Twitter のんき nonkinonki | のんき(nonkinonki) /「失業率」の検索結果

5892279 865155240 reasonably small
のんき@nonkinonki

@bianchi2001 失業率が低い国、日本、香港、チェコ。ベラルーシもこのグループに入りますが、賃金が他の3国・地域に比べて低すぎます。

そして、最低賃金も低く、失業率も高い国、中国・ロシア。

全ての国のちょうど中心に位置するのがアメリカと韓国です。

G20の内、EUからG7以外の国を取り除くと(続

5892279 865155240 reasonably small
のんき@nonkinonki

@bianchi2001 「最低賃金」が設定されていないのでグラフには登場していません。

次に、「最低賃金」は高いけれども、失業率が高いオーストリアやルクセンブルク、ニュージーランド。

最低賃金が高く、失業率もそれほど高くはないドイツ、イギリス、オランダ。

最低賃金は高くないけれども、その代わり(続

5892279 865155240 reasonably small
のんき@nonkinonki

@bianchi2001 ノイズが多いので、少し難しいのですが、やはりいくつかのグループに分けることができるかとは思います。

ギリシャやスペインなど、G20の一地域であるEUの中でも極端に失業率が高い国が一つ。

これを除くと次はG7先進7か国で極端に失業率の高いフランスとイタリア。イタリアはそもそも(続

5892279 865155240 reasonably small
のんき@nonkinonki

@bianchi2001 更に、失業率2%を割り込んでいる国がベラルーシしか存在しませんので、ここも取り除くとこんな感じです。 pic.twitter.com/NqhyY6bBT1

5892279 865155240 reasonably small
のんき@nonkinonki

@bianchi2001 全体で見ると右上のエリアに位置する国が1国も存在しないので、失業率が全体のちょうど1/2に位置するクロアチアよりも失業率の高い国をすべて除外してみました。 pic.twitter.com/JY8tPBZdgf

5892279 865155240 reasonably small
のんき@nonkinonki

@bianchi2001 散文図に表すとこんな感じですね。
青が失業率で赤が最低賃金です。 pic.twitter.com/lXhF4vBTYF

5892279 865155240 reasonably small
のんき@nonkinonki

ちなみに、日本の失業率はIMFデータで対象とされている106カ国中下から7番目。

ベラルーシ、タイ、クウェート、マカオ、シンガポール、ベトナムに次ぐ失業率の低さです。

欧米で日本の失業率よりも低い国はベラルーシだけです。

5892279 865155240 reasonably small
のんき@nonkinonki

山本太郎信者の「欧米豪最低賃金論」に振り回されている皆様へ。

ヨーロッパ、アメリカ、オーストラリアの最低賃金と「失業率」を比較できる形でまとめてみました。

オーストラリアは確かに日本円換算で1500円の最低賃金を達成していますが、その代わり失業率は5.29。失業者の賃金は0円です。 twitter.com/nonkinonki/sta…

5892279 865155240 reasonably small
のんき@nonkinonki

失業率は2018年、最低賃金は最新(2019年6月29日現。日本は2018年10月)
為替は本日のものを参考にしています。

5892279 865155240 reasonably small
のんき@nonkinonki

88位 3.76 ¥531 台湾
89位 3.71 ¥338 ハンガリー
91位 3.39 ¥1,148 ドイツ
96位 2.81 ¥521 香港
99位 2.5 ¥338 チェコ
100位 2.44 ¥743 日本
106位 0.77 ¥107 ベラルーシ
※順位は全ての国・地域に於ける失業率ベースのランキング。(続

5892279 865155240 reasonably small
のんき@nonkinonki

ヨーロッパと日本における失業率と最低賃金の比較(失業率ワースト順。米中韓その他を含む)

順位 失業率 最低賃金(時給)国名
4位 19.6 ¥502 ギリシャ
6位 19.4 ¥118 マケドニア
7位 18.4 ¥146 ボスニア・ヘルツェゴビナ
9位 18.14 ¥71 アルメニア
11位 15.26 ¥771 スペイン(続

5892279 865155240 reasonably small
のんき@nonkinonki

@Admiral_nuko @ReiwaTaroHouse 順序は失業率がわかっているすべての国・地域の順位です。

5892279 865155240 reasonably small
のんき@nonkinonki

@Admiral_nuko @ReiwaTaroHouse 順位 失業率 最低賃金(時給ベース)国名
88位 3.76 ¥531 台湾
89位 3.71 ¥338 ハンガリー
91位 3.39 ¥1,148 ドイツ
96位 2.81 ¥521 香港
99位 2.5 ¥338 チェコ
100位 2.44¥743 日本
106位 0.77¥107 ベラルーシ

失業率は2018年、最低賃金は最新(日本は2018年10月)

5892279 865155240 reasonably small
のんき@nonkinonki

@Admiral_nuko @ReiwaTaroHouse 順位 失業率 最低賃金(時給ベース)国名
73位 4.17 ¥319 ルーマニア
74位 4.12 ¥33 モルドバ
75位 4.08 ¥1,182 イギリス
76位 4.00 ¥572 マルタ
82位 3.89 ¥782 アメリカ
84位 3.84 ¥819 韓国
85位 3.84 ¥1,187 オランダ
86位 3.8 ¥106 中国
87位 3.79¥370 ポーランド

5892279 865155240 reasonably small
のんき@nonkinonki

@Admiral_nuko @ReiwaTaroHouse 順位 失業率 最低賃金(時給ベース)国名
60位 5.29 ¥1,571 オーストラリア
61位 5.2 ¥209 ブルガリア
63位 5.03 ¥91 アゼルバイジャン
65位 4.96 ¥1,524 ルクセンブルク
66位 4.95 ¥54 カザフスタン
69位 4.8 ¥119 ロシア
72位 4.25 ¥1,354 ニュージーランド

5892279 865155240 reasonably small
のんき@nonkinonki

@Admiral_nuko @ReiwaTaroHouse 順位 失業率 最低賃金(時給ベース)国名
44位6.8 ¥11 キルギス
47位6.59 ¥375 スロバキア
49位6.3 ¥432 リトアニア
52位5.92 ¥1,232 ベルギー
53位5.83 ¥913 カナダ
54位5.69 ¥1,247 アイルランド
56位5.41 ¥408 エストニア
58位5.33 ¥651 スロベニア

5892279 865155240 reasonably small
のんき@nonkinonki

@Admiral_nuko @ReiwaTaroHouse 順位 失業率 最低賃金(時給ベース)国名
14位13.74 ¥209 セルビア
16位12.2 ¥125 アルバニア
24位10.0 ¥353 クロアチア
31位9.11 ¥1,254 フランス
32位9.03 ¥98 ウクライナ
37位8.01 ¥1,120 サンマリノ
40位7.42 ¥316 ラトビア
41位7.13 ¥514 ポルトガル

5892279 865155240 reasonably small
のんき@nonkinonki

@Admiral_nuko @ReiwaTaroHouse (´-ω-`)っヨーロッパ、米国、日本、韓国、中国他失業率&最低賃金(時給)

失業率
順位 失業率 最低賃金(時給ベース)国名
4位 19.6 ¥502 ギリシャ
6位 19.4 ¥118 マケドニア
7位 18.4 ¥146 ボスニア・ヘルツェゴビナ
9位 18.14 ¥71 アルメニア
11位15.26 ¥771 スペイン

5892279 865155240 reasonably small
のんき@nonkinonki

@1044jun 各自治体毎の情報を仕入れるのはそう簡単な事ではありませんからね。

ですが、トータルとして

1.非労働力人口が減少
2.完全失業者数が減少
3.失業率が減少
4.100万円以下の所得層の給与所得者数のみ横ばい
5.200-300万円、300-400万円の給与所得者数は減少

5892279 865155240 reasonably small
のんき@nonkinonki

@1044jun その中で日本より高い賃金の国は何カ国あるのかね。

で、その国の失業率は?

5892279 865155240 reasonably small
のんき@nonkinonki

@panya_ne_jp 現在の年金制度では、公的年金に加入している人の数が減少すると年金受給額が上昇するためのハードルが高くなり、増加するとハードルが引き下げられる仕組みが取られています。

安倍内閣では、失業率を改善し、就労者数を改善させる事で、未納者の数を減らし、国民年金のみに加入している人(続

5892279 865155240 reasonably small
のんき@nonkinonki

@Gsan_freeze リーマンショックや東日本大震災が起きた時と同程度の歳出が未だ継続して行われていますよ。

これを「緊縮財政」とは呼ばないと思います。また緊縮かどうかに関わらず、

1.非労働力人口が減少
2.完全失業者数が減少
3.失業率が減少
4.100万円以下の所得層の給与所得者数のみ横ばい(続

5892279 865155240 reasonably small
のんき@nonkinonki

@Gsan_freeze 安倍内閣の成果は、

1.非労働力人口が減少
2.完全失業者数が減少
3.失業率が減少
4.100万円以下の所得層の給与所得者数のみ横ばい
5.200-300万円、300-400万円の給与所得者数は減少
6.400万円以上の給与所得者数は100万円刻みの全ての所得層で安倍内閣スタート来、毎年増加(続

5892279 865155240 reasonably small
のんき@nonkinonki

@sivawits 私は私自身の交友関係で判断するなんて恥ずかしい真似はしませんよ。

安倍内閣に入ってからの日本全国のデータから話をしています。

1.非労働力人口が減少
2.完全失業者数が減少
3.失業率が減少
4.100万円以下の所得層の給与所得者数のみ横ばい
5.200-300万円、300-400万円の給与所得者数は減少(続

5892279 865155240 reasonably small
のんき@nonkinonki

@CDP2017 最大の年金対策は、日本国民の就労率を上げ、「第2号被保険者」になれる状況を作り出すことですよ。

現在は生産年齢の労働者人口がバブル期を超え、かつ完全失業率も継続して改善していますから、厚生年金の保険料も増えています。

批判するばかりで何一つまともな対案を出さない貴方とは違って(続