Twitter 仁木しよう nickysean_4 | 仁木しよう(nickysean_4) /「#140字亜カネ」の検索結果

8s bh1ih reasonably small
仁木しよう@nickysean_4

僕の苦しみは僕だけのもので、それは誰にも理解されないと思っていた。本当は誰も理解できない世界でたったひとりの悲劇に酔っていたかっただけ。併せ鏡の向こうにいるあなたはその身に何を思うのだろう。あなたにはこの傲慢な僕を救えはしない。けれど、僕はあなたを救いたい。 #140字亜カネ

8s bh1ih reasonably small
仁木しよう@nickysean_4

願う、という行為がどれほど無意味であるかを思い知った裏切りの日を覚えている。あの苦痛を、憤怒を、悲壮を、俺は生涯忘れないだろう。だが、それでも俺は願わずにいられない。言葉の真意を、良心の残滓を、そして青年の生を。失われた信仰が、懇願に宿る。「どうか、死ぬな」#140字亜カネ

8s bh1ih reasonably small
仁木しよう@nickysean_4

一体何を期待した?赤い腐海に佇む彼の瞳は昏く鈍く淀む泥。「だって他に方法なんてないじゃないですか」青年の言葉に返すことができないのは同じ咎を背負ったから。最善を探している、楽園を目指している。けれど見付からなくて彷徨うのだ。その味を思い出しても答えはまだ見えない。#140字亜カネ

8s bh1ih reasonably small
仁木しよう@nickysean_4

白い腰から赤いムカデが這い出して、この世のものとは思えぬ異形を成している。見るも無残に変わり果てた形相、その左眼の光さえも消え失せた。「何故だ」問いかけたところで声は返らない。ただ、己の胸の内だけがあの化物じみた青年を、流した涙を、思わずにはいられなかった。#140字亜カネ

8s bh1ih reasonably small
仁木しよう@nickysean_4

紙の擦れて捲れる音、窓から差し込んだ白くおぼろげな光、珈琲の苦くて強いかおり。どれも些細な日常のそれなのに、この部屋に転がりこんだ青年が齎したものだと思うだけで、どうしようもなく苦しく、恐ろしく、愛しい。たった一瞬きでいい、その眼帯の下の両の目を見たいと願った。#140字亜カネ

8s bh1ih reasonably small
仁木しよう@nickysean_4

#140字亜カネ わたしもこれやりたい…やる…