Twitter 中乃井みあき/己丑より nakanoi_miaki | 中乃井みあき/己丑より(nakanoi_miaki) /「takuramix」の検索結果

…生者としてこの世を貪り食うような、故に死者からも他者からも惜しみなく奪った挙げ句に邪魔者として扱うような、己の「人間としての能力」をそういう方向に使う人々というのは昔から居る。昔より減っているのは確かなのだが、珍しくない程度には今も居る。減ったが故に対処法まで失われかけている。

…こういう不当な要求を、「虐げられた弱者の声」に偽装して担ぎ上げる面倒な連中が群がってきたりするから、ややこしくなる(-_-;)…更にややこしいのが、このややこしい連中を憎む連中が、無関係な「真正の虐げられた弱者」まで似ているからと攻撃しはじめたりする。ここに地獄循環が完成してしまう。

…「亡くなったクラスメイトの事を考えて悲しんでいるこどもにどんな言葉をかければよいのか?」
といった話なら分かるが、「どうしてくれるのか」なんて苦情に応えろと言う話なら、
「クラスメイトが存在しない状態」にする…つまり、クレーム主の子供一人きりのクラスにするぐらいしか無いだろう

これに似た事は私が子供の頃からあった。昔はこの手の異常なクレームは相手にされなかった。理不尽や狂気が普通に転がっていて、それらを相手にすると余計に恐ろしい事になるというのが世間の常識だったからだろう。あれらは目を合わせると祟る妖怪みたいなものだ。 twitter.com/yu9na7/status/…

例えばトランプ米大統領が
「科学の勉強などしなくても、温暖化対策が不要である事は明らかだ」
と言ったら、グレタさんはどう応じるのだろうか?>
グレタさん「学位必要ない」、米財務長官「大学で経済勉強して」に反論 afpbb.com/articles/-/326… lewat @afpbbcom

@afpbbcom …グレタさんのこのやり方では、現実的に社会を動かそうとする人々には響かないだろう。寧ろ、反発を生む可能性が高くなる。彼女がやるべき事は、実際に社会を動かす人々を巻き込んでいく事ではないか?それらの人々を「悪人」として糾弾し引きずり下ろす「闘争」では、従来の「活動家」と変わらない。

以前もちょっと書いたが、伊方原子力発電所の運転を認めないって理由が、九州が壊滅するほどの阿蘇山噴火には耐えられないからって理由なんだったら、九州全域はすべて居住不可能地域として人が住むことを禁止しなきゃ筋が通らんし、その影響をうけるだろう山口や四国全域も同様だろう。

東京弁護士会人権賞の件。
人権を本気で守りたいなら、「科学」「事実」を重視しなくてはならない。だが、「人権」を感情的な物語として扱い、物語に邪魔な科学や理性を忌避する世界が存在していて、それが、人権侵害を繰り返す存在に人権賞を与えてしまうという「地獄絵図」を生み出す。

ワクチン陰謀論の中でも、私が一番呆れたのが「断種ワクチン」だの「不妊ワクチン」だのという陰謀論ね。
あれ、それをやって誰得なの?って辺りで一笑に付されて当然のものの筈が、無視できない程の注目を集め支持を集めてしまった。
「恐怖は大衆から判断力を奪う」という事実に私は恐怖しましたよ。

…肯定的な評価はもう出来ないし、これまで功績として捉えられてきた事についても、悪影響や何らかの罠がそこに隠されていないかについて、その背景を検証しておく必要があると思う。あんな逃亡劇、現代の日本でやってしまえるなんてのは桁外れにヤバイ素性の人でなければあり得ないでしょ。

I2cdnyd1 reasonably small
中乃井みあき/己丑より@nakanoi_miaki

@takuramix 日頃は新自由主義を批判したり『消費税は庶民いじめ!大企業と金持ちからもっと税金を取ればいいんだ!』
と言ってたような”リベラル”界隈から、ゴーン被告擁護や無罪論が出でくるのは理解に苦しみます。

カルロス・ゴーンをなんとか擁護しようとしてる方々、彼の考える公正とか人権が、マトモなものだと信じてるわけでしょ?私には、そこを信じる事のできる前提がどこにあるのか想像もつかない。日本の法に欠陥があるとしても、カルロス・ゴーンの考える公正や人権が、より妥当であるとは全く思えない。

…質に入れるなんて事、出来るワケがない貴重な存在であるからこそ「女房を質にいれても」って表現が生きるワケです。出来る訳の無い事をしてでも手に入れたいとか、そういう時に使う慣用表現なのであって、これは「女房」を差別し粗末に扱うのとは丸っきり逆の事なんですよ。

…「おうおう!なんでぇ!質屋のくせにデカイ顔しやがって!うちの女房にケチつけるたぁいい度胸だ!自慢じゃねぇが、こんな俺に尽くしてくれる立派な女房、どこを探したっていやしねぇぜ!このボンクラめ!」
「馬鹿だねぇこの男は、自分が一体何言ってんだか分かっちゃいないよ…」
って辺りでしょ。

…で、「女房を質に入れても」という慣用表現ですけど、これ、実際にやってみたらどうなるか…
「おう!うちの女房を質草にカネ貸してくれよ!」
「はぁ?テメェの女房が質草になるだぁ?何を寝ぼけてやがる!テメェみてぇなロクデナシの女房になる女が質草になるワケねぇだろが!」
…続

…慣用表現などについて、その文脈や前提を無視して字面だけで「不適切だ!」などと言い出したら、比喩表現の大半が禁じられる事になるでしょう。そして、そのような比喩表現を禁じてみたところで、現実の中の差別も殺人も減りはしない。ただ、表現が貧しくなっていくだけですよ。

「女房を質に入れても」という慣用句は、
まず、
「女房を質に入れるような奴は居ない」
という前提があるから成立する慣用句ですよ。それは「女房を質に入れる」事を有り得ない非道だとする世間のコンセンサスが強固にある事が前提なワケで、「差別を容認する意図」があっては成立しないのですよ。

自分自身の記憶を書き換えてしまう人には何度か遭遇しているが、先方は自分の妄想を事実だと思っている上に、その人物の周辺にまで妄想を信じ込ませていたりする。こうなると無かった事を全てあった事にされてしまう。証拠など何も無くても信じる人間の数で事実を潰しにかかってくる。恐ろしい状況だ…

…対処法がよく分かっていなかった頃、徹底して反論し間違いを指摘し訂正を求めるという事をやったのだが、その結果は悲惨なものだった。やればやるほど、私が言っていない事が言ったことになり、やっていない事がやっていた事になる。見に覚えのない経歴や人間関係が先方の妄想によって流布される…

…3人目の途中から、やっとこのタイプを分別出来るようになり、対処法を変更した。
記憶を書き換えてしまう相手には何を言っても無駄だ。合意も無駄だ。全ては記憶の書き換えによって予想外のものにされてしまう。よって、相手にしないのが唯一の対処法だ。
狂気を相手にすると、自分も狂ってしまう。

「負の性欲」ねぇ…。
また、何か新しい造語が出てきたのかよ…(-_-;)。
こういう造語を次々に繰り出す事で、その定義問題を引き起こし、論点をずらし、フォーカス出来ない状態に陥れるというやり方、毎度やってるな。
私がちょっと前にツイートした
「相手にしない」
が必要なのは、こういう時ですよ

政治家というのはリアルな「インフルエンサー」です。蓮舫議員さまともなれば、その影響力は計り知れない。だからこそ、その自覚が強く求められるのが議員というお仕事です。
蓮舫議員さまのこのツイートがどんな影響を及ぼすか、それを知っていて、期待してツイートなさってますよね?醜悪です。 twitter.com/renho_sha/stat…

イジメる人間のリアルがここにある。
「かつて自分がいじめていたことなんてほとんど忘れています」
「中学校時代のことはもう過去のことなんです」
たとえ相手が自殺しても、彼らは平然と日常を送り、自分の罪は忘れ、子どもに「イジメは駄目よ!」なんて説教すらするのさ。
headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191115-…

政治問題が世間で盛り上がっている期間は、犯罪があっても逮捕を控えるという事になれば、それこそ政治権力の横暴であり忖度という事になるのですが、なんの矛盾もお感じになられませんか? twitter.com/lasar141/statu…

HPVワクチンについて積極勧奨を再開しないままの日本。諸外国では次々と男性へのワクチン接種にまで拡大されていっている。それだけの実績と安全性があるというのに、煽り立てられた不安に対して誠実に真摯に対話する姿勢も見せず、責任逃れの無為無策を通す国の姿勢は汚点として歴史に残るだろう。