Twitter 三年目の猫飯屋 neko_meshi_ya | 三年目の猫飯屋(neko_meshi_ya) / 2019年6月30日のツイート

『猫めし処 カルカン😺』絶賛 夏季営業中!!🎐 夏バテにゃんて吹き飛ばせ!夏こそおいしい猫板長こだわりメニュー「カルカンウエット🍧」を取り揃え、猫の皆さんをお待ちしております。#猫めし処カルカン #カルカンパウチ #夏に負けるニャ #ウエットフード #夏バテ #猫 #ネコ

28xdrmhf reasonably small
三年目の猫飯屋@neko_meshi_ya

@katatimuri つっぺ!

28xdrmhf reasonably small
三年目の猫飯屋@neko_meshi_ya

茶でも買おうかと自販機に向かったら、道の真ん中に蜘蛛の巣がはられてて、ど真ん中に突っ込んだ人間がいます。蜘蛛さん、私を支軸に巣を貼り直すのはやめて

28xdrmhf reasonably small
三年目の猫飯屋@neko_meshi_ya

構ってもらえて満足です。

猫飯屋さんと麦飯屋さんが一緒にTLに居らっしゃるとアイコン見間違える…!!

28xdrmhf reasonably small
三年目の猫飯屋@neko_meshi_ya

@mugi_meshi_ya (/´△`\)

28xdrmhf reasonably small
三年目の猫飯屋@neko_meshi_ya

@mugi_meshi_ya それでも挑んでしまうのさ。人生は美しく厳しい山々のようだね。

28xdrmhf reasonably small
三年目の猫飯屋@neko_meshi_ya

遊んでよーーーー!!!!!!!!ヾ(>ω<ヾノ三ヽ^シ>ω<)ノシ

予想する回答
「いやです」

28xdrmhf reasonably small
三年目の猫飯屋@neko_meshi_ya

Twitterで遊んでくれないから(メールとかはしてくれるけど)たまの浮上で構うも、信じられない程の塩対応されるんだけど。他の人と態度違うくない???????

28xdrmhf reasonably small
三年目の猫飯屋@neko_meshi_ya

😂

28xdrmhf reasonably small
三年目の猫飯屋@neko_meshi_ya

@ichi_p_apple 出たー!!!!!!!!!!

28xdrmhf reasonably small
三年目の猫飯屋@neko_meshi_ya

もっと構ってや!!!!!

ツイ廃タイム終わりです。目がすぐ疲れてしまう。よく続けられますね。

28xdrmhf reasonably small
三年目の猫飯屋@neko_meshi_ya

@yuki7454 「私も」
「私の父も」
「私の姉も」
って増えるので、もはや生えてくるように見えてきました。

28xdrmhf reasonably small
三年目の猫飯屋@neko_meshi_ya

@yuki7454 すごいですよね。他にも7月23日同日生まれの人が滅茶苦茶生えてきます。

28xdrmhf reasonably small
三年目の猫飯屋@neko_meshi_ya

ツイ廃、ツイートを我慢すると鼻血が出る。ツイートの代わりに鼻血がでる。

仁和寺特別公開ラッピングの嵐電がなかなか尊い感じに仕上がっているのだが、車内はちょっとホラー感もある。 pic.twitter.com/FMgCHpCQSj

28xdrmhf reasonably small
三年目の猫飯屋@neko_meshi_ya

原稿といえば、原稿マンション建てる時が1番テンション上がります。

28xdrmhf reasonably small
三年目の猫飯屋@neko_meshi_ya

これだから原稿上戸は!!!!!!!!!!!!

28xdrmhf reasonably small
三年目の猫飯屋@neko_meshi_ya

めっちゃ通知鳴ると思ったら

28xdrmhf reasonably small
三年目の猫飯屋@neko_meshi_ya

美味しかった!

28xdrmhf reasonably small
三年目の猫飯屋@neko_meshi_ya

天丼!

28xdrmhf reasonably small
三年目の猫飯屋@neko_meshi_ya

@xxxrevoxxx ありがとうございます!!スヤァア!!!!!!

28xdrmhf reasonably small
三年目の猫飯屋@neko_meshi_ya

っしゃあ!!納品完了!寝る!

私見だが、悲しみ慣れていない人の語る悲しみはやたら湿っぽく、悲しみ慣れている人の語る悲しみはひどく乾いている。前者は涙を流している時のことを中心に語るが、後者は涙が涸れた後のことを中心に語る。孤独についても同じことが言えて、孤独に不慣れな人の語る孤独には、まだ誰かの体温を感じる。