Twitter 山口貴士 aka無駄に感じが悪いヤマベン otakulawyer | 山口貴士 aka無駄に感じが悪いヤマベン (@otakulawyer) のツイート

「悪い」と思うものを叩くより、「良い」と思うものを応援した方が、女性の領域は豊かになると思っている。北風よりも太陽、強要よりも自由が、女性が多様な形でより良く生きることを助けると思う。

インターネット炎上時代、女性向け商品を作る企業であるということが、放火魔に目をつけられやすい炎上誘発要素になってしまい、『ダルちゃん』とかで女性のお気持ちに寄り添ってみても気付けばまたタゲられている資生堂を応援したいので、資生堂商… twitter.com/i/web/status/1…

気に入らない表現、自分のお気持ちを害する発話に対して、「女性差別」「社会正義」の権威をまといながら糾弾することがフェミニズムであるならば、いずれは女性の領域は、草も生えない砂漠になる。誰かがご不快な表現は、別の誰かにとってはご愉快な表現です。

不買運動の自由のみを主張する方たちは、「消費者行動」として主語を不明瞭かつ複数にする場合、発話内容への責任は引き受けず、「デマや曲解」「名誉毀損」「差別の拡大解釈」などが起こること。「発話責任の引き受け」が発生しない自由、複数化・匿名化することで加速する攻撃性を、どう捉えるのか?

このツイートに「不買運動の自由」のみを主張するリプがめちゃくちゃ来るけど、「不買運動の自由」はあるけど、その過程でデマや曲解、名誉毀損が発生しても、現状、不買運動側に責任が発生しないことが多く、また、ジェンダー系の炎上の場合は「差… twitter.com/i/web/status/1…

@erishibata @dokuninjin_blue CMで半裸の男性を映すな!といい出したかと思いきや、デモの批判した出演者が出てるだけで取り下げろって凄いですねw

女性団体のデモを批判すると燃やされるというの、女性団体のヤバさが伝わってくる。デモもそれに対する批判も自由でしょ!批判に反論するのではなく不買運動って言論の放棄では?
/資生堂 アネッサ筋肉CM取り下げか 性暴力抗議デモ「オナニー… twitter.com/i/web/status/1…

本が出ます。表現規制、炎上、エロ、グロ、フェミ、ポリコレなど、現代日本の欲望とそれにまつわる諸問題について語りつくしました。千葉雅也、二村ヒトシ、柴田英里『欲望会議 「超」ポリコレ宣言』宜しくお願い申し上げます。
/欲望会議 「超… twitter.com/i/web/status/1…

ロリショタエログロバイオレンス表現がポリティカル・コレクトネスという名の警官に睨まれているのは、グローバル階級統合悪書追放運動的に言えば、「アンダークラスは不道徳でけしからん、慎んで我々の階級の規範を受け入れろ」ということでしょ。

グローバル階級統合悪書追放運動としてのポリティカル・コレクトネス。

ポリコレは、「◯◯差別だからNG」の◯◯そのものを消失させる方向になりかねないし、「階級や差別のない平等な価値観」とやらの項目が西洋白人中産階級の規範で埋められているかもしれない。規範・道徳のグローバル統合。

「ポリコレ」って、グローバル階級統合の言葉狩りだと思うので、結局白人中産階級以下とされるクラスタにとっては不利な場合が多く、多様な文化が白人中産階級的価値観に統合されることになっていくと思う。

【全公開】「MANGAの自由」でりーるーさんに書いて頂いたマンガ「令和元年のディストピア」が全公開されています。物語にあるような、表現の自由が奪われた世界には絶対にしたくありません。そのためにも、皆さんと一緒に頑張っていきます! twitter.com/ri_ru_/status/…

俺なりの回答としては、メディアの悪影響論から議題自体を引きずり降ろすことだと思います。メディアの機能についてはもう結論が出ているので(「メディアで言ったからといってその表現通りになることはないが、影響自体は強力になり得る」)、メディア悪影響論の土俵で争うのは不毛で危険です。

というわけで、メディア論を真剣に考え、そしてなおかつ表現の自由も考える人達は、そういう発想への反論を、丁寧に考えておかないといけないと思うのです。いつまでも、「強力効果論は間違っているプギャー」ではダメなのです。その話は30年くらい前に終わっているのです。

で、題材はレイプでも差別でも何でもいいが、そういうものの「悪」が自明である人達にとっては、「エロマンガ」こそが議題設定機能を悪用し、明快な社会悪である性暴力を、議題設定機能の悪用によって五分五分の議論に持って行っちゃってる事例に見えているはずなのだ。

つまり、「エロマンガの登場人物が『レイプ最高!』と唱えてたら読者はレイプがしたくなる(強力効果論)」は誤りだが、「エロマンガのレイプ描写を見たらレイプの良し悪しとかを考えたり喋ったりしちゃう(議題設定機能)」は肯定されるわけだ。

もう少しメディア論的に説明すると、この問題を「否定する言説自体を拡めること」であったと捉えるのは、「肯定か否定か」という「議題設定機能」の発揮こそがこの炎上の到達点だからである。そもそも否定される謂れがないわけなのだが、「良いか悪いか」という言い方をすると、一見両論併記に見える。

強いて目的を理解するなら、権威主義的な人達に「場違い」だの「不釣り合い」だのと言わせることこそが最大の目的である。だからあれは社会運動としてまずまずの成功をしてしまったのである。そういう構成主義的な理解が必要であって、正しい理を唱えていれば理解される的な発想では絶対に再発する。

この件は読解力や想像力の問題ではない。誤解やすれ違いによる炎上と理解を進めるのは誤りで、「社会的調停のゴールも設定されてない悪意による嫌がらせ」なのである。そして、権威主義的な研究者が口を揃えて「なんとなく良くないと思う」と言った… twitter.com/i/web/status/1…