツ一杯の水すら与えず、灰になってしまってから「これで火を消しなさい」と消火器を持ってくるような話だと思う。生活保護費が膨らむ?不可避でしょ。

国防意識ってのは、徴兵制みたいな事をやらないと身につかないものなのだろうか?徴兵制的なものが国防意識の向上に最も効果的だとしても、それによる弊害は無いのだろうか?弊害とのバランスを考えた場合、国防意識を高めるには、徴兵制的なものによってではなく、別の方法を選ぶべきかもしれない。

これこそが、米国政府だけの事ではない「米国の傲慢」な姿の典型例。そして、米国は平和を第一とは考えていない事を示しても居る。今回の日本国首相の努力を「痛い教訓」だの元の記事では「A Novice Player Gets a Painful Lesson」とまで書く…嘲笑と受け取ってよかろうが、米国が嘲笑出来る立場か? twitter.com/WSJJapan/statu…

…「初心者プレイヤーが痛みを伴う教訓を得た」と扱き下ろすのであれば、では、そこから日本はどういう教訓を得るべきか?強大な軍事力を持ち、経済力を持ち、外交経験も豊富だと自負している筈の米国は、では、中東和平においてどのような成果を齎してきたか?どの国にとっても簡単な事ではない事を…

…それ故に同盟国でありイランとも深い交流のある日本が間に入って外交努力を続けているというのに、「初心者プレイヤー」だの「痛い教訓」だのと嘲笑する?その傲慢な態度は、米国への信頼を薄れさせる結果となろう。その積み重ねが米国が信じる最強を基礎から崩壊させる元にもなりかねない。

…現状、幸いにして日本は米国と良好な関係にあるが、これが少しでも崩れた場合、日本は頼りにならない米国を頼り続ける筈もなく、米国と共に滅ぶ道を選ぶワケもない。国内外で、日本を米国の属国扱いして嘲笑する声は少なくないが、長い歴史の中で日本は近隣の大国と渡り合いながら生き残ってきた。

…周囲を海に囲まれた島国であるという利点は無視できないが、しかし、それだけで独立国家を貫いていられたワケではない。太平洋戦争に敗戦し、占領される経験をしたものの、独立国家として立つ事を一瞬でも諦めた事は無い国である。幸いにして米国の良き大国としての側面にも恵まれた現在であるが…

…米国が傲慢にも、日米関係を根本的に蔑ろにするような姿勢を見せれば、そして、それが現実的に対処すべき国難に繋がるという危機感を齎すに至るならば、日本は着実に米国をあてにしない日本の確立に動くだろう。私は現在の良好な日米の信頼関係を前提とした日本を好ましく思っている。その関係は…

…かつては激しく敵対し、ついには2発の原爆投下にまで至ったにも関わらず、同盟国となって良好な関係を続けているという、世界に対して一つの希望を示すシンボルのような関係でもあると思っているからだ。
だが、その関係を傲慢にも蔑ろにする態度に米国が出るならば、日本は坐して死を待ちはしない

「2000万円貯めるより、自公落とす方が楽」ってなツイートがあったんで、これも見事に選択肢めかしてるが意図は誘導であって、選択になっていないという例で。
自公落としても2000万貯まらんし、どうかすると2000万貯まらないその上に、自公よりもっと酷い政権選んで更に何千万か失う危険もあるのよね

…間違いの指摘や批判のリプに対しては黙殺もしくはブロックで対応するというのが、この方にとってのジャーナリズムであるようだ。それを慶応義塾で教えていらっしゃるという事か…。
私の観点では、これはジャーナリズムではなく、扇動術の類。

@YuzukiMuroi そうですね、原爆を投下された広島の人々や長崎の人々は、あちこちで「ピカが感染る」なんて言われ差別されました。
あなたは違うと仰りたいですか?現代でも、福島から来た人に「放射能が感染る」と言い放ちイジメた例が多発しましたよ。あなたのようにデマ拡散を正当化する人々が加担したんですよ。

抜き取り調査で十分なのに、大騒ぎして、恣意的に抜き取ってるなどと陰謀論まで展開して、全数検査せざるを得なくなるよう追い込む事で、膨大なコスト増大を招き、被災地の復興に負担となったか想像も出来ませんか?全数検査も当時は限りなく不可能だったのに極限の努力で実現したけど、本来は不要な事 twitter.com/YuzukiMuroi/st…

I2cdnyd1 reasonably small
中乃井みあき/己丑より@nakanoi_miaki

@tyurukichi_AA @takuramix 所轄官庁も違いますからね。防衛省が厚生労働省の事情を考えて予算を計上しなければならないのか?各省庁の予算のバランスを取るのは財務省の役目です。社会福祉費の項目のバランスが問題ならば、厚生労働省が解決すべき問題です。twitter.com/NtTJOKhFnzJ44c… pic.twitter.com/8ObytiTwy9

…案外、怖い事をしよる人って多くて、それでも怖い事ってのは頻繁に起きないので、「大丈夫よ、あんたは神経質すぎるんだよ」なんて言われたりするんだが、でも、それが10年に一度しか起きないような事であっても、その分、一度でそれまでの人生が台無しになるような事だったりするから怖いんでね。

車で走り出し運転しながらシートベルトを着ける人が居たので、同乗する度に
「それは違法だし、着用途中の片手運転も危ないし、シートベルトが意図せず何かに絡まったら死ぬか殺すかになるよ。」
と言い続けて嫌な顔をされ続けたが、先日、ヒヤッとする経験をしてやっと素行を改めたそうな。

…肯定的に捉える層が大きくならないうちに、しっかりと批判し間違いなどを指摘しておかないと、結局は信じ込んで戻れなくなる人が増えてしまい、何かの拍子に勢いを得てしまったら、芸人やら芸能人が応援するような事態になり、大きな被害に繋がります。やはり批判し釘を刺しておかねばならないのです

…「批判をすれば、かえって目に触れやすくなるから逆効果では?」との意見もあるでしょうが、私はそうは思わないのです。なぜなら、オウム真理教の時、そういう声があったから。放っておいても凄い勢いでネタにされ拡大していきました。もっと早い時期に決定的な批判を加えるべきだったと考えます。

…ただ、そこにある「嘘だ!」「陰謀だ!」「忖度だ!」と言い募って世間に不安と不信感を煽り立てているデマ拡散者たちに対して、批判し、その背景を解説する事には十分な意味があるんですよ。
彼らを説得する事はほぼ不可能ですが、彼らの言う事を信じる人が増えるのを抑制する事は出来るから。

…どれだけ誠意を尽くして事実を提示して説明しても、自分の気に入らない事は嘘だとして受け入れないし、気に入らない相手は悪意に染まった極悪人として見るばかりだし、これね、上智大学の島薗進氏なんかも同じ姿勢なんですよ。
彼らが考えを変える事は無いでしょう。進歩も望めない。

先日、放映されていた「幻解!超常ファイル」を見たのだが、
nhk.or.jp/docudocu/progr…
人工地震とか人を電磁波で操るとか陰謀論界隈で有名なHAARPの見学に参加するというのがあった。年に一度公開されているのね。で、見学後も陰謀論者は「職員の挙動がおかしい」とか「嘘ばかり言われた」と言うばかり

…だから、今までも、例えばHIVに感染した人にハグするとか、90年代から当然の事として躊躇なくやってきたし、直近では福島産の農産物や海産物は喜んで食べるし旅行にも行くし、今回のAEDの件でも何も躊躇すべきポイントが無いのは明白なんで迷わずAED使いますよ。事実と現実を根拠にすりゃ良いのです

…ここで私が言う「日本に戦争で島を取り返すという選択肢はあり得ない」とは、精神論とか憲法九条原理主義とかとは全く別の、現実としての話だ。
日本にロシアと開戦して勝てる兵力はなく、米国の全面的な協力を得られる筈もない。件の丸山議員発言は交渉を不利にするだけ、平和ボケの愚行である。