Twitter 蝉川夏哉の自宅静養 osaka_seventeen | 蝉川夏哉の自宅静養 (@osaka_seventeen) のツイート

0xwv4i7y reasonably small
蝉川夏哉の自宅静養@osaka_seventeen

あようなら誰も惜しみはせぬけれど それでも生きたは これが誇りだ

0xwv4i7y reasonably small
蝉川夏哉の自宅静養@osaka_seventeen

それでもね あいすることはできるはず 隣の誰かと肩組むことも

0xwv4i7y reasonably small
蝉川夏哉の自宅静養@osaka_seventeen

おもしろき世を楽しんで生き尽くし、先に失礼、それにてさらば

0xwv4i7y reasonably small
蝉川夏哉の自宅静養@osaka_seventeen

澄み渡る心水面の静けさの 終わるそのはこうなるものか

0xwv4i7y reasonably small
蝉川夏哉の自宅静養@osaka_seventeen

梅雨空に一夜だけとも星見ゆる つゆの命もつゆと消えゆく

0xwv4i7y reasonably small
蝉川夏哉の自宅静養@osaka_seventeen

どうか皆 うまいもの食て暮らされよ 満ちた腹には 幸せ詰まる

0xwv4i7y reasonably small
蝉川夏哉の自宅静養@osaka_seventeen

この道は人の出会いに作られしものと気づくが遅きに失せり

0xwv4i7y reasonably small
蝉川夏哉の自宅静養@osaka_seventeen

それでは、また。時の果てるときに。

0xwv4i7y reasonably small
蝉川夏哉の自宅静養@osaka_seventeen

私は一足先にお暇するけれど、みんなは、元気に暮らしてね。一〇〇年くらいは地球を楽しむといい。

0xwv4i7y reasonably small
蝉川夏哉の自宅静養@osaka_seventeen

死は、身近にある。陥穽に気をつけよ。愛を語れ。真実と、愛と美こそがあなたの人生を豊かにする。

0xwv4i7y reasonably small
蝉川夏哉の自宅静養@osaka_seventeen

人よ、愛を語れ。利害の一致しない人間の方を抱きしめ、その生まれを、その生い立ちを、祝福せよ。

0xwv4i7y reasonably small
蝉川夏哉の自宅静養@osaka_seventeen

これはあくまで陰謀論だが、イランが荒れれば中国は助かる。中国が西太平洋で暴れれば、イランは助かる。

0xwv4i7y reasonably small
蝉川夏哉の自宅静養@osaka_seventeen

香港でのデモは開港以来の規模に上り、台湾もなんらかのステートメントを強く打ち出すだろう。そうなったとき、金門県への給水はどうなるのか香港の「一国偽二世度」に向けられたように見えるナイフは台湾島を狙っている。

0xwv4i7y reasonably small
蝉川夏哉の自宅静養@osaka_seventeen

米軍空自台湾空軍で台湾海峡の制海権を守れるのか。航空機による作戦空域における拮抗から航空優勢を、勝ち得たとして200フィート以下の作戦空域での優勢を維持しうるか。

0xwv4i7y reasonably small
蝉川夏哉の自宅静養@osaka_seventeen

揚陸艇は除痛奪還には不可欠だけど、よりフレキシブルな運用坂のになるし、その技術術実証という意味もある

0xwv4i7y reasonably small
蝉川夏哉の自宅静養@osaka_seventeen

百里への基地転換も対中国シフトの哀れだし、空母化も幸田程度が概観した後にドクトリンが変わって台湾有事に備える穆公に変わったんだよ思う

0xwv4i7y reasonably small
蝉川夏哉の自宅静養@osaka_seventeen

ぽそ

0xwv4i7y reasonably small
蝉川夏哉の自宅静養@osaka_seventeen

突然ネットフリクッスの偉レイ日が君の脚本を天音かしたいってジュラルミンのケースに2億詰めてきてほしい、それを断りたい

0xwv4i7y reasonably small
蝉川夏哉の自宅静養@osaka_seventeen

日本の海底調査船「ちきゅう」が「クソ使い所によくわからん生き物がいっぱいいた」ということをみつけたみたいなのでら人類は一人じゃなかった!

0xwv4i7y reasonably small
蝉川夏哉の自宅静養@osaka_seventeen

派出所の三人のうち二人をおびき出して、という手口はよく考えられているが、これび内部犯という少佐ではない。情報はどこにでも転がっている。