Twitter TOMINAGA, Kyoko nomikaishiyouze | TOMINAGA, Kyoko (@nomikaishiyouze) のツイート

Id1wpuc0 reasonably small
TOMINAGA, Kyoko@nomikaishiyouze

@moegi_hira むしろあれ3巻まで出てたんだ。

Id1wpuc0 reasonably small
TOMINAGA, Kyoko@nomikaishiyouze

似た色彩、形態が集まる空間ですから設計も大変ですよね。家族の墓の場所は家よりよく覚えてますが、遠い親族の墓はお盆になる度に親戚と迷いながら探していて、年に一度のいい思い出でした。結束の固い親族で、厭わしく感じたこともありましたが、霊園での夏はいまも懐かしく親しく思い出されます。 twitter.com/srantokyo/stat…

「オリンピックに関わるものは全て肯定」か「全て拒否」かの二択ではなく、「見るには見るけど、この時期の開催が正しかったかは微妙」という層も相当いると思うが、「事前の反対はあったが、結局は大成功だった」という物語にやがて回収されていくことを予感させるツイート。twitter.com/inosenaoki/sta…

Id1wpuc0 reasonably small
TOMINAGA, Kyoko@nomikaishiyouze

もはや家のあった位置より墓の位置の方がよく覚えてる、人生進めば進むほど死んだやつの方が身近になる、これからもっとそうなるのかも

トイレが7箇所も。いくらなんでもトイレが近すぎる。 twitter.com/nomikaishiyouz…

Id1wpuc0 reasonably small
TOMINAGA, Kyoko@nomikaishiyouze

@atsukotamada 女性同士のシェアハウスものの作品とか見て憧れたりしますが、これだと何人でシェアできそうですかね?14人でも一人一億円か、、、

Id1wpuc0 reasonably small
TOMINAGA, Kyoko@nomikaishiyouze

ニフティ不動産、お前は私をなんだと思っているんだよ。 pic.twitter.com/EEEknp0ug7

Id1wpuc0 reasonably small
TOMINAGA, Kyoko@nomikaishiyouze

これまで西洋音楽をされていた方が雅楽を始めると、むしろ西洋音楽の知識や経験がある種足を引っ張る局面があるという話が面白かった。経験が足をひっぱるという点でいうと、私が警察研究を始めるとかそういう感じだろうか。なんかそれもある種の知識が流用できそうだから違うな。

共通認識の記号だけ散りばめたレベルを大して超えない、複合的にメッセージとして成立してないものはそりゃ大した厚みはないんじゃないかねぇ。漫画文化って吹き出しテンプレに日本語で国名ぶっ込んだら、あるいはゲームって音楽流したらそれで十分なぐらいの文化だったっけ? twitter.com/toriyamazine/s…

娘が観ているポケモンのアニメで「このポケモンは技も全然覚えられないし、トレーナーの指示もたまに忘れちゃうんだよ」的なセリフの次に「可愛い〜!」という返しを持ってくるの、本当今どきの作品は優しいし考えられてるよなーと思った。

Id1wpuc0 reasonably small
TOMINAGA, Kyoko@nomikaishiyouze

@takumi_itabashi いままさに空港でまったりしてます!先生はもう快速エアポートでしょうか。エアすれ違い、、、

Id1wpuc0 reasonably small
TOMINAGA, Kyoko@nomikaishiyouze

@takumi_itabashi あれ?今同じところに、、、?

Id1wpuc0 reasonably small
TOMINAGA, Kyoko@nomikaishiyouze

昔、教育系の媒体のインタビューで「あなたの人生で一番大きな影響を受けた先生は」という質問をされて、難しいなと思いながら答えた記憶があるが、その人たちから影響を正しく受けているかはともかく、領域を超えて学び続ける先生に憧れていると思った。そういうことを考えた再会だった。

Id1wpuc0 reasonably small
TOMINAGA, Kyoko@nomikaishiyouze

@kanagawa_jirou ワンピはマジ太って見えるやつは太って見えますからね。素敵なのに出会えるように祈ってます👗

Id1wpuc0 reasonably small
TOMINAGA, Kyoko@nomikaishiyouze

@isaactruth 懐かしい、、、恐ろしい塩対応でしたね。

Id1wpuc0 reasonably small
TOMINAGA, Kyoko@nomikaishiyouze

@naouide 胸元の空いた服を着た方が悪目立ちしないみたいなアドバイスも聞きますけど、なんかそれはそれで気が引けますよね

Id1wpuc0 reasonably small
TOMINAGA, Kyoko@nomikaishiyouze

@naouide 走った際の揺れとか、ニットを着たときに悪目立ちするのに悩んでいるのを見抜かれたのでは?

Id1wpuc0 reasonably small
TOMINAGA, Kyoko@nomikaishiyouze

@fujitayuh スプーンで上下に割ってから食べてます。桃が難しい🍑

Id1wpuc0 reasonably small
TOMINAGA, Kyoko@nomikaishiyouze

@pekowatanabe この版元さんの本はいくつか持っていて、私の知りたいことも載っていてとても勉強になる一方、どこか閉ざされた「俺ら」感があるなあとも感じていたのですが、この文章から同じような空気は感じました。

Id1wpuc0 reasonably small
TOMINAGA, Kyoko@nomikaishiyouze

今日教えてもらった社会運動語「ブル弁」 pic.twitter.com/AMwTooxuCz

日々のタイムラインに流れてくるハッシュタグに自分はついていけないこともある。反射的にはなるべく反応しないことも気をつける。速すぎることに、少しでも抵抗する感覚。

社会運動において遅いインターネットは可能か|富永京子 | 遅いインターネット slowinternet.jp/article/202107…

Id1wpuc0 reasonably small
TOMINAGA, Kyoko@nomikaishiyouze

自分としてはむしろ他の人より仲のいい友達のつもりだったが、ずっと傷つけていた、損なっていたことが後でわかった人って確かにいる。もう一度会いたいと思うし、公の媒体で彼らとの思い出を語りたい気にもさせられるが、いずれにしても傷つけた側の傲慢だろうとも感じる。

Id1wpuc0 reasonably small
TOMINAGA, Kyoko@nomikaishiyouze

札幌のサンドイッチ店、北国の動物の名前が好きなのだろうか。 pic.twitter.com/BoI8ny57jU

Id1wpuc0 reasonably small
TOMINAGA, Kyoko@nomikaishiyouze

「あの時は俺らも若かったし、先走ってたし、実験的でキャリアを積もうとした背景もあったの。それに付き合ってくれた人も言われてるほど悪い人ではなくて、恣意的な形で改変して今に引っ張り出してくるやつが悪いの」文法は今後私も自己弁護に使いそうで、怖いな

Id1wpuc0 reasonably small
TOMINAGA, Kyoko@nomikaishiyouze

@pekowatanabe なんか結局遠回りしながらかつての俺たちと今の俺たちを自己弁護しているだけという気もしますよね。責任転嫁という点では「時代のせいだったから」とあまり変わらない。

(フロントランナー)稲葉剛さん 「現場で公助が見えない。自助も共助も限界だ」:朝日新聞デジタル asahi.com/articles/DA3S1…

記事の後半。開会式の翌日に、あえてコロナ禍での貧困問題を大きく取り上げてくれた記者、写真家、be編集部に感謝します。

Id1wpuc0 reasonably small
TOMINAGA, Kyoko@nomikaishiyouze

メディアの話すると「どの新聞も偏ってるので淡々と事実だけ書いてほしい」みたいな意見をくれる学生さんが必ずいるのだが、そもそも認識する事実が書き手の思い入れや経験に左右されるから、淡々と事実を書くだけでも私たちは「偏る」。その意味で客観的な書き方なんてないのも分かってるのですが...

Id1wpuc0 reasonably small
TOMINAGA, Kyoko@nomikaishiyouze

元の雑誌記事が恣意的に改変されてネットで拡散されている点を指摘したことは重要と思った。ただこの記事はこの記事で、いじめっ子の「僕いじめてたんじゃなくて一緒にふざけてただけなんです」というよくある言い訳の肩を持ちすぎとも感じる。そもそも大前提として人の手紙晒しちゃいけないでしょ。 twitter.com/tsuda/status/1…

Id1wpuc0 reasonably small
TOMINAGA, Kyoko@nomikaishiyouze

ここ一週間くらい本当になんの原稿も書けていないのですが、過去の自分の書いたものが人と会い続けて下さっていて、その幸せをこれからも続けたいと思うので、何か、さすがに、そろそろ書けるようにならないか、なってくれないかな。本当に。